全面リフォーム

築50年住宅のリフォームで費用500万でできる場所や注意点と事例

Pocket

築50年経つ家でも、リフォームを工夫すれば新築みたいに生まれ変わります。

なので、築50年住宅のリフォームを費用500万でできる場所の選び方や何ができるかといった疑問、耐震性など注意点、建て替えとの比較、また、1000万などの費用の相場やDIYの注意点などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、築50年住宅のリフォームで施工事例なども気になりますよね。

そこで今回は、築50年住宅のリフォームを費用500万でできる場所や注意点と事例といったことについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

築50年住宅のリフォームは費用500万で何ができる?注意点なども

建築後の経過年数が経った住宅でも、リフォームすれば新築同様になりますし、今まで住んでいた場所の歴史を残すことができ、風情のある住宅にすることもできます。

また、築50年以上経過していると建築基準法などの法的な問題、道路付けの問題などから建て替えができない立地や物件もあります。

その点、リフォームであれば建て替える必要性がないので、そうした問題に関係なく快適な住まいに改善できるというメリットがありますね。

とはいえ、一定のお金をかければ新築に近いレベルにできるのは当然であるものの、場合によってはリフォーム費用が高くなってそれなら建て替えの方がよかったということになりかねないので、予算別に何ができるのか知っておきたいですね。

そこで、500万を基準に、予算別に築50年住宅をどのようにリフォームできるかチェックしてみましょう。

・予算1000万の場合

築50年住宅の場合、思い出深い和室などは一部残しつつ、床や壁、天井やキッチン、リビングなどを大幅にフルリフォームし、耐震診断を行った上で耐震補強工事も行うとだいたい1000万円くらいになります。

・予算500万の場合

出典 パナソニックHP

一方、半分の500万が予算の場合は、LDKや水回りのちょっとした間取りの変更を含めたリフォームが可能です。

なので、築年数も経ってきたので老朽化した水回りの入れ替えなどをまとめてリフォームしてしまいたい、使い勝手が悪いのでちょっとした間取りの変更をして部屋の雰囲気を一新させたい、といった場合にちょうどいい予算ですね。

ただ、配管工事など大幅な位置変更が生じると500万では不足する場合もあるので注意しましょう。

そのほかにも、余った予算でキッチンt内蔵の食器洗い乾燥機やコンロ、レンジフードの入れ替え、トイレや洗面ドレッシングのリフォームなどの導入も可能です。

出典 パナソニックHP

ただし、500万の予算でどこまでできるかは実際にプロに現場を見てもらい、優先順位を決めてリフォームを進めた方が効率的です。

一方、DIYでやろうとすると、建築基準的に不可能な間取りの変更をしてしまうなど、効率的に予算を使うことができなくて理想的なリフォームができないことがほとんどです。

スポンサーリンク

築50年住宅のリフォームで施工事例

出典 Do!リフォームHP

こちらはちょうど築50年住宅を500万円程度の予算でリフォームした事例です。

そして、

・広いLDKにしたい

・急な階段の勾配を緩やかにしたい

・使いやすいキッチンにしたい

・温かみのあるナチュラルなインテリアにしたい

といった希望をかなえられるように、リビングを中心にしたリフォームを行っています。

また、和室とリビングは繋げて広くし、ナチュラルな雰囲気の無垢の素材で子供達も走り回って遊べるようになり、家族みんなが嬉しいリフォームとなりました。

出典 Do!リフォームHP

老朽化した風呂、トイレ、キッチンなどはすべて入れ替え、水回りもスッキリ使いやすくなりましたね。

出典 Do!リフォームHP

階段も安全性が高くなって、大人も安心です。

スポンサーリンク

築50年の住宅をリフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、築50年の住宅を500万円でリフォームする場合、リフォームできる場所として水回りやリビングなどが可能であること、耐震補強工事やフルリフォームなら1000万円ほどかかることをお伝えしました。

また、少ない予算の中でも効率的にリフォームするため、DIYではなくプロの業者に依頼して優先順位を付ける必要性についてもお伝えしましたね。

そこで、こうした築50年の住宅のリフォームを安全に最小限の費用で済ませるためにも、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、築50年の住宅を500万円でリフォームをするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!