洗面所

TOTOのVシリーズの口コミや評判!種類や特徴と価格や寸法も

Pocket

水回り商品で人気の高いTOTOの中でも比較的新しく発売されたVシリーズは、日々の使い勝手の良さにこだわった製品として人気です。

なので、TOTOVシリーズの600や750などの種類や特徴、三面鏡、価格や寸法について知りたいのではないでしょうか。

それから、TOTOVシリーズの口コミや評判も気になりますよね。

そこで今回は、TOTOのVシリーズの口コミや評判、また、種類や特徴と価格や寸法などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

TOTOVシリーズの種類や特徴は?価格や寸法も

TOTOVシリーズは、広々として使いやすい洗面ボウルや、スペースが増えた収納など、日々快適に使用できる工夫が施された洗面化粧台です。

1、 すべり台ボウル

Vシリーズの洗面ボウルは底面に傾斜がついていて、水や泡、髪の毛などがコーナーの排水口へとすいすいすべるように押し流すことができるようになっているので、使う度にキレイになり、お手入れもらくちんだそうです。

2、 奥ひろし

TOTOのオリジナル技術で実現した収納「奥ひろし」は、これまでデッドスペースになっていた洗面台下の配水管の配置や構造などを工夫し、広い収納スペースを確保することができます。

3、 オプションで選べる水栓

水栓はオプションで選べるものとして「エコシングルシャンプー水栓」といって、ハンドルの右から中央部までは水が、さらに左に回してお湯の位置にくると「カチ」という感触でお湯と水の境目が分かりやすい仕様のものがあります。

なので、エネルギーを無駄に使うことがなく、とってもエコですね。

4、 くもり止め付きミラー

鏡については、通常は一面鏡で両サイドに収納があるタイプですが、オプションで三面鏡を選ぶこともでき、鏡にくもり止めのコートを施したタイプ(ヒーターレスくもり止めミラー)についてもオプションになります。

また、扉カラーはホワイト、ペールピンク、グロスホワイト、ダークウッドの4色があるので、インテリアに合わせて選びたいですね。

サイズや価格は?

Vシリーズは、間口が600mmと750mmから選ぶことができ、奥行きは520mm、高さは1800mm~1900mm とのことなので、シンプルコンパクトで使いやすいサイズですよね。

また、価格は扉カラーによっても異なりますが、一番安いパターンでメーカー希望小売価格が106,000円~だそうです。

スポンサーリンク

TOTOVシリーズの口コミまとめ!

それでは、実際にVシリーズを使った方の口コミをチェックしていきましょう。

・ 口コミ1

本当に簡単な物がいいと思っていたのでVシリーズを選びました。

もう1つのBと迷いましたがシャワー水栓が付いている方が洗髪出来ると思ったためです。

実際大変便利ですよ。

ボールも大きいので水が飛び散ることもなく自分は快適に使えています。

このお値段でこの性能ならコスパがいいのではないでしょうか。

それにエコ仕様にもなっているみたいなので一人暮らしの身としてはありがたいですね。

三面鏡にしたので広く見えてあわせ鏡としても使えています。

・ 口コミ2

色んな商品が出ていると思いますが、水回りはTOTOで揃えているのでこのVシリーズにしました。

ボールが割れにくい人工大理石でできているとオススメされました。

少々安っぽさは出ましたが、割れないことを優先です。

それに形もちゃんと考えられていて排水口に流れるのが前よりも早い気がします。

シャワーも使いやすく気に入っています。

・ 口コミ3

狭い場所なのでなるべく収納を増やすために上部にキャビネットをつけました。

すでに住んでいる住人には結構好評で前よりも洗面所が片付いたと喜んでもらえました。

それに三面鏡にしたのも大きかったようで、鏡が大きいので空間が広く感じるようになったとも。

カラーにダークウッドを選んだので落ち着きも出て過ごしやすくなりました。

・ 口コミ4

鏡は大きい方がいいというオススメで三面鏡にして広く見えるようになりました。

見やすくなって全然違いますね。

それに水栓が自動で出てくるのがびっくりです。

こんな機能までつけてくれて嬉しいやら申し訳ないやらで…。

それに私がピンク色が好きなことを覚えてくれていて可愛らしい色にもしてくれたのにはなんだか歓喜しました。

・ 口コミ5

前のだと水しか出なかったのですが、お湯が出るようになってからはちゃんと洗えるので衛生的にもなりました。

もちろん数人並んでもいいように3面鏡にしました。

この仕事場で寝泊まりする者も多いので朝が混みあわず気持よく使えると好評ですよ。

出典:リノコHP

いかがでしたでしょうか?

Vシリーズは、すべり台ボウルや奥ひろし、豊富な収納といったようにTOTOならではの基本的な便利機能は搭載していて、オプションで三面鏡にしたり扉カラーも選べるのでしたね。

そして、サイズも間口が600、750とコンパクトでシンプルな洗面化粧台なので、シンプルに便利な洗面化粧台にしたいという方にはオススメですね。

なので、Vシリーズを使っている方の口コミでも、色々な機能はいらないけど今より便利にしたかったという方が多く、三面鏡をオプションで選んだりするなど、それぞれ楽しんでいるようなので、予算次第で工夫してみてくださいね。

また、こうした洗面化粧台のリフォームをする場合は、業者に頼んで事故のないように行った方が良いので、次の項で紹介する裏技を賢く利用してみましょう。

スポンサーリンク


洗面所のリフォームをお得に行うために知っておくべき裏技!


リフォームについて調べている時はリフォーム後を想像して楽しいのですが、いざリフォームを頼むとなると、工務店は近所にある地元の店から大型店までいっぱいあって、

・どこに頼めば最もお得なのか

・安全に工事してもらえるか

など、調べるだけで疲れてしまいますよね。

そんな方にオススメの裏技が、複数のリフォームメーカーの見積りを一括で、かつ、無料で出してくれて、要望に応じて最も適切な会社を選んでくれる「リショップナビ」を利用することです。



リショップナビはTOTOはもちろん、LIXILやPanasonicなど、全国で対応できる各種メーカーの取り扱いがあり、どの企業も厳格な業者加盟審査を突破した企業ばかりなので、安全にリフォームしてもらうことができ安心です。

それに、1社のみからの提案で決めずに、複数社からの見積りを比べることで、十分に比較検討をすることができ、費用の相場を知った上でリフォーム会社を決めることができるのも大きな魅力です。

しかも、一括見積りの申込みはたったの3分で済むそうなので、まだリフォームすることを決めていない方でも、気軽に使って相場を事前に知っておくことをオススメします。

また、リフォームについての相談も無料でできるので、相談を兼ねて利用することもオススメですよ。

なので、洗面所のリフォームを検討している方は、まずはリショップナビで無料一括見積りを取って、少しでもお得にリフォームしてくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料一括見積もりを利用してみるならコチラをクリック!


スポンサーリンク