ガーデンルーム

ガーデンルームの後付けで失敗や後悔の事例!固定資産税の有無や独立型との違いも

Pocket

おしゃれなイメージが強いガーデンルームですが、後付けで失敗すると、大きな後悔につながることもあるので注意が必要です。

なので、ガーデンルームの後付けで失敗や後悔の事例や費用、独立型との違い、「暖蘭物語」や「ジーマ」、「ココマ」などのおしゃれなタイプの費用、固定資産税の有無やデメリット、また、DIYの注意点などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、ガーデンルームのリフォームで費用や工事期間、事例も気になりますよね。

そこで今回は、ガーデンルームの後付けで失敗や後悔の事例、また、固定資産税の有無や独立型との違いなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ガーデンルームの後付けでの失敗や後悔の事例とは?

ガーデンルームとは、庭の一部を活用して作る、自分たちにとって理想的な空間のことを指します。

また、基礎があって全面をガラスで囲まれ、屋根が付いた「サンルーム」というのもありますね。

出典:キロHP

ちなみに、サンルームは「ルーム」というくらいなので、水密性や気密性もしっかりしていて、部屋のサッシと同じくらいの機能を持ったサッシが使われることがあります。

なので、イメージとしては取り付けるというよりも「増築」と考えた方が良いですね。

それに対して、ガーデンルームはサンルームほどお金をかけずに、気軽にガーデンライフを楽しむために簡易的に作ることができます。

なので、サンルームと大きな違いがあるように見えるのですが、基礎はサンルームのように、それ専用に作る必要がなく、条件としては「テラス屋根にサッシなどで囲いをつけたもの」ということになっています。

ちなみに、屋根素材はポリカーボネートで、サンルームのようにガラス素材は使わないので、気密性や水密性はなく、サンルームのように雨天時の洗濯物干しや、太陽の光を集めて暖かい空間で過ごすといった使い方はできません。

あくまで自然の庭の延長線上に簡易的なリビングを置き、屋根があるので、雨を避けることはできる程度の位置づけになり、値段もかなりお値打ちなので、サンルームに比べて気軽にリフォームを決める方も多いです。

ただ、サンルームに比べて、台風など大雨の時に被害を受けやすいというデメリットがありますし、目的がはっきりしなかったばかりに結局使わなくなってしまった、という失敗談が少なくありません。

また、ガーデンルームを意識するあまり、家や庭との全体的なバランスを考えず、設置した結果ミスマッチになってしまった、という失敗談もよく見受けます。

これによって、ガーデンルームだけが住宅空間の中で浮いてしまい、違和感を感じて、本来はリラックスできる空間なのに、逆に落ち着かなくなってしまったということになりかねません。

そこで、実際にガーデンルームを後付けした方の失敗の事例などをご紹介します。

・ 失敗例1

後ほど紹介するリクシルの「ココマ」を設置した方の例ですが、その方は雨漏りと虫、特にカメムシの大量発生でガーデンルームを後悔したということでした。

ちなみに、その原因ですが、雨漏りは側面の窓の施工ミスの可能性が高く、カメムシの大量発生については環境の問題が大きいのですが、はっきりとした原因は不明でした。

出典:家づくり、頑張りましたっHP

ただ、こんな風に、ガーデンルームをよく観察すると隙間ができていて、気密性があまりないのも分かるので、隙間などから虫が侵入してくるのも分かりますよね。

ちなみに、このような気密性の無さは、ガーデンルームの元からの特徴ですが、施工業者の中で悪徳業者を選んでしまうのもトラブルの原因になりますし、最近は素人の方がDIYで施工しようとチャレンジする場合があるので注意が必要です。

また、サンルームなどに比べれば、施工の注意点が少ないガーデンルームですが、囲いや屋根の取り付けが甘いと、雨漏りも起きやすくなるので、できるだけプロの業者で、信頼できるところに任せた方が良いでしょう。

・ 失敗例2

ガーデンルームは床をタイルなどにすると、夏はすごく熱くなりますし、庭へ段差があるとなんとなく庭に出るのが面倒になってしまい、結局庭を有効に活用できなくなってしまったという事例ですね。

そのため、「こんなことならガーデンルームではなくてウッドデッキでよかった」という方もいます。

なので、洗濯物を干す場所としても活用したい、開放的なところで読書を読みたいなど、具体的な趣味への活用イメージがあるかどうかなど、目的を明確にして、よく検討してからリフォームした方が良いでしょう。

ガーデンルームでおすすめの商品や価格は?

ガーデンルームは価格が安いといっても商品のグレードによって様々です。

例えば、リクシルの「暖蘭物語」は、ガーデンルームの中でも最高クラスの商品で、高級感にあふれた、コンサバトリー風のガーデンルームです。

・ リクシル 「暖蘭物語」

価格:1,279,600円~

出典:サンルーム.com HP

こちらは、同じリクシルでもひとつグレードを落とした商品で「ココマ」などは開放感にあふれた空間作りができ、リビングの延長として贅沢な時間を過ごすことができる商品です。

・ リクシル 「ココマ」

価格:952,800円~

出典:サンルーム.com HP

また、「ココマ」と同じくらいのグレードで、フルオープンとフルクローズ両方で楽しむことができて、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができるのが「ジーマ」です。

・ リクシル 「ジーマ」

価格:997,700円~

ガーデンルームは固定資産税の対象になる?

固定資産税の課税対象になるかどうかは、「風雨がしのげるような作りになっているかどうか」によるので、サンルームは確実に課税対象になるのですが、ガーデンルームは微妙なところです。

そして、お住まいの市区町村によって異なる場合もあるので、ガーデンルームを設置することに決めたら、役所の担当課を訪ねて、相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

ガーデンルームの後付けリフォームの費用や工事期間は?事例も

ガーデンルームの後付けは、目的をしっかり確認しておかないと、せっかくリフォームしても、後から「失敗してしまった…」と後悔してしまうことも少なくないのでしたね。

ただ、目的に合っていたとしても、DIYでは後々トラブルの原因になることが多いので、できるだけリフォーム業者へ依頼するようにしましょう。

そんなガーデンルームの後付けリフォームにかかる費用ですが、ウッドデッキ剤によるものなのか、コンクリートの上にモザイクタイルで仕上げたものなど、デザインや素材によって価格は変動します。

そして、ウッドデッキの場合の価格の相場は約18万円~51万円、タイルの場合は、シンプルなデザインの場合には約15万円~26万円、それから、ガーデンルーム自体の設置については、商品やサイズによっても異なりますが、約20万円~100万円が相場です。

ちなみに、実際にガーデンルームを後付けリフォームした事例には、こんなに素敵な事例もあります。

・ 事例1

施工費250万円~

出典:ガーデンプラスHP

・ 事例2

施工費100~150万円

出典:ガーデンプラスHP

スポンサーリンク

ガーデンルームの後付けリフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、ガーデンルームとは何か、その特徴やデメリット、後付けリフォームの際のデメリット、おすすめの商品の価格などについてチェックしましたね。

そして、ガーデンルームは失敗例も多いことや、後のトラブルを回避するためにもDIYを行なわない方が良いので、ガーデンルームの後付けリフォームを考えている方は、まず施工実績が豊富なプロの業者に複数依頼して相見積りを取ると良いでしょう

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。


というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、ガーデンルームの後付けリフォームを検討しているなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!