トイレ

和式トイレを洋式にリフォームする費用や事例!DIYの注意点も

Pocket

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91トイレが和式トイレのままの場合、高齢の方だと特に体にこたえたり介護をする人にとっても大変なので、洋式にリフォームすることを検討している方も多いのではないでしょうか。

なので、和式トイレを洋式にリフォームする費用や作業時間と実際の事例、和式トイレを洋式にリフォームする場合、DIYで行なうときの注意点についても気になりますよね。

そこで今回は、和式トイレを洋式にリフォームする費用や事例、DIYの注意点についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

和式トイレを洋式にリフォームしたい!費用や作業時間はどれくらいかかる?

老後のことを考えると、和式トイレを洋式にリフォームしたいけれど、実際の費用が分からなくてリフォームに踏み込めない方は多いのではないでしょうか。

でも、実際に洋式にリフォームすると膝の負担も少なく、使いやすさは抜群に良くなりますし、最近では温水洗浄便座や便座暖房機能など、機能に優れたトイレもたくさん出ているので、予算や希望に見合ったトイレを選んで、使い勝手の良いトイレ空間にしましょう。

リフォームする時の費用や作業時間はどれくらいかかる?

一般的に言って、和式トイレを洋式にリフォームする時の相場は、30万円~50万円程度になります。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

そして、トイレにも様々なグレードがあるので次のように大きく分けて、組み合わせトイレ、一体型トイレ、タンクレストイレの場合にどれくらいの金額がかかるかをチェックしてみましょう。

また、作業時間についてもトイレの状態やリフォームするトイレによるのですが、最も簡易的な工事で3時間程度、長くて3日くらいかかります。

どんなトイレがあるの?

1、 組み合わせトイレ

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

組み合わせトイレは最も普及している種類で、独立した便器とタンク、便座を組み合わせた形状で、便座(ウォシュレット)は別売りになります。

なので、ウォシュレットのグレードによっては総額が高くなる場合もありますね。

2、 一体型トイレ

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

便器とタンク、便座(ウォシュレット)が一体型のトイレです。

3、 タンクレストイレ

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

水を溜めるタンクがないトイレで、デザインにこだわる方に人気の種類です。

そして、タンクがなくなることでトイレ空間が広がり、効率よく空間を使えるようになりますし、掃除もしやすいものが多いこともメリットですが、手洗い場がない種類が多いのでトイレの後にすぐに手を洗いたい方にとってはデメリットになるようです。

機能は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

最近のトイレは、機能や便器の素材などのレベルを各社が競い合いながらより良いものをリリースしているので、高価格になればなるほど多くの機能が搭載されていて、中くらいのレベルの価格のトイレでも、標準搭載機能として自動お掃除機能や、蓋のオート開閉、人の入室を感知して便座を温める機能など、便利なものがたくさんあります。

そして、TOTOのセフィオンテクト、パナソニックの有機ガラス系新素材など、便器の素材にもこだわり、汚れが付着しにくかったり、菌を自動除菌してくれるものなど、昔に比べると掃除のしやすさや衛生管理が格段によくなったものがたくさん展開されています。

具体的にどんなことに費用がかかるの?

基本的には、次のような項目に費用が発生するそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

さらに、別途かかる可能性のある費用には、次のようなものがあるそうです。

・ コンセント新設費用

和式トイレの場合、トイレ内にコンセントがないこともあるのですが、洋式トイレの場合は暖房便座などの機能をつけることが多く、コンセントが必要なので新設が必要になる場合があります。

そして、この場合の費用は1万円程度で済むことが多いのですが、状況によって多少は金額が変わります。

・ コーナータンク設置費用

トイレのスペースが狭い場合、タンクをコーナーに設けて、タンク式洋式トイレを設置することがあります。

この場合、便座の背面にタンクがあるものよりも、2~3万円程度費用が増すそうです。

・ 給水管移設工事費用

和式トイレでタンクがコーナーにある場合、給水管を移設する工事が必要になるのですが、商品によって価格が異なるので、業者によく確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

和式トイレの洋式リフォームの事例集!DIYの注意点も

それでは、実際に和式トイレを洋式にリフォームした事例集として、とあるトイレリフォーム施工会社の事例を紹介しますね。

1、 大阪府大阪市/Kさん「TOTOピュアレストQRとTOTO普通便座」へのリフォーム

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

和式から組み合わせトイレの「TOTOピュアレストQR」ヘリフォームした事例で、給水延長ホースやトイレットペーパーの紙巻器も追加して、リフォーム費用は196,532円で、施工時間は約2日だったとのことです。

2、 兵庫県神戸市/K様「和式トイレ改修専用便器コンパクトリモデルトイレ(手洗いあり)」へのリフォーム

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

元々の和式便座のタンクにコンパクトモデルのトイレを設置したパターンで、こうすると手洗い器がついても多少費用が抑えられ、この場合は218,461円の施工時間は約2日だそうです。

3、 神奈川県横浜市/Y様「TOTOネオレスト」へのリフォーム

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

和式トイレからタンクレストイレへリフォームした事例で、壁紙とトイレットペーパーの紙巻器もハイデザインのものにしたようです。

そして、タンクレストイレの場合はコンセント移設費が発生し、壁下地補費、そして、内装の工事費などもかかるので、費用は総額で588,388円になったそうですが、この事例は施工が1日で済んだそうです。

4、 東京都目黒区/H様「TOTO簡易洋風トイレスワレット」へのリフォーム

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%91

TOTOのスワレットはいわゆる簡易洋風トイレで、大きな工事をしなくても、和式便座を洋式便座にリフォームできるところがメリットで、この事例は普通便座ですが、暖房便座やウォシュレットを選ぶこともできるそうです(その場合は電源コンセントの移設費が必要になります)。

そして、この場合は費用総額が61,309円になり、施工時間も約3時間だったそうです。

簡易洋風トイレは設置可能なトイレが限られる

TOTOのスワレットは、比較的どんな住宅でも設置が可能ですが、同じく簡易洋風トイレのLIXIL「アタッチメント」はフラッシュバブル式の和式トイレには設置ができないそうなので、注意が必要です。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%92

また、TOTOのスワレットの設置条件は次の通りです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%93

このように条件が制限されるのと、水洗とはいえ簡易洋式トイレは和式トイレの上からかぶせているので、最新式のトイレに比べると洗浄水の届かない死角となっている部分があり、その箇所を放置せずにしっかり掃除する必要があります。

そして、掃除せずにいると臭いの原因にもなるので、充分気をつけるようにしましょうね。

このように、簡易洋式トイレへのリフォームは、費用を安く抑えられるというメリットがありますが、掃除の手間や条件が限られるというデメリットもありますよね。

でも、高齢の方は介護保険を活用すると、リフォーム費用の9割が支給されるそうなので、もし費用が気になる方はこの制度を利用して後悔のないリフォームをしましょう。

DIYの注意点は?リフォームのポイントも

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%94

和式から洋式にリフォームをする場合は、できるだけリフォーム費用を安く抑えたいので、自分自身でやる方が多いですよね。

そして、自分自身で交換するとなるとトイレや便器本体と、工具や必要であれば給水管などをホームセンターで手配すれば確かにできなくはないようです。

ただ、DIYで行なう場合トイレの交換の失敗で最も多い事例は、水漏れを起こしてしまうケースのようです。

それから、和式から洋式の場合は、設置するのに計測しなければならない部分も多く、サイズを間違えるとせっかく購入したトイレを返品するハメになった…といったことも考えられますよね。

そのため、こうしたトイレのリフォームをDIYで行なうことで失敗をすると、費用を安く抑えようとしても結果的に高くついてしまって後悔することになるので、業者に頼むことをおすすめします。

スポンサーリンク

洋式トイレへのリフォームをするなら、リショップナビで賢く見積もりを取ろう!

和式から洋式トイレへリフォームをする場合について、費用の相場や作業時間、トイレの種類や、実際のリフォームの事例についてご説明しました。

そして、こうした和式から洋式トイレへリフォームをする際に、できるだけ費用を抑えたいからといってDIYで行なうのは危険で、水漏れなどで結果的に高くついてしまうなどのリスクが高いので、業者に頼むことをおすすめしましたね。

ただし、トイレのリフォームをお願いする業者を見つける時は、複数の業者から相見積もりを出してもらって適切な価格で信頼のできる業者に依頼すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者います。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、あなたが洋式トイレへのリフォームを検討しているなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!

トイレのリフォームについてもっと知りたい方はコチラ!

トイレリフォームの費用の相場と事例や口コミ!メーカーの比較も