全面リフォーム

軽量鉄骨の壁下地で重量や高さの注意点!単価や規格についても

Pocket

大手ハウスメーカーの注文住宅やアパートは、ほとんどが軽量鉄骨ですが、この軽量鉄骨の建材を用いた壁下地を部分的に使うこともあります。

なので、軽量鉄骨の壁下地とは何か、その重量や高さでピッチの注意点、また、単価や規格などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、軽量鉄骨の壁下地の実例も気になりますよね。

そこで今回は、軽量鉄骨の壁下地で重量や高さの注意点、また、単価や規格などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

軽量鉄骨の壁下地で重量や高さの注意点!単価や規格についても

出典 flickr HP

軽量鉄骨の壁下地のことを「LGS」と呼ぶことがあります。

これは、

・L(Light:軽量)

・G(Gauge:規格)

・S(Steel:鉄)

の頭文字をとった単語のことで、規格品の軽量鉄骨といった意味合いになります。

ちなみに、もともと基本的な納まりは下の階の床コンクリートと、上の階の床コンクリートで固定していくというものになり、軽量鉄骨の部材の肉厚さは鉄骨に比べてかなり薄く設定されており、厚みは0.8mmという薄さです。

なので、これを壁納まりに使うと、他の壁下地に比べて壁厚をかなり薄くすることができるなど有利な点がたくさんあります。

ちなみに、規格には次のような規格が定められており、これらを使い分けていくことになります。

・50形:50mm×45mm…厚み0.8mm

・65形:65mm×45mm…厚み0.8mm

・75形:75㎜×45㎜…厚み0.8㎜

・90形:90㎜×45㎜…厚み0.8㎜

・100形:100㎜×45㎜…厚み0.8㎜

こうした規格を使い分ける際には、どれくらいの高さで立てるかで決めることになります。

・50形:高さ2.7m以下

・65形:高さ4.0m以下

・75形:高さ4.0m以下

・90形:高さ4.5m以下

・100形:高さ5.0m以下

このように、LGSを立てる際にはLGSの高さが高くなるほど、LGSのサイズは大きくなっていくことがわかりますよね。

ちなみに、軽量鉄骨の壁下地の重量は幅65mmあたり0.955wkg/mで、単価はおおよそですが、壁下地組みの場合で400円から600円が相場の目安です。

スポンサーリンク

軽量鉄骨の壁下地の実例!

出典 CRAFT HP

こちらは実際に軽量鉄骨の壁下地にリフォームした事例ですが、軽量鉄骨はまだ比較的新しい建材で、手がけることのできる職人も少ないため、精度の高い仕上げをするためには業者選びが非常に重要になります。

軽量鉄骨の壁下地をリフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、軽量鉄骨の壁下地で重量や高さの注意点、規格の決め方などについてお伝えし、実例も交えて紹介しましたね。

ただし、軽量鉄骨の壁下地をリフォームをするなら、安全に済ませるためにも、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、軽量鉄骨の壁下地をリフォームするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!