全面リフォーム

全面リフォームの費用相場や期間と実例!500万や1000万の場合も

Pocket

家が古くなってきたら、元の家を活かした状態で全面リフォームすることで、家が丈夫になり、気分も一新することができます。

なので、全面リフォームとは何か、施工期間や仮住まい、間取り変更と増築、耐震、また、一戸建ての場合の費用や建て替えとの違いなどについても知りたいのではないでしょうか。

それから、全面リフォームの費用相場で500万や1000万で何ができるのかそれぞれの実例も気になりますよね。

そこで今回は、全面リフォームの費用相場や期間と実例、また、500万や1000万の場合などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

全面リフォームとは?施工期間や仮住まいなどについても!

「家が古くなってきたから、まるっと新しくしたいなぁ」と考えている人の間で、新築する建て替えではなく、全面リフォームという選択が増えてきています。

出典:Suikoubou HP

全面リフォームはスケルトンに戻してから行うリフォームのことですが、スケルトンとはいわゆる骨組みのことです。

そして、柱や基礎といった家の基盤になる部分の状態に戻し、単に住宅設備機器を入れ替えたり、壊れたところを修理するだけでなく、家を一度スケルトンの状態にしてから新しい内装や住宅といったものを取り入れることを指します。

このリフォームは、家族構成やライフスタイルの変化によって今の間取りが使いにくくなったり、家の老朽化が進んで、大規模な修理が必要になったりしたことがきっかけで選ばれるケースが多いですね。

また、スケルトンになるまで解体して全てを作り直すので新築同様になるという特徴があります。

しかし、間取りの変更や耐震対策などが発生すると通常のリフォームと比べて費用も掛かり、工事期間も長期になってくるので注意が必要です。

ちなみに、全面リフォームにするか、建て替えにするかで迷っている方は、次の記事で詳しくお伝えしているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

(関連記事:新築とリフォームのメリットとデメリット徹底比較!どっちが得?

そんな全面リフォームの一般的な費用相場は、坪50万~55万となり、全体で500万~700万くらいかかるのが一般的ですが、これはあくまで相場の目安です。

例えば、タイルのお風呂をシステムバスに交換する工事であっても70~150万とかなり開きがあるように、住宅設備機器や内装材によっても予算が上下します。

しかも、元々の家の老朽化や劣化加減(給排水管やシロアリなど)によって意外と費用がかかってしまいます。

また、戸建て住宅を全面的にフルリフォームする場合は、工事期間が1~2ヶ月程度になり、解体箇所が多いと仮住まいが必要になる場合もあるので、そのための費用が発生することもありますね。

スポンサーリンク

全面リフォームの費用相場で500万や1000万の場合など

全面リフォームの費用相場は500万~700万がほとんどとのことでしたが、500万や1000万といった予算の場合、それぞれどんな実例があるのかチェックしていきましょう。

予算が500万円の場合

出典:ホームプロHP

こちらは2ヶ月かけて564万円の費用でフルリフォームをした事例で、間取り変更も行い、キッチン、トイレ、洗面、リビング、ダイニングといった様々な箇所をリフォームしています。

ちなみに、古くなってきた水回りを新しくすることができ、和室2室を洋室にして、家族が集まる広々としたLDKになったので、有効活用できてなかったところを変更することで快適な空間にできていますね。

予算が1000万円の場合

出典:ホームプロHP

こちらはバリアフリー化のため浴室とキッチンを新しくし、和室を洋室にして段差解消を行い、キッチンと一体にし、ダイニングとして使うことができるようにした実例です。

また、外壁と屋根などの回収も行い、築40年の家が新築になったようだととても喜んでもらえています。

この場合、費用は1000万で工期は2ヶ月だったですが、リフォーム箇所はキッチン、浴室、洗面、ダイニング、玄関、外壁、屋根、バルコニー、ベランダで、これだけリフォームすると500万円の倍の金額になりますが、バリアフリー化など、将来的なことも考えて行っておくと後から安心ですよね。

スポンサーリンク

家の全面リフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、家の全面リフォームについて、費用の相場や施工期間、仮住まいの必要性や間取りの変更もできること、500万や1000万の相場でそれぞれの実例とできることをチェックしてみました。

ただし、こうした全面リフォームの場合、大切な家のリフォームを安全かつ予算内で済ませるためにも、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、家の全面リフォームをするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!