ドア

室内ドア交換の費用の相場やDIYと業者委託の長所と短所比較!枠はそのままで良い?

Pocket

室内ドアは、毎日開閉するところなので、どうしても劣化が早いですし、安全に使うためにも適宜交換が必要になりますよね。

なので、室内ドアの交換で、費用の相場や価格と料金、交換方法としてホームセンターで購入したものをDIYで行う注意点、枠はそのままで良いのかなど疑問点、また、業者委託とDIYの比較などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、室内ドアの交換のリフォーム事例やリフォーム期間、また、マンションの場合にはどうなるかといった疑問などについても気になりますよね。

そこで今回は、室内ドア交換の費用の相場やDIYと業者委託の長所と短所の比較、また、枠はそのままで良いかといった疑問などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

室内ドアの交換の相場はどれくらい?DIYと業者委託の長所と短所を比較!

出典:リフォマHP

室内ドアの一般的な取り付け、交換、修理の費用は、3万円~25万円程度が相場の目安で、これには施工費用や機器類の撤去処分費用なども含まれています。

ちなみに、ドアの取り付け、交換、修理では、ドアの状態によって次のようにいくつか方法があります。

・ ドア部品交換

開き戸の場合は、丁番やドアノブなどを交換し、これによって取り付け部分が緩んでいたところなどは元の状態に戻すことができ、部品を交換するだけなので安いし作業を短時間で終わらせることができます。

・ カバー工法によるドア交換

元の外枠の上から新しい外枠を被せることで、外枠の廃材を減らし、クロスの張り替えもする必要がないリフォームで、これによって見た目も変わるのでドア周りの雰囲気を安価にリニューアルできます。

ちなみに、最近のドア交換では、このカバー工法での交換が主流です。

・ 外枠とドアの交換

地震などで外枠がゆがんでしまったら、枠はそのままでは良くないので、外枠ごとの交換になり、廃材の量も多くクロスの張り替えなども必要になるので、コストがかかるリフォームになります。

ですが、その分どうせコストがかかるなら、開き戸を引き戸に替えるなど、大きなリフォームをするのもオススメですし、工期は短い場合で30分、長くても1日で完了します。

室内ドア交換で業者とDIYの長所と短所のまとめ

室内ドア交換は、業者に頼んだ方が良いのですが、「DIYをして、自分でやってしまおう!」という方も少なくありません。

そこで、長所と短所をまとめてみました。

まず、室内ドアは、開けたときの廊下との兼ね合いが実はとても大切で、ホームセンターで買ってきたドアを規格サイズのまま設置してしまうと、非常に使いづらくなる場合があります。

そんな中、業者に依頼すると採寸してからオーダーメイドで調整してくれるところがほとんどなので、細やかな調整がきいて、使いやすいドアにすることができるのです。

それにドア商品だけをネットやホームセンターで見ると、なんとなく商品の雰囲気で選んでしまいますが、実際に取り付けを行うと、雰囲気が全然合わなくてガッカリ…ということになりかねませんが、業者に依頼すれば実際にシミュレーションをしてから取り付けられるので、失敗しにくいですよね。

一方、室内ドアは一枚1万円程度の価格で、ホームセンターなどで販売されているので、腕に自信がある方なら、DIYで設置する方が安く済みますし、自分都合で施工が行えるので、業者の施工のために部屋が一時的に使えないといったこともありません。

でも、ドアを交換した場合は、古いドアの廃材を処理するための手間と費用がかかり、結局業者に頼んだ方が安く済んだということもあるので、総合していえば、業者に頼んだ方が無難ですね。

ちなみに、マンションの室内ドアの場合については、次の記事も合わせてチェックしてくださいね。

(関連記事:マンションの室内ドア交換の費用!修理やDIYリフォームの欠点も

スポンサーリンク

室内ドア交換でリフォーム事例は?

実際に室内ドア交換で、業者に頼んだリフォームの事例をご紹介します。

・ 事例1

出典:岩清水HP

昔ながらの建具だった室内ドアを、1階、2階合わせて全部で6室分を一気に交換した事例で、新しくぬくもりのある雰囲気のドアに変わって良いリフォームですよね。

・ 事例2

出典:「ドア・窓」リフォーム専科HP

こちらは開き戸だったところを引き戸にして、デッドスペースをなくすことができた事例で、ドア本体も取り外すだけなので1時間弱で済んでいます。

スポンサーリンク

室内ドアを交換リフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、室内ドアの交換リフォームについて、交換方法の種類や、業者とDIYの場合のメリットとデメリットについてまとめ、総合的に見ると業者に依頼する方が良いのでしたね。

ただし、こうした室内ドアの交換リフォームをするなら、信頼できる施工実績を持った評判の良いプロの業者に依頼できると安心ですよね。

なので、室内ドアの交換リフォームをするなら、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、室内ドアの交換リフォームをするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!