外壁

外壁のひび割れの原因と補修費用や方法!放置やDIYの危険性も

Pocket

大切な家の外壁にひび割れができていたら、このまま崩れないか…と心配になる方も多いのではないでしょうか。

なので、外壁のひび割れの原因や雨漏り、放置する危険性、改修の基準や補修方法、補修剤、補修にかかる費用、また、補修でDIYを行う注意点などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、外壁のひび割れの改修リフォームで費用や事例、また、工事期間などについても気になりますよね。

そこで今回は、外壁のひび割れの原因と補修費用や方法、また、放置やDIYの危険性などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

外壁のひび割れの原因!補修費用や方法も

出典:あんしんりふぉーむHP

外壁のひび割れにはいくつか種類があって、塗膜に発生するヘアクラック、外壁材に発生したクラックが塗膜のクラックとして現れる乾燥クラック、構造クラック、また、縁切れによるクラックなど全部で4種類があり、それぞれ次のような原因で起こります。

1、ヘアクラック

髪の毛のように細く短いひび割れの総称で、経年による塗膜劣化、塗装間隔時間の不適切な塗装作業、弾性素地や塗膜の上に硬質塗膜を塗装したことなどが原因となって現れるもの

2、乾燥クラック

完全乾燥収縮前にその表面に塗装して造膜すると、素地の収縮に連れて追随できなくなった塗膜に現れるひび割れ

3、構造クラック

建物の構造的な欠陥、凍結と融解の繰り返し、建物の不同沈下などから発生するひび割れで、建物が大きく揺れたり、歪んでしまうなど、その歪みが外壁材に影響して現れるひび割れ

4、縁切れによるクラック

モルタルなど湿式工法の外壁材では一度に一面を仕上げるのですが、途中で作業を中止したり、他の事情で部分的にやり直したりすると、新旧の塗りつぎ面に現れるひび割れ

こうしたひび割れは、次のようなリスクにつながることがあります。

・雨漏りにつながる

ひび割れが起きるとそのひび割れから雨水が侵入してしまうので、時間が経つと室内の雨漏りにつながります。

・躯体の劣化、建物自体の耐性が落ちる

ひび割れを放置すると、劣化が進行し、サイディング、モルタルの下地(木部)が腐食し、最悪の場合、外壁材を取り替える必要が出てきます。

さらに、ひび割れから侵入した雨水は外壁内部の構造体にも浸透し、シロアリなどが発生してしまい、結果として建物自体の地震や災害に対する耐性も劣化してしまいます。

・湿気によるカビの発生で人体に悪い影響が現れる

ひび割れから雨水が侵入するとカビが発生しやすい環境になり、人体に悪い影響も及ぼす可能性があります。

・見た目の美観を損なう

ひび割れのある見た目はもちろん悪く、みすぼらしいイメージになるので、せっかく大事なマイホームの美観が損なわれる原因になります。

外壁のひび割れの改修基準

出典:グン企画設計一級建築士事務所HP

ひび割れを発見したら、まずは目盛りを使ってひびの幅を測ると良く、幅が0.3mm未満であれば早急な対処は必要ないですが、それ以上の幅の場合は一度点検した方が良く、改修の対象になります。

ちなみに、DIYでやるとしたら、微細なコンクリート粉を塗布し、適量の水分を加えてコンクリート粉を定着させるという方法です。

その手法にはチョーク式被覆補修と、スプレー式被覆補修の2種類があるのですが、いずれにしても作業時間も体力も要る作業ですし、結果的にコンクリート粉が周りに飛び出てしまって無駄になるということもあります。

なので、できればDIYは避けた方がよく、ひび割れを見つけたらまず業者に連絡し、現場調査の上、見積もり、施工といったステップでできるだけ早く対処をするようにしましょう。

ちなみに、業者の方では、はじめに紹介したひび割れの種類に応じて、乾燥クラックならシーリング材の刷り込みのあと、微弾性フィラーを下塗りするなど対処をしたり、構造クラックならカッターで目地を作ってからシーリング材を充鎮するなど、適切な補修剤を使って補修してくれます。

スポンサーリンク

外壁のひび割れの改修リフォーム費用や事例!工事期間も

外壁のひび割れの改修費用は、単価の相場が1,700~2,500円/㎡で、費用相場としては足場なしの場合が1万~5万円、足場ありの場合が1万~50万円とされています。

ただ、目地のシーリング(コーキング)や、外壁の汚れ落としなどが加わると、さらに費用が変わるので、その場合によってはもう少しかかりますね。

出典:ホームプロHP

こちらはひび割れを補修したあと、外壁塗装をした事例なので、工期は2週間かかって、費用も82万円ですが、綺麗に仕上がっていますね。

スポンサーリンク

外壁のひび割れの改修リフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、外壁のひび割れの種類やそれぞれの原因、改修するときのタイミングや費用などについてお伝えしましたね。

ただし、外壁のひび割れの改修リフォームをするなら、まずは

施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、外壁のひび割れの改修リフォームをするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!