二重サッシの結露や防音効果!リフォーム費用や補助金・助成金についても

Pocket

二重サッシというと、北海道や東北など特別寒い地域で使われている窓サッシのイメージですが、近年では防音効果や省エネを目的に様々な地域で活用されています。

なので、二重サッシとは何か、ペアガラスとの違いや、その結露や内部結露、防音や防犯への効果、価格や値段、補助金などの助成金、また、DIYする時の注意点でマンションなどについても知りたいのではないでしょうか。

それから、二重サッシへのリフォーム費用も気になりますよね。

そこで今回は、二重サッシの結露や防音効果、また、リフォーム費用や補助金・助成金などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

二重サッシとは?結露や防音効果!

二重サッシとは、既存の窓の内側にもう一枚、内窓を取り付けることで、窓を二重にしたものを指し、「二重窓」と呼ばれることもあります。

一方「ペアガラス」という商品もありますが、ペアガラスは2枚の窓ガラスと中間の空気層によって構成された複層ガラスのことで、二重サッシは窓枠のこと、ペアガラスはガラスそのもののことなので、全くの別物です。

ちなみに、二重サッシにすることで得られる効果は、なんといっても「気密性が上がること」が挙げられます。

これによって断熱効果が上がり、暖房器具を使用する際、少ないエネルギーで快適な室温を保つことができ、省エネや節約、エコに繋がります。

また、冬場の窓には結露も発生しやすく、カビが発生すると、住宅への影響も考えられますが、これも二重サッシにすることで防ぐことが可能です。

ちなみに、「結露」とは外の気温が下がって窓ガラスが冷たくなると、その冷えたガラスが室内の温かい空気に触れることで、空気中の水蒸気が水に変化し、結露が発生するのですが、二重サッシは魔法瓶に似ているので、窓を二重構造にすることで内窓が冷気を遮断して、室内の暖かい空気を外に逃さないようにしてくれるので結露の発生を抑制できるんですね。

そんな二重サッシは、ガラスの種類も豊富なので、防犯対策や遮熱に対応したガラスを選ぶこともでき、窓の気密性がアップすると防音効果にも繋がるので、外部の音が気になる方にもオススメです。

二重サッシのデメリットは?

二重サッシの価格自体は、相場が7万円~10万円と、それほど高いわけではないのですが、既存の窓を二重窓にリフォームするには、サッシ枠の他にも、ガラスの費用がかかり、それぞれの種類によって価格が変わります。

また、通常なら一度で済む窓の開閉を、二重サッシの場合は二度行うことになるので、窓の開閉が面倒になるということも挙げられます

一方で「室内に圧迫感が出ないか?」と心配する方が多いのですが、これについては圧迫感を感じさせないサッシの色やデザインを選べば、それほど問題にはなりません。

二重サッシに使う窓ガラスの種類

出典:窓の防音.COM HP

二重サッシは使用するガラスをどれにするかによって効果を発揮するので、目的に合った選び方をするようにしましょう。

・遮熱高断熱複層ガラス

室外側のガラスに特殊な金属膜をコーティングしたガラスで、これによって夏の強い日差しを約60%カットでき、夏場は冷房効果がアップするので省エネ効果もあります。

また、紫外線をカットする効果もあるので、家具やラグなどの日焼けによる色あせも防げますね。

・高断熱複層ガラス

室内側のガラスに特殊な金属膜をコーティングしたガラスで、太陽の熱を取り込み、室内の熱を逃さないので、暖房効果が上がり、特に暖房の使用頻度が高い寒い地域では省エネ効果が期待できます。

・複層ガラス(ペアガラス)

二重サッシに複層ガラス(ペアガラス)を使うと、断熱効果がさらに上がり、室内側のガラス面が冷えにくくなるため、結露の発生を抑制することができます。

・真空ガラス

2枚のガラスの間に0.2mmの空間が真空になっていることと、特殊な金属膜のコーティングによってガラスの厚みが薄くても高い断熱効果が期待できます。

ちなみに、ガラスの厚さはシングルガラスと同じなのに、断熱効果は約4倍なので、結露防止効果も期待できますね。

・防音合わせガラス

2枚のガラスの間に音の振動を吸収する特殊な中間膜を挟んだガラスで、音の振動を熱に変えることで、音域全体を遮断することができます。

また、防音サッシと合わせて使用することで、防音効果もアップします。

スポンサーリンク

二重サッシへのリフォーム費用!補助金や助成金とDIYの注意点も

二重サッシへリフォームする場合の費用は、概ね50万円以下で済むことが多く、平均的には15万~40万円が相場の目安です。

そして、こうしたリフォーム費用を抑えるために、DIYで二重サッシを設置したいと考える方が多いのですが、実際に作業するにはメジャーや定規、ノコギリ、カッター、テープ、ヤスリ、ペン、ねじ、ドライバー、ボンドといったようにたくさん用意するものが必要になります。

しかも、窓の採寸を行い、窓のサイズに合わせてガラス戸レールを設置し、ボンドで接着し、枠を作り、プラダンなどで加工する…など、多くの作業工程が必要ですし、正確さが求められます。

なので、素人のスキルでは、仕上がりにも不安が残りますし、窓の位置によっては、2階やそれ以上の階の場合もあり、足場が必要になるし、素人には危険すぎる作業も発生します。

そんな中、リフォーム会社に頼めば、ササッと簡単に取り付けられて安心ですし、H29年度から断熱リノベーションを対象にした助成金制度が開始していて、窓改修工事費のなんと1/3は補助金でまかなえることもあるので助かりますよね。

なので、なるべく素人のDIYは避けて、プロの業者に依頼することをオススメします。

ただし、マンションや賃貸の場合は、そもそも住宅の規約で二重サッシなどへのリフォームができない場合もあるので、事前に必ずオーナーさんに確認するようにしましょうね。

スポンサーリンク

二重サッシにリフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、二重サッシについて、その定義は何か、ペアガラスとの違いや、断熱や結露防止効果、防音や防犯性もガラスの種類によっては効果を高めることができることについてお伝えし、ガラスの種類やリフォーム費用、補助金で一部を賄えることなどについてお伝えしましたね。

なので、こうした二重サッシにリフォームするなら、信頼できる施工実績を持った評判の良いプロの業者に依頼できると安心ですよね。

なので、二重サッシにリフォームするなら、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、二重サッシにリフォームをするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!