その他

和室をリビング(LDK)にリフォームする時の費用や事例!マンションの場合も

Pocket

ライフスタイルや家族の成長、人数の変化に伴い、和室を洋室のリビングにリフォームするケースが増えていますよね。

なので、和室をリビング(LDK)にリフォームする時のリフォーム費用や事例、また、リフォーム時の注意点などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、和室をリビングにリフォームする時、マンションの場合はどうなるのかも気になりますよね。

そこで今回は、和室をリビング(LDK)にリフォームする時の費用や事例、また、マンションの場合などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

和室をリビングにリフォームする時の費用や事例は?

和室をリビングにリフォームする時には、大きく分けるとだいたい次の4つのパターンに分けられるので、ご自身のケースがどれに一番近いかチェックしながらご覧下さい。

1、 畳をフローリングに変更する(約9万円~20万円台前後)

出典:toolbox HP

和室の最も大きな印象となる畳をフローリングや貼付タイプのカーペットに張り替えるケースで、和室の建具(ふすまやドア)、壁はそのままにして、文字通り畳だけをフローリングへ張り替えるという床面のみのリフォームです。

また、畳の厚さ約40~50mmに対して、フローリングの厚さは約12mm程度なので、仕上がりを他の部屋と同じようにするべく、畳撤去後には隣接する洋室の床面との高さを調整する下地木工事などを行った上でフローリングを張る必要もあります。

ちなみに、このケースは床材によって値段が変動し、カーペットなどはフローリングよりも安価になります。

2、 和室の床や壁・天井も洋室へリフォーム(約15万円~31万円台)

出典:みんなのリフォームマガジンHP

1のケースに加えて、壁や天井、室内すべてを洋室に合うようリフォームしたいと考える場合は、全体予算で上記のようになります。

また、床のみのリフォームよりも費用はかかりますが、床リフォームのセットで割引にもなることがあるので、全体の雰囲気を変更して完全に洋室のリビングに変更することができるので、リフォーム会社と相談してみましょう。

3、 和室全体を使い勝手の良い洋室へリフォームする(約75万円~100万円台)

1と2に加えて、収納部分や建具の細部、間取り変更に至るまで和室をまるごとすべて変更するパターンで、概算でこれくらいの価格になりますが、リフォーム内容の詳細やもともとの傷み具合によって費用は変わるので、事前の見積りをしっかり確認しましょう。

4、 リビングと和室の続き間リフォームにする(約85万円~100万円台)

(出典:http://scrap-interior.com/articles/319981)

続き間リフォームというのは、もともとリビングの隣にあった和室の畳部分はそのまま活かし、間をとっぱらって、続き間の広々としたリビングにする場合です。

また、可動式の間仕切りを作れば、必要に応じて和室を来客用の寝室にしたり、一時的な物置にするなど利便性が高いので、これも人気です。

こうした続き間リフォームについては、次の記事でより詳しくお伝えしているので、合わせてご覧下さい。

(関連記事:リビングと和室の続き間リフォームでレイアウトのコツや費用や事例!エアコンの注意点も)

和室をリビングにリフォームした事例

それでは、実際に和室をリビングにリフォームした事例をチェックしていきましょう。

・ 事例1

出典:ホームプロHP

こちらは、和室をリビングにしてLDKを一体化して広々とさせたリフォームの事例で、床と建具を濃い色に変更し、押し入れもクローゼットに変更して使いやすい3枚の引き戸にしています。

ちなみに、工期は1ヶ月、リフォーム費用は85万円でした。

・ 事例2

出典:ホームプロHP

こちらも和室を洋室にしてリビングと和室の敷居をなくすため、クロスを張り替え、広々としたスペースになっていますね。

ちなみに、こちらは工期が1週間、価格は60万円程度でした。

・ 事例3

出典:野村不動産リフォームHP

こちらはリビングに隣接した和室を洋室に変えて、LDKを広々と使えるようにしたリフォームで、明るく使いやすいスペースになっていますよね。

スポンサーリンク

和室をリビングにリフォームする時の注意点!マンションの場合など

出典:アットホームHP

和室をリビングにリフォームすると、LDKが広々として使い勝手も良くなり、部屋全体が明るくなっていいことが多いですよね。

ただ、次のような注意点があるので、気をつけましょう。

1、 マンションの場合

・ 構造に注意

マンションは、鉄骨造なら間取り変更の妨げになる柱が少ないので、希望通りの間取りが実現できることが多いですが、鉄筋コンクリート住宅で、壁式構造だと、間取り変更が難しい場合が多いです。

・ 管理規約に注意

マンションでは、リフォームをする場合の決まり事を管理規約の中で定めており、畳をフローリングやカーペットに変更する場合は、防音規約ともからんでくるので、使用する床材が定められた防音性能をきちんとクリアするものであるかどうかの確認が必要です。

そして、上下左右のお住まいの方にも、工事の概要を説明し、承諾を得なければならないマンションもありますよね。

それから、マンションでは床下の配管スペースがどれくらい確保されているかで、キッチンや浴室などの水周り設備が移動できる距離が決まってきてしまう場合や、追加工事が発生し、別途費用がかかる場合もあります。

2、 戸建ての場合

・ 構造に注意

戸建ての場合は、在来工法、2×4工法(輸入住宅・メーカー系住宅など)などいろいろあるのですが、在来工法の場合は木造住宅の中では法的な規制枠内でかなり自由にプランニングできます。

一方で、2×4工法は壁自体が構造体となり建物を支えているので、間取り変更が難しい場合が多いです。

また、プレハブ工法も工事で規格精算された部材を一定の設計ルールに基づいてくみ上げていくので、変更が難しいことがあります。

一方、鉄骨造や鉄筋コンクリートの中でもラーメン構造は、間取り変更が比較的自由ですが、鉄筋コンクリートで壁式構造だと、間取り変更はほぼ難しいといったように、戸建ての中でも構造によってはリフォームのしやすさにかなり差があります。

スポンサーリンク

和室をリビング(LDK)にリフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、和室をリビング(LDK)にリフォームするとき、リフォームのケースや費用の相場、事例などについてチェックし、住宅の構造によって注意するべき点でマンションや戸建ての場合について紹介しましたね。

ただし、こうした和室をリビングへとリフォームする場合は、住宅構造によっては間取り変更が難しい場合もありますし、可能だとしても、素人判断では失敗する可能性の方が高くなります。

なので、和室をリビングへとリフォームするには、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、和室をリビングへとリフォームするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!