サンルーム

サンルームの窓の種類やリフォーム事例!洗濯物は窓を開ける方が乾く?

Pocket

サンルームと言っても、オープン機能があるものや断熱性に優れたもの、窓つきで風を取り込みやすいものなど色々ありますよね。

なので、サンルームの窓の種類やガラス窓の掃除、除湿器、カーテンなどの目隠し、また、洗濯物は窓を開ける方が乾くのかどうか、などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、サンルームで窓つきにした時のリフォーム費用や工事期間、事例、また、DIYする注意点などについても気になりますよね。

そこで今回は、サンルームの窓の種類やリフォーム事例、また、洗濯物は窓を開ける方が乾くかどうか、などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

サンルームの窓の種類は?洗濯物は窓を開ける方が乾くの?

出典:YKKAP HP

サンルームは気密性が高いことが特徴で、台風などの強い雨風でも隙間から水が入ってくる可能性が低く、特に洗濯物干し場として利用することが多いですよね。

例えば、

・ 外出中の急な雨で洗濯物が濡れてしまう

・ 花粉やPM2.5が気になって、外に干したくない

・ 部屋干しだと、室内がジメジメする

・ 室内に干すスペースがない

・ 除湿器があるけど、つけると暑くなる

といった様々な悩みや不満を解消してくれます。

また、そんな悩みを解消してくれる上に、サンルームの特徴である採光性に加えて、風通しを良くすることで洗濯物は乾きやすくなり、サンルームに窓を取り付けることで洗濯物の乾き具合や、臭いを付けずに、カラッと気持ちよく乾かすのにも最適です。

ちなみに、窓つきのサンルームの商品としてオススメの種類が、簡易的なサンルームでテラス囲いの「サニージュ」というリクシルの商品です。

出典:LIXIL HP

こちらは多種多様な物干しオプション、風を取り込みやすい窓など、洗濯物干し場としての機能が充実しています。

ほかにも、YKKAPの「サンフィールⅢ」なら、窓の種類も次のとおりデザインが豊富となっていてオススメです。

出典:YKKAP HP

この「サンフィールⅢ」は、正面部分と側面部分の窓を選ぶことができますし、さらに細かい分類だと、

・ テラス窓

・ 引き戸

・ FIX窓

・ 高窓

・ ドア

・ ルーバー窓

・ 折りたたみ戸

など、色々な窓の種類があります。

ちなみに、この中でもルーバー窓は、風通しの調整がしやすく、密室で洗濯物干しをした場合の臭いが気になる方には、特にオススメです。

また、折りたたみ戸は大きな開口が取れるので、開放感もあり、人気の高いデザインとなっています。

ただ、サンルームに窓ガラスがあると、汚れが目立ちやすく、放っておくとすぐにホコリやゴミが付着して、みすぼらしくなってしまうので、定期的な掃除は欠かせないので注意してください。

ちなみに、そんなサンルームの窓ガラスの掃除をするときは、マジックリンなどを3回ほどバケツにスプレーして使うと効果的で、さらに乾拭き掃除をすることで、キレイに仕上がります。

また、外からの視線が気になることが多く、サンルームの窓には目隠しとしてカーテンや遮光タイプのすだれを取り付ける人も多いので、リフォームの際の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

窓付きのサンルームにリフォームする場合の費用や事例は?

サンルームの窓は、「FIX窓」や「ルーバー窓」など、専門性の高い商品が多く、これらは専門的な知識を持った業者でないと取り付けが難しいです。

そのため、リフォーム費用を抑えようとして、商品のみを単品で購入し、DIYで取り付けようとすると、逆に失敗してしまい、後からさらにリフォーム費用が追加でかかってしまうということになりかねません。

そこで、サンルームで窓が付いているものが良ければ、前述で紹介したようなYKKAPの「サンフィールⅢ」などの商品をプロの業者に依頼して設置することをオススメします。

また、サンルームの中でもYKKAPの「サンフィールⅢ」や「サニージュ」といった商品は、比較的安くで、商品価格も30万~50万が相場の目安で、取り付け費用は15万~30万円程度なので、安めにできれば100万円以下でプロの業者による安全なリフォームも可能です。

出典:ガーデンプラスHP

具体的な事例としては、こちらの「サンフィールⅢ」で掃き出し窓を選んだタイプですね。

また、こうしたリフォームの工期は、設置場所の元々の状態によって異なり、もとが別のサンルームだったり、ベランダだったりする場合は、撤去費用も異なりますが、工期はだいたい1~2ヶ月程度で済みます。

スポンサーリンク

サンルームで窓付きのタイプにリフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、サンルームで窓の種類やそれぞれの特徴、掃除の仕方などについて紹介しましたが、風通しを調整できるなど洗濯物を乾かすにもオススメということでした。

ただ、リフォーム商品だけ購入した人がDIYを失敗して、さらに費用がかかってしまうこともあるので、専門の業者に依頼してリフォームした方が良いのでしたね。

そこで、プロの施工業者に依頼をした方が良いのですが、そのためにはまず、業者へ依頼して見積りをとる必要があります。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者います。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、窓付きタイプのサンルームにリフォームを検討しているなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!