ドア

リビングドアの交換費用や引き戸と開き戸の比較や注意点!事例も

Pocket

長く住んで使っているうちに、どうしてもリビングのドアなど頻繁に使う部分のドアは経年劣化が起こりやすいですよね。

なので、リビングドアの交換で引き戸や開き戸の比較や、また、それぞれのメリットとデメリットなどについても知りたいのでないでしょうか。

それから、リビングドアのリフォーム費用や事例、工事期間、また、注意点などについても気になりますよね。

そこで今回は、リビングドアの交換費用や引き戸と開き戸の比較や注意点、また、事例などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

リビングドアの交換費用や引き戸と開き戸の比較!

リビングのドアは毎日開け閉めされているので、経年劣化が起きやすく、一定期間でリフォームをした方が良いでしょう。

ちなみに、リビングドアのリフォームをするときには、

・ドアのみを交換する

・ドア枠とドアを交換する

・ドアの開き方から変える

といった方法が一般的なので、まずは部屋や設置場所別に、開き戸と引き戸の比較をしていきましょう。

・ 開き戸

開き戸は引き戸に比べて遮断性、気密性が高いのが特徴で、室内ドアで最も多く使われており、リビングを含めて場所は特に選びません。

ちなみに、ガラスを取り入れると、解放感が出るので、リビングと廊下の間など、圧迫感を出したくないところには特にオススメです。

一方、デメリットは、扉の大きさの分だけ室内や廊下に開け閉めのスペースが必要になることです。

また、開いた時の扉の裏など、電源スイッチの位置次第では生活しにくくなる可能性も考えられますね。

・ 引き戸

引き戸のメリットは開いた状態で邪魔にならないという点と、開け閉めに際して前後の移動がないので、車椅子でも通りやすく、バリアフリーに適しています。

ちなみに、開き戸と違って前後に開閉のスペースも不要なのですが、遮断性や気密性は比較的低いので、トイレなど大きな空間を可変的に区切るような場合に向いており、リビングには余りオススメではありません。

また、引き戸には下レールと上吊りタイプもありますが、上吊りはレールがないため床をよりフラットにできる代わりに、気密性がさらに低くなってしまうので、部屋と部屋の仕切りなどに一時的に使う方が向いています。

このように、最もオーソドックスな下レールタイプのスライドドアタイプなら、リビングドアとしても良いですね。

その他、引き分け戸といって、2枚扉を両側にスライドさせて開けるタイプもありますが、これらのタイプは廊下などであればあまり問題ないですが、部屋側にレールを持ってくる場合、壁側に収納スペースが必要になるのがデメリットです。

また、引き違い戸といって、扉の設置スペースを2枚分とって、扉も2枚設置した、左右両方から引き開けられるタイプもあり、このスペースで開閉が完結するのでドアの両側の壁が使えますが、その分材料費が高くなるというデメリットがあります。

このように、リビングドアで開き戸が良いか、引き戸が良いのかというのは、それぞれにメリット・デメリットがあるので、家の間取りや予算に応じて選ぶと良いですが、一般的にはより気密性の高い開き戸の方がオススメです。

ちなみに、これによって冷暖房効率を良くし、無駄な電気代がかかるのを防ぐことができます。

スポンサーリンク

リビングドアの交換リフォーム費用、工事期間と事例!注意点も

リビングドアの交換リフォームにかかる費用は、商品によって異なります。

・ 高機能で断熱性が高いドアの場合

商品価格が約10万~20万円で、取り付け工事の費用の相場が約5万~7万円なので、合計で約15万~27万円が相場の目安です。

また、引き戸から開き戸へリフォームする場合は、サッシの撤去が必要になるので、工賃にプラス約1万~2万円上乗せさせられることも一般的です。

・ ガラスの扉へと交換リフォームする場合

解放感のあるガラスの扉へとリフォームする場合は、商品価格の相場が3万~6万円程度で、工賃が2~3万円程度ですが、強化ガラスだと一般的なものよりも比較的価格が高くなります。

一方で、リビングのドアの傷やへこみはパテで埋めて塗装、またはシートを張る方法で修理ができ、修理費用は塗装の場合で約2万~4万円、シートを張る場合で約4万~6万円くらいするので、あまりにも大きい傷やへこみの場合は、思い切ってリフォームしてしまっても出費はそれほど変わらないのではないでしょうか。

出典:ホームプロHP

こちらは実際にリビングドアを交換リフォームしたお宅の事例ですが、価格は24万円で、工期は1日で完了していて、既存のドア枠を活かしつつ、ドア交換とドア枠の塗装をしています。

スポンサーリンク

リビングドアを交換リフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、リビングドアを交換リフォームする場合、リビングドアのタイプで開き戸と引き戸のメリットとデメリット、注意する点、また、費用や工期の相場などについてもお伝えしましたね。

こうしたリビングドアを交換リフォームする場合は、住宅構造によっては間取り変更が難しい場合もありますし、可能だとしても、素人判断でできる作業ではありません。

なので、リビングドアの交換リフォームをするには、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、リビングドアの交換リフォームをするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!