全面リフォーム

築40年住宅のリフォームで費用500万でできる場所や注意点と事例

Pocket

築40年ほど経ってくるとどうしても老朽化が気になってきますが、最近では建て替えよりもリフォームの方が人気です。

なので、築40年住宅のリフォームで費用500万でできる場所の選び方や何ができるかといったこと、耐震と基礎、平屋やRC住宅の場合、また、建て替えとの比較でリフォームか建て替えかの比較といったことなどについても知りたいのではないでしょうか。

それから、築40年住宅のリフォームを500万でできる施工事例や注意点、また、DIYの注意点などについても気になりますよね。

そこで今回は、築40年の住宅のリフォームで費用500万でできる場所や注意点と事例などについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

築40年の住宅のリフォームで費用500万でできる場所や注意点!

一般的にはリフォームよりも建て替えの方が総費用は高額になりますが、築40年くらい経つとリフォームと建て替えのどちらも高額かつ大規模な工事になりやすく、費用面ではそれほど大きな違いはなくなります。

というのも、築40年になると家のあちこちで痛みや汚れが目立つようになり、そのため部分的な補修や交換では追いつかず、家全体をリフォーム、または建て替えなくてはならなくなります。

次に、水回り設備の老朽化や古いために使いにくくなってしまったというのがリフォームする方の動機として多いですね。

また、築40年となると家族のライフスタイルも変わり、お子さんが一人立ちして物置と化した子供部屋がデッドスペースとなっていたり、足腰が弱くなって手すりがついていないお風呂で事故のリスクが高まることもあります。

こうしたことから、このような使いづらさを解消するため、間取り全体を見直す工事が必要になるのですね。

出典 キムラ建設HP

ちなみに、築40年の住宅のリフォーム費用は、相場としては1000~1800万くらいになり、家のあちこちに劣化が生じていることが予想されるので、築30年の住宅に比べるとどうしても費用は高額になってしまいます。

それでも、建て替えかリフォームかどちらかを選ぶときには、リフォームにすると元の家を残すことができ、思い入れのある歴史を生かして新しい住まいにすることができるというメリットがあります。

また、建物の用途変更や増築を行わなければ建築確認申請の必要がないため、大規模なリフォームを行っても固定資産税が増額されるということもありません。

一方で、建て替えは元の建物をすべて解体しなければならなく、建築確認申請や登記手続きのために多くの費用や税金が発生し、固定資産税も高くなるというデメリットがありますが、前の住宅に思い入れがなく、綺麗さっぱり新しい住宅にしたいという方にはオススメです。

ちなみに、リフォームのデメリットで注意しなければならないのは、家の耐震基準で、現行の耐震基準は1981年6月に改正されたものなので、つまり、これより以前に建てられた家は古い耐震基準で建てられていることになります。

そんな中、過去に一度でも耐震改修工事が行われていれば問題はないのですが、もしも改修が行われていない場合は約100~300万円の耐震改修工事が発生することになります。

ただ、耐震改修が含まれるリフォームを行い、使用する部材や工法などが条件を満たしていれば自治体の補助金を利用できることもあります。

そのほか、断熱性の向上や太陽光発電の設置など、省エネリフォームに対しても国の補助金や固定資産税の減額制度を利用することが可能なので、家の強度や性能に関わる部分はよく調べておいた方が良いでしょう。

このように、築40年ともなると耐震補強や老朽化している部分のチェックなどをしっかり行って、500万の予算でも効率的にリフォームができるように、プロに確認してもらって優先順位をつけることが大切です。

その点、DIYで行おうとすると予算配分がうまくいかず、少ない予算を効率的に使うことができないのであまりオススメではありませんし、築40年の場合は耐震診断を行うのはほぼ必須となるので、必ずプロの業者に任せるようにしましょう。

築40年の住宅のリフォームは500万で何ができる?

築40年の住宅の場合でも、RC住宅など地震に強いタイプの住宅で、プロの業者に耐震診断などもやってもらって問題がなければ、老朽化していることの多い水回りの改修や、ライフスタイルの変化によってデッドスペースとなっている所のリフォームが優先されます。

しかし、外壁の老朽化が進んでいたり、配管の腐食に伴う漏水リスクの高まり、基礎や柱の腐食や耐震性に問題があるのなら、500万のリフォームは難しく、1000万以上かけてスケルトンにし、基礎から作り直す方が理想的です。

また、昔ながらの古民家や平屋であれば断熱リフォームや、増築して2階建てにするのもオススメです。

スポンサーリンク

築40年の住宅のリフォーム事例

出典 Do!のリフォームHP

こちらは、ちょうど築40年の住宅を500万程度でリフォームした事例で、マンション住宅のリフォームですね。

そして、

・収納を充実させて部屋をすっきりさせたい

・部屋の結露が気になるので風通しをよくしたい

・ものが多かったリビングを広く使えるようにしたい

といった課題でリフォームしており、リビングダイニング、寝室を扉で仕切ることで風通しがよくなり、ウォークスルーや収納スペースを随所に工夫して作り、機能性だけでなく導線も全体的にスムーズになりました。

出典 Do!のリフォームHP

また、トイレやお風呂、洗面所などの水回りも一新されているのでいいですよね。

スポンサーリンク

築40年の住宅を500万でリフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、築40年の住宅を500万でリフォームする場合、リフォームできる場所や選び方、耐震診断や耐震補強は必須になると1000万は超えること、でも補助金などもあることなどについてお伝えし、そうしたことも含めてプロの業者に依頼して効率的にやった方が良いとお伝えしましたね。

そこで、こうした築40年の住宅のリフォームを500万程度で効率的に、安全に済ませるためにも、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、築40年の住宅を500万でリフォームするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!