ベランダ

ベランダの騒音対策!防音パネルや窓交換とサンルームの防音効果などを比較

Pocket

ベランダでは、電車の音や近所の騒音などが気になることがありますよね。

なので、ベランダの騒音対策として、防音パネルや目隠し、また、窓を二重サッシにするなどの対策の効果などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、ベランダの騒音対策でサンルームにリフォームするときのメリットやデメリット、費用や工事期間、事例、また、注意点などについても気になりますよね。

そこで今回は、ベランダの騒音対策と防音パネル、また、窓交換とサンルームの防音効果の比較などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ベランダの防音対策!防音パネルや窓交換は?

ベランダのすぐそばが大きな道路だったり、隣の人の声がベランダ側から聞こえてくると、音が気になって窓を開けておくこともできないですよね。

そんなベランダの騒音対策には様々なものがありますが、よく見かけるのがベランダの防音シートや防音パネルです。

・ 防音シート

出典:IZILOOK HP

ベランダの騒音対策としてよく見かけるのが防音シートをベランダの柵の部分に取り付けて、防音壁の代わりにしている風景です。

ちなみに、これは防音だけでなく、目隠しとして使っている方もたくさんいますが、密閉された状態にはならないので、防音効果はそれほど期待できません。

・ 防音パネル

出典:エイベックエコHP

ベランダの騒音対策として、防音パネルを使って防音壁を作る方法があり、防音パネルをベランダにつけたり、防音壁につけたりすることもあります。

ただ、ベランダに設置しても、音が小さく感じるくらいで変化もなく、防音壁のレベルまでは到底及びません。

・ 窓を二重にする

出典:IZILOOK HP

ベランダという空間を密閉するのは難しいので、ベランダ側の部屋の窓を二重ガラスにして、可能であればフレームを樹脂にすると防音対策として効果が期待できます。

ただ、この方法は窓を閉めた状態で初めて得られる効果なので、換気などのために窓を開けると途端に音がうるさくなってしまうというデメリットがあります。

スポンサーリンク

ベランダの騒音対策ならサンルーム化のリフォームがオススメ!費用や工事期間は?事例も

出典:スペースガーデニングHP

サンルームといって、四方と屋根をガラスやポリカーボネイトなどの素材で密閉し、太陽の光を取り込んで洗濯物干し場やリラックス空間として活用できる場にリフォームすることもオススメで、一階はもちろん、二階のベランダもサンルーム化へリフォームすることもできます。

ちなみに、サンルームには色々な商品があり、洗濯物干し場などであれば簡易的なサンルームもあって、商品価格を含めたリフォーム費用は最低50万円からとなります。

また、防音しながら太陽の光を取り込むことができるので、洗濯物干しも気兼ねなく行なうことができますし、くもりガラスなど目隠しもできるものなど素材の選択もできたり、網戸を取り付けたりすることもできたりするので、音が気にならない時に換気もできますね。

それに対して、防音対策で防音パネルや防音シートは安価なものの、それほど具体的な効果は得られないですし、窓を二重サッシにする対策の場合、窓の商品価格にもよりますが、100cm×100cmの小さな窓の場合でも約5万円~となっています。

ただ、通常はベランダ側の窓は180cm×180cmくらいの窓が2~3箇所あるので、3箇所だとしても20万~25万くらいになり、そのわりにベランダに出たら結局騒音に悩まされる、といったように費用がかかる割に得られる効果は少ないです。

なので、ベランダの騒音対策ならサンルームへのリフォームをした方が、費用は一番高いというデメリットがあるものの、メリットも多いのでオススメです。

そんなベランダからサンルームへのリフォームをした事例をチェックしてみました。

・ 事例1

出典:リフォームアンサーHP

1階リビングの外のベランダにサンルームを設置することで、和室で閉塞感があったリビングも明るさと開放感がアップし、これまで二階に干していた洗濯物も1階で干せるようになりました。

・ 事例2

出典:リフォームアンサーHP

マンションの既存のベランダをサンルームにして、いつでも洗濯物が干せるようなサンルームを増築した例です。

ちなみに、これらは元のベランダの状態にもよるのですが、工事期間は3~5日程度が目安です。

また、サンルームを作るときは、「増築」にあたり、固定資産税を支払う必要も出てくるので、増築前に確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

ベランダの騒音対策でサンルームへリフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、ベランダの騒音対策で防音シートや防音パネル、窓ガラスを二重サッシにするなどの方法を紹介しましたが、どれも具体的な防音効果が得られない一方で、サンルームにすると、費用がかかるというデメリットはありましたが、防音対策がしっかりできて、洗濯物干しなども音を気にせず行なえるのでオススメなのでした。

なので、ベランダをサンルームにするリフォームを考えている方は、まず施工実績が豊富なロの業者に複数依頼して相見積りを取ると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、ベランダをサンルームにするリフォームを検討しているなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!