ベランダ

バルコニーとベランダの違いとメリットやデメリット比較!リフォーム費用や事例も

Pocket

よく間違えがちですが、バルコニーとベランダとは何が違うのか、気になったことはないでしょうか。

なので、バルコニーとベランダの違いとメリット・デメリットの比較、床面積や固定資産税、建坪の注意点、また、床材でおしゃれなタイプなどについても知りたいのではないでしょうか。

それから、バルコニーとベランダのリフォーム事例と工事期間、また、費用などについても気になりますよね。

そこで今回は、バルコニーとベランダの違いとメリットやデメリットの比較、また、リフォーム費用や事例などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

バルコニーとベランダの違い!メリットとデメリットの比較も

出典:LIXIL HP

よく混同しがちなバルコニーとベランダですが、ベースになるのは「ベランダ」です。

ちなみに、ベランダの定義とは、

・建物からせり出した人が歩ける場所のこと

・屋根がついていて、人が歩けるように建物の出入り口がある

ということが特徴で、主に2階以上の高さの場合の、洗濯物を干したりするスペースのことを「ベランダ」と言います。

一方で、バルコニーの定義とは、

・ベランダの屋根がないバージョン

・かつ、手すりでスペースが仕切られている場所

とありますが、最近はバルコニーに屋根を後付けするケースも見られます。

なので、バルコニーに屋根を後付けした時点で、それはバルコニーからベランダになるわけです。

出典:リノナビHP

ちなみに、画像のように上の階のバルコニーが屋根として機能しているだけなので、これはバルコニー扱いとなります。

出典:リノナビHP

また、これは下の階の屋根部分を上階のスペースとして使うバルコニーの広いパターンで、これは「ルーフバルコニー」と言います。

バルコニーとベランダのメリットやデメリット!建ぺい率についても

わずかな違いしかないバルコニーとベランダですが、メリットとデメリットがそれぞれあります。

・ベランダのメリットとデメリット

ベランダは、屋根付きであることで、洗濯物を干す、鉢植えの植物を置くなど、生活の一部分として利用する人の多い場所になりますね。

また、少しの雨なら避けることができるので、テーブルや椅子を置いてリビングの延長として使うこともできるのです。

ただ、ベランダでガーデニングを楽しむ場合には、水やりを続けていると排水口に泥や枯葉が溜まってしまうなど、水漏れで階下の人に迷惑をかけてしまうこともあるため、防水や排水の設備はしっかりしておいた方が良いでしょう。

・バルコニーのメリットとデメリット

バルコニーは太陽の光を直接浴びることができるのがメリットで、手すりに鉄柵を使っているマンションなどでは、ここに植物を置けば自然な雨水で水やりができます。

ただ、風雨によって床材の劣化が早いことがデメリットなので、リフォームする際には特にサビや腐食に強い素材を選ぶことがオススメです。

ちなみに、鉄製の手すりは5年に1度を目安に、防錆の塗装を行うなどして、ウッドデッキをしく場合には、腐りにくい種類の天然木や、人工樹脂の素材が良いでしょう。

また、忘れがちな固定資産税ですが、固定資産税は床面積(建坪)で決まるので、バルコニーであっても、ベランダであっても、増築や後つけをした場合、変わる可能性が高いです。

なので、リフォームする際には自治体に相談することもオススメします。

スポンサーリンク

バルコニーとベランダのリフォーム事例や費用!工事期間も

バルコニーとベランダのリフォーム費用ですが、どんな商品にするか、どんな内容のリフォームをするかで費用の相場は大きく変わってくるのですが、一戸建ての場合は30万~40万円程度が相場の目安です。

それでは、バルコニーとベランダのリフォーム事例をチェックしていきましょう。

バルコニーのリフォーム事例

出典:ホームプロHP

こちらはバルコニーを後付けした事例ですが、リビングと庭をつなぐ中性的空間という位置付けで設置し、ウッドデッキでリラックスもできる場所になり、工期は3ヶ月以上、費用は30万円以上かかっていますが、とっても素敵ですよね。

ベランダのリフォーム事例

出典:ホームプロHP

こちらは雨漏りの恐れがあるベランダを、全体的に防水加工、フェンスの塗装により外見と機能を一新したリフォーム事例で、雨漏りがなくなり使用しやすいベランダになりました。

ちなみに、こちらの場合の工期は5日、費用は35万円でした。

スポンサーリンク

バルコニーをリフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、バルコニーとベランダの違いについて、定義やメリットとデメリットとその比較、床面積と固定資産税の関係、また、リフォームの事例と費用などについてもお伝えしましたね。

ただし、バルコニーやベランダをより活用するためのリフォームなら、まずは塗装実績が豊富なプロの業者に複数依頼して相見積りをとった上で屋根のリフォームを行えば良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者います。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、バルコニーやベランダをより活用するためのリフォームなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!