外壁

ALC外壁の厚みやデメリットと耐用年数!デザインパネルの種類やリフォーム費用と事例も

Pocket

新築やリフォームで家の外壁をALCで検討する方は多いですよね。

なので、ALC外壁のデザインパネルの種類、サイズや重量、厚みや耐火性、雨漏りや劣化、耐用年数などのデメリットとメンテナンスの頻度、価格や仕上げなどのポイント、また、商品を出しているメーカーなどについても知りたいのではないでしょうか。

それから、ALC外壁のリフォーム費用や事例、また、工事期間などついても気になりますよね。

そこで今回は、ALC外壁の厚みやデメリットと耐用年数、また、デザインパネルの種類やリフォーム費用と事例などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ALC外壁のデザインパネルの種類や厚みは?デメリットと耐用年数についても

ALC外壁とは、軽量気泡コンクリートと呼ばれるコンクリートの一種で、コンクリートと聞くと硬くて重いイメージを持つ人が多いと思いますが、ALCは内部に気泡の穴が開いており、水に浸すと浮くほど軽量な素材で、一般的に通常のコンクリートの1/4の重量しかありません。

ちなみに、この気泡に包まれた空気が層を作り、熱の伝わり方を抑制し、夏の暑さや冬の寒さから室内を一定の温度に保つ断熱効果が期待できますし、耐久性も高いため、建築物の構造材料として戸建住宅から高層ビルまで、外壁、屋根、床用など様々な用途で使用されています。

出典:リフォームジャーナルHP

こうした外壁の材質には、ALC以外にも窯業サイディングなどがメジャーですが、比べてみると、このように、

・軽量であること

・メンテナンスの周期が長いこと

・厚みがあるので断熱性に優れている

・耐火性で安全性を向上している

などの点が優れていることがわかりますよね。

ただ、販売されているメーカーとしては住友金属鉱山シポレックス、旭化成、株式会社クリオンの3社がメインになり、サイディングに比べると少ないことから、カラーのバリエーションの選択肢が限られることがデメリットとして挙げられます。

ちなみに、こちらは旭化成のALC外壁のデザインパネルで、デザイン自体はストライプ・タイル・レンガなど、縦と横のラインを組み合わせたベーシックなデザイン加工をパネル表面に施しており、意匠性が高い商品も多くていいですよね。

出典:旭化成HP

一方で、次のようなこともデメリットと言えるでしょう。

・吸水性が高い

主成分がセメントなので、吸水性が非常に高く、外壁表面を守る塗膜が劣化してしまうと、ALC内部の気泡に水が侵入し、雨漏りが起きたり、冬場の寒さによって内部の水が凍結し、凍結により水が誇張しひび割れが発生する、といったことが起きやすいです。

これによって建物自体の耐久性を劣化させるのですが、対処法としては塗装によるメンテナンスを施して、外壁表面を保護するしかなく、塗装材に依存するということがわかりますね。

そのため、塗装をする際には防水性の高い「DANシリコンセラR」などの塗料を選択し、外壁表面を自ら保護することが大切です。

・他の外壁材に比べると高価

ALC外壁は他の外壁材と比較すると、新築時の平米あたりの単価が高額ですが、ALCは外壁材の中でも機能性が総合的に高いため、値段に見合った機能になっています。

スポンサーリンク

ALC外壁にリフォームする時の費用や事例は?

出典:ホームプロHP

こちらは実際に、ALC外壁に塗り替えリフォームした事例で、築30年だったので防水対策をしっかり行い、シーリングなど入念に作業を行って外壁を復活させています。

これによって工期は2週間、工事費は130万円でしたが、リフォーム費用自体はサイディングなどとそれほど変わりはありません。

ちなみに、方法としては塗装か重ね張り、張替えなどで行いますが、劣化が軽微であれば外壁塗装で十分補修が可能で、安価な塗料を使用した場合、30坪のお宅で40万~70万円、高機能な光触媒塗料で90万~140万円が相場の目安です。

また、新しいサイディングの重ね貼りなら、費用は延床面積120m2で150万円~、張替えなら延床面積120m2で200万円~が目安になります。

スポンサーリンク

外壁でALCにリフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、外壁のリフォームでALCの特徴や耐用年数、耐火性や耐久性などのメリットに合わせて、価格や防水性の弱さなどのデメリットについて紹介し、リフォーム事例も紹介しましたね。

ただし、外壁をALCにリフォームをするなら、まずは施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、外壁をALCにリフォームをするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!