屋根裏

平屋の屋根裏の間取りのコツと収納や子供部屋の注意点!費用の目安も

Pocket

平屋にゆとりをもたらす屋根裏部屋のリフォームが最近、人気です。

なので、平屋の屋根裏の間取りのコツや子供部屋としての利用、収納用スペース、階段の付け方、2階建てとの比較、換気などの注意点について知りたいのではないでしょうか。

それから、平屋の屋根裏部屋のリフォームで費用などの目安も気になりますよね。

そこで今回は、平屋の屋根裏の間取りのコツと収納や子供部屋の注意点、また、費用の目安などについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

平屋の屋根裏の間取りのコツなどは?注意点なども

近年では、お子様が独立されて広い部屋が必要なくなったシニア世代が、建て替えや住み替えの際に平屋を検討されるケースが多いようです。

ちなみに、平屋の一番のメリットは生活をワンフロアで完結できる点で、2階建てと違って階段の昇り降りが不要になりますし、転落や転倒の危険も減らすことができますし、どの空間も屋外に面しているため窓を設けやすく、風や光を採り入れやすいのです。

このようにメリットの多い平屋の住まいですが、必要な床面積を確保するためにはかなり広い敷地が必要になるので、それが難しい場合に、平屋のメリットを活かしつつ、ゆとりのある空間を生み出す方法として「屋根裏部屋」を設ける間取りが人気です。

こうして、屋根裏部屋を居室として利用すれば、プラスαの空間として趣味の部屋や客間スペース、また、生活時間帯が異なる成人したお子様の部屋などにも利用できます。

そして、このとき、屋根の匂配は急なものにすれば、屋根裏部屋の天井が必然的に高くなるので、居室として問題なく活用できる空間を作ることができるのでオススメです。

さらに、快適な屋根裏部屋を作るためには、夏場に太陽光を受けた屋根の熱が直接伝わり、蒸しかえるように暑くなることを考慮して、屋根部分できちんと断熱し、日射熱を緩和することも大切です。

それから、窓を設置して、適宜換気できるようにすることも注意しましょう。

出典:AllAbout HP

そんな屋根裏部屋のある平屋リフォームですが、三井ホームから発売されている「WESTWOOD」などは、屋根断熱構造材「ダブルシールドパネル」で、8寸の急勾配屋根でおおらかな外観とダイナミックな空間を実現しており、広々とした屋根裏部屋を確保できるのでオススメです。

出典:AllAbout HP

これなら、リビングも天高が高くなり、解放感あふれる雰囲気になって素敵ですよね。

出典:AllAbout HP

実際に平屋に屋根裏部屋をリフォームして利用している方の間取りをチェックしてみましょう。

・ 事例1

出典:長建産業HP

こちらは階段を設置して、中2階に屋根裏部屋を作り、子供部屋にした事例になります。

・ 事例2

出典:長建産業HP

こんな風に、もちろん大人の趣味のギターを展示しても良いですね。

・ 事例3

出典:たてぞうHP

普段は使わない荷物の収納部屋としても利用できるので便利です。

スポンサーリンク

平屋の屋根裏のリフォーム費用の目安は?

一般的な住宅の屋根裏は、屋内の電気配線や通信配線、構造材などを通すためにある程度の空間が設けられており、リフォームすることでロフトや居住、収納スペースとして活用しやすくなっています。

そして、階段と入り口を設置し、天井を人が歩いても大丈夫なように補強する程度の工事なら約200,000円で施工できますが、照明を設置したり、壁を整えたりする工事を行い、部屋として利用するなら約400,000円ほどが必要です。

また、断熱工事を追加で行う場合は屋根裏全体を断熱材で覆わなければならないため、追加費用として約500,000円はみておくようにしましょう。

さらに、天井裏にはもともと窓がないので、部屋や収納を作る際に換気や採光を目的として窓を設置するなら、小型の窓なら約50,000円、大きな窓なら約100,000円が相場になるようです。

ただし、建物の構造によっては窓を追加することができないこともあるので、そのような場合には換気扇を設置すると良いでしょう。

ちなみに、2階建ての住宅の場合、屋根裏のスペースを使うためには、まず天井高が1.4m以下であること、床面積がすぐ下の階の半分以下であることが法律で定められていて、それ以上になる場合は固定資産税が高くなり、平屋と違って注意点が多いです。

それから、工期は単純に人が歩いても大丈夫なようにするだけで約1週間、部屋として整えるのに約2週間ほどかかるので、余裕をもってリフォームに入ることをオススメします。

スポンサーリンク

平屋の屋根裏部屋リフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

平屋の屋根裏部屋をリフォームする際には、夏場の高温対策や、十分な換気ができるようにすることなど注意点が多いので、専門的な知識をもった業者にきちんと依頼することによって、快適な空間にできるようになります。

とはいえ、たくさんのリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者も存在するため、どこへ依頼をしたらよいかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

そこで、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

 

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社から希望に合わせて、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、いつでもどこでも依頼ができますし、そこから価格なども含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することもできるのです。

そのため、たくさんの業者に別々に相談をしたり、個々に見積りを取るときの時間や手間も省けますし、条件が合わないのに無理に契約を薦められることもなく、安心して見積りを取ることができます。

また、費用のことだけでなく、リフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っている段階の方でも判断する上で役立つサイトと言えます。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されているので、何かあった時にもリショップナビに連絡すれば安心です。

なので、平屋の屋根裏部屋のリフォームをするなら、まずは今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてみて、今考えているリフォームの適正な相場を調べたり、安心して任せられる最安値の業者を調べてみましょう!

また、リフォームをするかわからないけど、まずはどれくらいかかるか知っておきたいという方も、簡単な入力で見積りが作れるので、とりあえず見積りを作って自分の場合の大体の費用を知っておくと、リフォームを検討する際に役立ちますよ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【無料】30秒の簡単入力で最大50%オフになるお得な見積りを

今すぐチェックするならコチラ!

スポンサーリンク