外壁

外壁の張替え単価や費用と時期!DIYの注意点や塗装との比較も

Pocket

外壁のリフォームにはいくつか方法がありますが、その一つが張替えです。

なので、外壁の張替えでその種類や断熱効果、費用や単価の相場や張替え時期、塗装との比較、フルリフォームとの比較、確認申請の必要性、DIYする時の注意点、また、見積もりの注意点などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、外壁の張替えリフォームの費用や事例、また、工事期間などについても気になりますよね。

そこで今回は、外壁の張替えの単価や費用と時期、また、DIYの注意点や塗装との比較などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

外壁の張替えの単価や費用、時期は?DIYの注意点や塗装との比較

出典:リフォームメーカーのナカヤマHP

外壁は雨風に常にさらされているため、家の中でもダメージを最も受けやすく、定期的なリフォームが必要です。

そんな外壁のリフォームには、

・既存の外壁の上から板状の外壁材を重ねて張る「重ね張りリフォーム」

・既存の外壁と下地を取り払い、新たに外壁材を張り替える「張替えリフォーム」

・既存の外壁に塗料を塗る「塗装リフォーム」

・外壁材の目地部にゴム状の材料を流し込み、防水性を高める「シーリング打ち替え」

などがあります。

そして、今回のテーマである「張替えリフォーム」では、下地から新しく張り替えるため、老朽化の激しい家のリフォームにも対応可能で、張替え工法の費用としては200万円~(延床面積120m2)が相場の目安です。

また、その単価は張替えリフォームに使用されるサイディング材の種類によっても異なり、

・窯業系サイディング…5,000円(1㎡あたり)

・金属系サイディング…4,000円(1㎡あたり)

・木製サイディング…6,000円(1㎡あたり)

・樹脂サイディング…9,000円(1㎡あたり)

と言われています。

さらに、工事単価として足場代や施工費、材料費、既存の外壁材の撤去、ウレタンシーリング打ち、資材運搬費及び諸経費などがかかってきて、全部で200万円くらいになります。

なので、重ね張りと違って、既存の外壁を撤去する撤去費がかかるということと、サイディングの境目である目地部にシーリング材を打ち込む、シーリング打ち費がかかってくる、ということが大きく違いますし、廃材の処理費や運搬費も大きな部分になります。

塗装工事などとの比較!張替えリフォームの時期も

出典:リフォマHP

住まい構造部に水の侵入が疑われる場合で、特に構造部の劣化が激しい時には張替え工法をお勧めします。

また、重ね貼りや塗装工事に比べて、割高にはなるものの、断熱性や遮音性が向上し、エアコンの効率が良くなったり、静かな住環境を作りやすくなるなどのメリットが多いという特徴もあります。

一方で、外壁の劣化や汚れや色あせ、チョーキングなど、深刻な症状ではない場合は外壁塗装がお勧めで、定期的に塗り替えを行うことで外壁の色の変化も楽しめますし、劣化を防ぐことができます。

ただ、外壁材の耐用年数は約30年なので、この時期を目安に張替えリフォームすることをオススメしますが、この耐用年数は正しく使用し、定期的にメンテナンスを行っていることが前提なので、雨が多く、風が強い地域などなら、それより短くなることもあります。

ちなみに、時期に関わらず、チョーキング現象、継ぎ目のひび割れ、剥がれ、サイディングボードのそりなどが起きていたら、張替え時期と考えた方が良いでしょう。

フルリフォームと比べるとどちらが良いか?確認申請の必要性も

出典:ハウスネットギャラリーリノベーションHP

戸建て全体をリフォームすることを「スケルトンリフォーム」と言いますが、これは基礎や土台、柱以外の屋根や外壁、室内の床や壁、天井を全て解体した状態から作り直すことを指します。

この場合、耐震補強効果や、建物全体に断熱材を追加したい、水まわりや玄関、窓、階段などの場所を変えて理想の間取りへ変更したい、屋根や外壁も全て新しく交換したいと言った希望を叶えることができます。

この方法では、張替えリフォームよりも工期が長くなりますが、費用は内容によっては張替えリフォームとほとんど変わらない場合もあります。

その上、張替えリフォームよりも家自体は頑丈になり、新築に住むような気持ちで住み直せるというメリットもあるので、リフォームを検討する際には業者とよく話し合うと良いでしょう。

ちなみに、外壁の改修は外壁仕上げ材を改修するということになるのですが、仕上げの主要構造部には該当しないので、建築基準法上の確認申請が必要な事例には該当しないのですが、フルリフォームの場合は該当するので、この際も業者に確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

外壁の張替えリフォームの費用や事例、工事期間は?

出典:ハートライフHP

こちらは外壁塗装だった状態から、金属サイディングに張替えリフォームを行った実際の事例ですが、工期は1ヶ月ほどで、費用は約230万円でしたので、相場の範囲内です。

こうした外壁の張替えは「住まい構造部に水の侵入が疑われる場合で、特に構造部の劣化が激しい時にお勧め」とお伝えしましたが、この時構造部のメンテナンスを行い、内部を綺麗にしてシロアリの侵入や水漏れなどを予防できることが最大のメリットになります。

なので、単純に張替えするだけと思って素人がDIYなどで行うと、こうした構造部のメンテナンスが十分に行えずに、張替えリフォームのメリットを得ることができません。

そのため、外壁の張替えを行う場合は、必ず業者に依頼をした方が良いのですが、見積もりを取るときには必ず複数社に依頼をするように注意しましょう。

そうでないと、悪徳業者と知らずに依頼してしまい、それによって悪質なリフォームが行われて、多額の費用をかけたにも関わらず、構造部がメンテナンスされていなかったり、外壁サイディングの劣化が激しくなったりと言ったように、将来的なデメリットが現れる可能性があります。

スポンサーリンク

外壁の張替えリフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、外壁の張替えリフォームについて、張替えの時期や費用の相場、種類や価格、塗装やフルリフォームとの比較、確認申請は必要かと言ったことをお伝えした上で、DIYはしない方が良いことや、見積もりを取るときの注意点について複数社に相見積もりを取る大切さをお伝えしました。

なので、外壁の張替えリフォームをするなら、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、外壁の張替えリフォームをするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!