リビング

リビングと和室の続き間リフォームでレイアウトのコツや費用や事例!エアコンの注意点も

Pocket

解放感溢れるリビングにするためにも、リビングの端にある和室との続き間リフォームを行う方が増えていますよね。

なので、リビングと和室の続き間リフォームでレイアウトのコツや、一体化させる際にソファやテレビ、エアコンなどを置くときの注意点と間取り、また、一体化するデメリットなどについても知りたいのではないでしょうか。

それから、リビングと和室の続きの間リフォームの費用や事例、工事期間、また、感想や体験談などについても気になりますよね。

そこで今回は、リビングと和室の続き間リフォームでレイアウトのコツや費用と事例、また、エアコンの注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

リビングと和室の続き間リフォームでレイアウトのコツや費用!エアコンの注意点も

広いリビングというのはリフォームでも人気テーマの一つで、特にマンションではリビングに隣接した配置となっている和室を洋室化し、さらに取り込む形でリビングへ改築する要望が増えています。

ただし、こうしたリビングと和室の続き間リフォームは、一言でいっても広さや配置など様々な仕様があるので、レイアウトのコツなどをチェックしていきましょう。

リビングと和室の続き間リフォーム

・リフォームモデル「3LDK」

出典:山商リフォームサービスHP

こちらは和室6畳、リビングダイニング10畳、キッチンなどをメインとした一般的な3LDKの間取り図です。

この中で、和室とリビングを一体化するリフォームをするとなると、最低限の価格で行う場合、次のような工事が考えられます。

プラン1

1、 壁の工事

費用の目安:3万~4万円

まず、和室とリビングを仕切っている壁と建具を撤去しますが、壁の撤去後は床・壁・天井の補修工事が必要となります。

また、間仕切り壁の撤去によって一緒に破れる壁や天井のクロスの張り替えも行う必要がありますね。

2、 床の工事

費用の目安:20万~22万円

次に和室の畳を撤去して、フローリングを張る場合、リビングはもともとフローリングであればそのままにして、和室のみ新しくフローリングを張ることが多いです。

ちなみに、この場合は畳の厚みとフローリングの厚みが違うので、リビング側のフローリングの高さに合わせてレベル調整を行う地木工事が発生し、和室とリビングの境となる新旧フローリングのつなぎ部分には、見切り材を設置して仕上がり後の見た目としては床を二つに分けている感じになります。

3、 天井の工事

費用の目安:4万~5万円

和室の天井は、一般的に木目のラミネート天井を使用している場合が多く、解体して作り替えるとその分費用がかかるので、安く仕上げるなら3mm~4mmのベニヤを直貼りし、パテ処理を行った上でクロスで仕上げる方法などがあります。

ただし、和室の方が一般的に天井高が低く仕上がっているので、リビングとの天井段差を解消する場合は、また新たな工事が発生します。

4、 その他工事

費用の目安:10万~12万円

最後に、リビングと和室を続き間にしても、時折は来客用の寝室にしたり、子供の遊び場にするなど、閉じられた空間にしたい場合には開閉が自由な間仕切りを作っておいた方が良いでしょう。

これについては、個別の記事で紹介していますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

(関連記事:リビングと和室の仕切りリフォームの費用や評判!ロールスクリーンのデメリットも)

以上の方法であれば40万円程度のリフォームになりますね。

一方で、違和感のない程度にリビングとの一体感を保ちたい場合は、次のようなプランもあります。

プラン2

1、 壁の工事

壁のクロスは、旧和室とリビングの全てを張り替える(18万~22万円)

2、 床の工事

上記プランと同様の方法(20万~22万円)

3、 天井のクロス

旧和室とリビングの全てを張り替える(6万~8万円)

4、 その他

工事上記プランに加えて、押入をクローゼットに改築(16万~18万円)

この場合、60万~70万円のリフォーム費用になります。

さらに、ある程度予算をかけても統一感のある仕上がりにしたい、という場合は次のようなプランもオススメです。

プラン3

1、 壁の工事

壁のクロスを旧和室とリビングの全てを張り替える(18万~22万円)

2、 床の工事

和室だけでなくリビングのフローリングも張り替えて、ひと続きの床にする(38万~42万円)

3、 天井の工事

和室の天井を解体して、リビングの天井と同じ高さに合わせる(12万~16万円)

4、 その他

工事の上記プランに加えて、障子の枠や敷居も洋風の窓枠に変更(17万~20万円)

以上を合計すると、85万~100万円くらいのリフォーム費用になります。

リビングと和室の続き間リフォームの事例

それでは、実際にリビングと和室の続き間リフォームを行った方の事例をチェックしてみましょう。

・ 事例1

出典:山商リフォームサービスHP

こちらはリビング8畳+和室8畳の間取りで、和室には押入れがなく、リビングはフローリングでなくカーペットだった事例です。

出典:山商リフォームサービスHP

ちなみに、和室・リビングともにフローリング工事をした結果、床面工事に29.5万円、天井面工事に7.5万円、壁面工事に13万円、その他工事に4万円かかり、合計54万円でした。

・ 事例2

出典:山商リフォームサービスHP

こちらはリビング12畳+和室6畳で、先程のプランだと「プラン3」の「ある程度予算をかけても統一感のある仕上がりにしたい」で行った事例です。

ちなみに、和室側だけでなくリビング側の窓枠や巾木(はばき)なども交換して統一感を重視し、さらに和室の天井は一度解体してリビングと同じ高さに揃えたので、広く一体感のあるリビングダイニングになりました。

また、押し入れとその隣の収納の一つは3枚引き戸で利用できるクローゼットへと改築し、床面工事に45.5万円、天井面工事に17万円、壁面工事に19.7万円、その他工事に24.8万円かかり、合計で107万円のリフォーム費用でした。

エアコンなどの注意点

リビングと和室の続き間リフォームをする際に、エアコンなども新調して設置する方が多いと思いますが、エアコンは配置する位置に注意が必要です。

出典:住まいの水先案内人HP

エアコンを配置する時に忘れてはいけないのは「風はまっすぐにしか進まない」という点です。

上記はリビングダイニングを中心として独立型のキッチンがあり、和室が隣接している間取りの事例ですが、Bにエアコンを設置してしまうと和室の方までエアコンの風を行き届かせることはできないですが、Aであればゆっくりとですが和室まで十分に風が届きます。

そして、テレビも同じことで、Bの位置に置くと限られたスペースからしか見ることができませんが、Aの位置に設置すれば横に広くなったリビングで遠くからでもテレビを視聴することができるようになり便利です。

出典:マンションサプリHP

また、和室の床をフローリングにせずに続き間リフォームにした場合、ソファーはどう配置するか迷ってしまいますが、こうして画像をチェックしてみると、古家具などを活用することで、畳との調和も良い感じに仕上がることも多いので、モダンとクラシカルを調和した和室を目指して、レイアウトしてみてくださいね!

スポンサーリンク

リビングと和室の続き間リフォームでの体験談!

次に、実際にリビングと和室の続き間リフォームをした方の事例をチェックしてみました。

・ 事例1

出典:ホームプロHP

こちらはマンションで引き戸を間に取り付け、広々としたリビングにリフォームした事例で、工期は1ヶ月、費用は85万円でした。

・ 事例2

出典:ホームプロHP

こちらも和室との続き間リフォームの事例で、畳の厚さを解消してフローリングにしたことでバリアフリーになり、間を引き込み引き戸にしたことで、普段はオープンな広々とした空間として使用できるようになりました。

ちなみに、こちらは2ヶ月の工期で費用は85万円でした。

さらに、体験談つきのリフォーム事例をチェックしていきましょう。

・ 温かみのある居心地の良い和室に

こちらは一戸建てのリビングを続き間リフォームした事例の体験談です。

半帖畳の廻りに無垢の縁甲板を貼り、モダンな雰囲気の和室になりました。

足元から柔らかく自然光が差し込み、空間に広がりを与えています。

温かみのある配色でリビングと調和する居心地のいい空間に仕上げました。

出典:価格.com HP

こちらは、費用は82万円で、和室のみをリフォームした事例ですが、モダンな雰囲気になって一気に明るい部屋になっていますよね。

スポンサーリンク

リビングと和室の続き間リフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、リビングと和室の続き間リフォームについて、リフォームのプランや工事方法と費用、エアコンなどをレイアウトするときのコツや実際のリフォーム事例と体験談も紹介しましたね。

ただし、こうしたリビングと和室の続き間リフォームをする場合は、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、リビングと和室の続き間リフォームをするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!