外壁

アイジーサイディングの種類と違いや施工方法と施工例!防火構造も

Pocket

アイジー工業株式会社のサイディング外壁には、ガルスパンを始め、様々な種類があります。

なので、アイジーサイディングとは何か、その種類でガルスパン、SFビレクト、銘壁やガルフィーユなどの価格、また、防火構造などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、アイジーサイディングの施工方法と施工例も気になりますよね。

そこで今回は、アイジーサイディングの種類と違いや施工方法と施工例、また、防火構造などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

アイジーサイディングの種類と違い!防火構造など

アイジー工業株式会社では1970年の会社設立以来、建築用金属製外装材材(金属サイディング)を手がけ、金属サイディングの分野では国内シェアトップを誇る会社で、その強みは高い技術力です。

ちなみに、金属サイディングは外側を覆う金属板と、外気温の遮断と室内の温度を逃さない機能を果たす発泡樹脂材から成ることが特徴で、アイジー工業の製品には国が定める防耐火認定を取得している製品が多くあります。

そんなアイジーサイディングで外壁材としては、次に紹介する4種類の製品が特に人気です。

・ガルスパン

ガルスパンは、アイジーサイディングの中でも最も人気のシリーズで、洗練されたスタイリッシュなデザインと、上品で豊富なカラーラインナップが特徴で、15mmの厚さでありながら他の外壁材に比べて優れた断熱性能を持っています。

ちなみに、その種類には一番人気の「ガルスパンJ」に加えて、緻密に配置された繊細なラインの「ガルスパンSEiフッ素」があります。

また、価格は長さ4000mmで57,139円(税抜き)ですが、これ以外に設計料として6,000円/m2+税もかかってきます。

・SFビレクト

SEビレクトは、金属サイディングでは珍しい横張りの美しい水平ラインが特徴で、マットブラックやチャコールメタリックなどの使いやすい色のほか、シルバーメタリックやネオホワイトもあります。

ちなみに、価格は4000mmで54,758円(税抜き)ですが、これ以外に設計料として6,000円/m2+税がかかってきます。

・銘壁

「銘壁」は、アイジーで長い間販売されてきた定番商品「スタッコ」の後継商品で、防火対応はしていますが、SFビレクトやガルスパンJと違って、「1時間耐火」性能ほど高くはなく、遮熱性フッ素樹脂塗装はしていません。

ちなみに、色はグレー、ストーングレー、ニューブラウン、アイボリー、ホウィアトなどナチュラルで優しめの配色が多いです。

そして、価格は18,929円(税抜き)ですが、設計料については問い合わせが必要です。

・ガルフィーユ

ガルフィーユは、アイジーサイディングの中でもナチュラルシリーズの商品で、「ガルフィーユi」のモード1柄(ヒカリス)とモード3柄(ヒカリス、ムービングストーン)があります。

ちなみに、ガルフィーユの特徴としては光の角度で表情を変える3Dアートで立体感が際立つ「ヒカリス」や、インクジェット塗装の採用で割石調ブロックが際立ち、さらなる立体感と高級感を演出する「ムービングストーン」などがあります。

また、防火性能はSFビレクトやガルスパンJとほぼ違いはないですが、遮熱性フッ素樹脂塗装はしていない代わりに、防汚機能としてクリンフェクト塗装もされています。

ちなみに、価格は35,200円(税抜き)に加えて、設計料として4,800円/m2+税が追加されます。

このように、アイジーサイディングの製品は色展開や質感以外にも少しずつ防火性能や塗装に違いがあるのですが、防火性能はガルスパンJとSFビレクトが飛び抜けて良く、ガルフィーユiがそれに続き、この3種類については色あせや錆びに関しての10年の保証がついています。

それに比べて、「銘壁」は防火性もそれほど高くなく、色あせや錆びなどに関する10年保証はついていないのですが、価格は最も安いので初期費用が安く済むということになりますね。

スポンサーリンク

アイジーサイディングの施工方法と施工例

今回紹介したアイジーサイディングのような金属サイディングは、既存の外壁を取り除き、新しいサイディングに張り替える方法か、カバー工法といって、既存の外壁の上から新しいサイディングを重ね張りするといった二つの方法があります。

ちなみに、前者は現在の外壁の劣化が進んでいて、今までとは違う質感の外壁にしたい場合にオススメですが、費用は60万~300万円ほどかかり、施工日数は1~2週間かかります。

一方で、後者のカバー工法は60万~200万円ほどで施工でき、工期も1週間ほどで済むのですが、既存のサイディングが古い場合はできなかったり、重ね貼りが難しい・合わないケースもあります。

そんなアイジーサイディングに施工した事例を、商品別にチェックしてみましょう。

・ガルスパンJ

・SFビレクト

・銘壁

・ガルフィーユ


スポンサーリンク

アイジーサイディングにリフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、アイジーサイディングについて、ガルスパンJ、SFビレクト、銘壁、ガルフィーユなどについてその特徴や価格、違いなどについて紹介し、実際に施工した事例も紹介しましたね。

ただし、アイジーサイディングの金属サイディングにリフォームをするなら、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、アイジーサイディングの金属サイディングにリフォームをするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!