結露

窓にシャッターを付ける意味や必要性と値段!取り付けをDIYで行う際の注意点も

Pocket

窓にシャッターを付ける家が増えているようですが、これは防犯というより台風予防のために必要性があり、重要な意味があります。

なので、窓のシャッターで窓の内側のものや、雨戸、格子代わりのシャッター、電動タイプの開け方、防音と断熱効果、2階の窓のシャッターなどや、後付けは可能か、取り付けをDIYで行うときの注意点、値段について知りたいのではないでしょうか。

それから、窓にシャッターを後付けするときの価格も気になりますよね。

そこで今回は、窓にシャッターを付ける意味や必要性と値段、また、取り付けをDIYで行う際の注意点などについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

窓にシャッターを付ける意味や必要性はある?

昔から日本家屋の窓は障子で明かり取りをして、雨戸で雨風をしのぐようになっていたので、雨戸があるのは当たり前でしたよね。

ただ、その頃の窓はほとんどが木製家具であり、ちょっとした吹き降りの時にでも雨が建具の隙間から室内に染みこんでくるようなものだったので、窓と雨戸が切っても切れない関係だったのが分かりますよね。

ところが、その後アルミサッシが爆発的に普及し、雨戸なしでも十分に風雨に耐えられる窓になりました。

そのため、今では高層マンションの窓はアルミサッシでも十分となり、雨戸やシャッターをつけている住宅は減ってきたのですが、台風の時に窓から雨が入ってきたとか、窓が吹き飛ばされたというような話はほとんど聞くことはないですよね。

つまり、風雨の備えであれば、雨戸やシャッターの必要性は現在ではほとんどないに等しいということになってきているのです。

それに、防犯の観点でいっても、シャッターを閉め切っていては「家には誰もいません」と自ら宣言しているようなもので、かえって空き巣に狙われる可能性もあります。

シャッターを付けるメリットは?

とはいえ、シャッターを付けるメリットが全くないわけではなく、防衝撃性(台風の際の飛来物など)や断熱性、明るさの調整といったことが考えられます。

でも、防攻撃性の点では、ガラスの代わりにシャッターが衝撃を受けて交換しなければならないだろうし、断熱性についてはガラス窓を断熱対応にすればシャッターを閉めて窮屈に感じることもありませんし、明るさの調整という意味では遮光カーテンや窓の内側につけるルーバータイプで事が足りそうです。

・ 窓の内側につけられるルーバータイプ

出典:株式会社せのおHP

格子タイプもデザイン性に富んでいて、開け閉めが不要ですし、防犯性はないですが窓を守ってくれて、光のコントロールもできます。

・ 面格子タイプ

出典:株式会社せのおHP

そのため、特にマンションの場合であればシャッターの必要性はあまりないようですが、戸建て住宅の場合は雨戸代わりにシャッターを付けておくと、台風など天候による被害を受けやすい地域では安全性が高まる、といった程度のもののようです。

スポンサーリンク

窓にシャッターを付ける時の値段やDIYでする際の注意点は?

窓にシャッターを付ける場合、今からの後付けももちろん可能です。

出典:株式会社せのおHP

実際に窓にシャッターを後付けした事例をいくつか集めてみました。

・ 事例1(2階の窓)

出典:専門ショップリフォームシャッター.com HP

・ 事例2(浴室)

出典:専門ショップリフォームシャッター.com HP

・ 事例3(雨戸を電動窓シャッターに)

出典:専門ショップリフォームシャッター.com HP

このように、2階の窓につけて防攻撃性対策として利用したり、浴室などプライベートな空間を守るために取り付けたりといった用途もいろいろありますし、雨戸を電動窓シャッターにすることで開け閉めを簡単にしたというのもありますね。

ちなみに、シャッターは手動か電動かで開け方が違うので、次のLIXILのページを参考にすると安全に使用できると思います。

手動タイプについてLIXILで詳しく見てみるならコチラ!

電動タイプについてLIXILで詳しく見てみるならコチラ!

簡単にいえば、フック棒や手などで開閉するのが手動式で、スイッチやリモコンを使用するのが電動式ということですね。

シャッターの値段は?DIYをするときの注意点も

シャッターと一言で言っても、アルミやスチールのハネを上下させ開閉するものなので、ハネそれぞれを支えるガイドレース、ハネを収納するためのシャッターケースなどのパーツからできており、

・ ハネを完全に閉めたときに窓を覆うクローズタイプ

・ ハネの間に小さな穴があり、通風や採光もできるスリットタイプ

・ ハネを開閉することで通風や採光が調整できるブラインドタイプ

など大きく分けて3つのタイプがあります。

さらに、広い開口部に対応したものや小窓に対応したもの、窓を開閉せずに室内から操作できる手動タイプ、太陽光発電できるソーラーパネルがついて開閉を行う省エネタイプや網戸が内蔵されているもの、手動式から電動式への交換や既存のサッシの取り付けが簡単にできるリフォーム商品など、種類は豊富です。

なので、窓のシャッターの値段はタイプによってかなり異なりますが、「W1235mm×H770mm」で手動タイプであればLIXILなど大手メーカーの定価で\62,400ほどのようです。

こうしたシャッターを自分自身で購入して、DIYで取り付けしようと考えている方のために、取り付ける時に必要なポイントを整理してみました。

・ 家の構造と取り付けるシャッターが合ったものであるか

・ 家の塗装剤がシャッターの取り付けに対応しているものかどうか

・ シャッターを取り付けるのに必要な窓まわりの寸法があるか

・ シャッターを取り付ける窓まわりに漏水の跡はないか

・ 取り付け位置に柱があり、腐ってはいないか

・ 取り付けねじが30mmねじこめるか

・ 外壁は45mm未満であるかどうか

・ 採寸は正確にできているか

このように、まずはサイズをしっかり測ることが大切なので、メジャーを正確に当てて寸法を測る、寸法をメモする、もう一度確認のために測るなど慎重に行った方が良いでしょう。

これを間違ってしまっては元も子もないですが、採寸がきちんとできたとしても、下地の入っていない場所に留めたり、防水処置をしなかったりすると、台風で剥がれ、飛んでしまったり、雨漏りしたりといったように不具合がとても生じやすい場所です。

なので、カタログや取扱説明書をよく読み、難しいと思ったら業者に依頼してプロに作業をしてもらった方が良いでしょう。

窓のシャッターを取り付けるリフォームの費用や工事期間は?

出典:ハピすむHP

シャッターは取り付け場所によっては下地部材が必要になりますし、手動か電動かによって商品代や取り付け価格も変動します。

そして、シャッターの商品代も前述で紹介した10万円以下のものが最も安いですが、高いところでアリーズ電動SRSなどは約30万400円もします。

それからオプション機能として換気機能、タイマー付き壁スイッチ、タイマー付きリモコン、下地部材、台風ストッパー、防水テープなどの価格も加算されます。

さらに、取り付け費用として、手動の場合は約5300~1万5000円、電動であれば約1万~4万円、電動の場合は電気配線工事が約5000円~2万円かかるようです。

スポンサーリンク

窓のシャッターの取り付けリフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

窓のシャッターの取り付けを行うことで得られるメリットは、防犯性や防攻撃性、浴室などプライベートな空間を守ることや、採光のコントロールなどもありますが、マンションの場合はほぼ不要で、格子やブラインドなどでも代替可能とのことでしたね。

しかし、戸建て住宅の場合は長い目で見てシャッターがあった方が安心ということもあるので、シャッターの値段や取り付けについて紹介し、DIYをするときの注意点とそのリスクについて説明しました。

なので、取り付けリフォームをするならプロの業者に依頼した方が良いのですが、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者も存在するため、どこへ依頼をしたらよいかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

そこで、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積もりを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社から希望に合わせて、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、いつでもどこでも依頼ができますし、そこから価格なども含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することもできるのです。

そのため、たくさんの業者に別々に相談をしたり、個々に見積りを取るときの時間や手間も省けますし、条件が合わないのに無理に契約を薦められることもなく、安心して見積りを取ることができます。

また、費用のことだけでなく、リフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っている段階の方でも判断する上で役立つサイトと言えます。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されているので、何かあった時にもリショップナビに連絡すれば安心です。

なので、窓のシャッターの取り付けリフォームをするなら、まずは今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてみて、今考えているリフォームの適正な相場を調べたり、安心して任せられる最安値の業者を調べてみましょう!

また、リフォームをするかわからないけど、まずはどれくらいかかるか知っておきたいという方も、簡単な入力で見積りが作れるので、とりあえず見積りを作って自分の場合の大体の費用を知っておくと、リフォームを検討する際に役立ちますよ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【無料】30秒の簡単入力で最大50%オフになるお得な見積りを

今すぐチェックするならコチラ!

スポンサーリンク