その他

新築とリフォームのメリットとデメリット徹底比較!どっちが得?

Pocket

家が古くなってくるとリフォームをするか、新築に建て替えるか迷うことがあると思いますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

なので、新築とリフォームの違いでどっちが得か、比較するために費用や税金、ローン、また、リフォームとリノベーションの違いなどについて知りたいのではないでしょうか。

それから、新築とリフォームのどっちがいいか、また、築年数などについても気になりますよね。

そこで今回は、新築とリフォームのメリットとデメリットの徹底比較、また、どっちが得かといった疑問などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

新築とリフォームはどう違う?

リフォームとは、既存の基礎部分は残して、部分的に改築、修繕、増築などを行い、新築同然の状態に戻すことを指します。

ちなみに、水回りや屋根・外壁のみといった部分リフォームや、目に見えるものを全て新しくするフルリフォームなど、その改修範囲は様々ですが、全てリフォームと言います。

また、最近人気を集めている、マンション内部を全て解体撤去してコンクリートむき出しの状態にしてから、新しく内部を作り直すリノベーションもこのリフォームの一種とされることもあります。

一方で、新築への建て替えは、既存の住宅を基礎部分から取り壊して、新たにゼロから住宅を建築することを指します。

ただ、全ての住宅が建て替え可能ではなく、建築基準法で定められた幅員4m以上の道路に2m以上接した土地でなければ原則として建て替えができないなど、様々な制約がありますので、ご自身の住宅が再建築不可物件か否かのチェックを最初にする必要があります。

出典:住友不動産のリフォームHP

こちらがリフォームと新築(建て替え)の違いです。

このように、やはりリフォームの方が安く済むこともありますが、フルリフォームだと簡易的な新築よりは高くつくこともあるということになります。

ただ、工期は短く済みますし、段階的に行えば暮らしながらリフォームしていくことももちろん大丈夫です。

それに、既存の住宅の生かせる部分を生かしながら改修したい場合はリフォームがオススメですが、全くのスケルトンに戻したいなら新築がオススメと言えるでしょう。

スポンサーリンク

新築とリフォームのメリットやデメリットまとめ!

次に、こちらはメリット・デメリットも整理した表です。

出典:住友不動産のリフォームHP

このようにまとめてみると、コスパならリフォーム、自由度&長期的視点なら新築ということになりますね。

一方で、税金面ではリフォームの方が有利ですが、建て替えの場合はローンを組めるというメリットがありますね。

ただ、いずれにしてもその築年数によっては、リフォームをすることはできず、新築で建て替えをしなければならないこともあるので、自分の家にとってベストな選択をするようにしましょう。

スポンサーリンク

家のリフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、新築とリフォームの違いについて、その特徴やメリット・デメリット、選び方で築年数などについて紹介し、条件によっては新築建て替えの方が良いのでしたが、元々の家を活かすならリフォームが良いのでしたね。

なので、大切な家のリフォームをするなら、安全に済ませるためにも、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、大切な家のリフォームするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!