ベランダ

グレーチングバルコニーのデメリットと建ぺい率や建築面積の注意点!価格や雨対策についても

Pocket

ある程度の採光性を確保しながら、バルコニーをリフォームしたい場合、床をグレーチングバルコニーにしようと検討する方が多いですよね。

なので、グレーチングバルコニーとは何か、そのメリットやデメリット、建ぺい率や建築面積の注意点、また、おしゃれなタイプでウッドデッキとの比較などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、グレーチングバルコニーの雨対策や価格も気になりますよね。

そこで今回は、グレーチングバルコニーのデメリットと建ぺい率や建築面積の注意点、また、価格や雨対策などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

グレーチングバルコニーのメリットとデメリット!価格や雨対策も

グレーチングバルコニーは光と風を通す新発想のフロアユニットで、LIXILなどから発売されていますよね。

出典:LIXIL HP

ちなみに、「グレーチング」とは、格子状になった板状態の素材で、主に排水口や側溝の蓋などに利用されています。

これを元に、FRPグレーチングというものが発売され、外壁の目隠しなど、意匠的な部分にも利用されるようになり、それを床材にしたバルコニーのことを「グレーチングバルコニー」と呼び、スタイリッシュでお洒落なデザインが魅力のポイントです。

出典:建材ダイジェストHP

出典:建材ダイジェストHP

ちなみに、FRPグレーチングのマス目は3種類あり、マス目が正方形で大きいものと小さいもの、そして、長方形のものがあり、色は規格品でグレー、クリアカラーの2種類があります。

また、サイズと価格は、

・最小サイズ

287mm四方

価格:2,000円(税別)~

・最大サイズ

3007mm四方

価格:51,900円(税別)~

となっています。

そんなグレーチングバルコニーのメリットには次のようなものがあります。

・光や風を取り入れることができる

グレーチングバルコニーの形状は網目になっていて、光や風を通してくれるので、2階部分の足元をグレーチングにして家全体の採光性を上げることができます。

・開放感がある

向こう側が見えるので、圧迫感がありません。

一方で、次のようなデメリットもあります。

・上を歩くと下にゴミが落ちる

光や風を通すということは、ゴミも一緒に落ちるということになりますし、雨も防ぐことができないので、気になりますね。

また、1階部分がウッドデッキなどになっていると、雨による劣化も心配になりますが、雨対策としては、

・グレーチングバルコニーの下にガラスやポリカーボネートなどの素材を取り付ける

・オーニング(日除け)、または日除けできるものを可動式でつける

・雨の時は下のデッキにシートを敷く

といった対策を実践されている方が多いので、参考にしてくださいね。

・高所恐怖症の人にはオススメできない

スケルトンなので、当然の事ながら下が見えるので、高所恐怖症の方にはオススメできません。

スポンサーリンク

グレーチングバルコニーの建ぺい率と建築面積の注意点

出典:建材ダイジェストHP

一般的に家のリフォームをする時は、床面積の増築があれば建ぺい率が増えるということになりますが、グレーチングバルコニーは床が抜けているので、増築したとしても床面積から度外視されます。

ただ、お住いの地区によっては違反になる可能性があり、建築面積の増減にあたらないか、リフォーム前に確認すると良いでしょう。

スポンサーリンク

グレーチングバルコニーにリフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、グレーチングバルコニーについて、グレーチングバルコニーとは何か、そのメリットやデメリット、また、価格や雨対策などについてもお伝えしましたね。

なので、こうしたグレーチングバルコニーにリフォームをするなら、安く安全に済ませるためにも、まずは施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、グレーチングバルコニーにリフォームするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!