サンルーム

洗濯物の目隠しの方法と利点や欠点の比較!庭や外構などの場合も

Pocket

良く晴れた日には思い切り洗濯して洗濯物を干したくなりますが、ふと洗濯物が通行人の目に触れるのが気になったことはありませんか?

特に都会では、洗濯物はしっかり目隠しした方が安心なので、カバーやカーテン、また、ネット、ラティス、ルーバー、フェンス、ハンガーなどで隠す方法や、100均で買えるおしゃれなアイテム、庭や外構などの場合についても知りたいのではないでしょうか。

それから、洗濯物の目隠しの方法でリフォームする場合の費用や期間、また、事例やDIYする際の注意点なども気になりますよね。

そこで今回は、洗濯物の目隠しの方法と利点や欠点の比較と、庭や外構などの場合についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

洗濯物の目隠しの方法は?利点や欠点の比較などについても

他人の家の洗濯物は、意識していなくても目に入ってしまうように、自分の家の洗濯物も人目に晒されているものです。

それに、空き巣は生活の様子から住んでいる人数や、家族構成を割り出しているので、その情報を与えているものの一つが洗濯物なのです。

そのため、見られたくない洗濯物は、しっかり目隠しすることがプライバシー保護のためにも重要となります。

洗濯物の目隠しの方法は?

それでは、すぐにでもトライできる洗濯物の目隠しの方法をチェックしていきましょう。

1、 フェンスに目隠し

洗濯物干し場などのベランダのフェンスは、幅が広く空いているので、洗濯物が丸見えになってしまうことから、ホームセンターや楽天などで手軽に手に入るラティスがオススメです。

そして、結束バンドなどを一緒に買えば簡単に設置ができますよ。

また、パネルやネットを張ったり、グリーンカーテンを作るなどのアイデアもいいですね。

出典:INTERIOR BOOK HP

出典:INTERIOR BOOK HP

2、 洗濯物をカバーする

雨除けのカバーを使えば、雨から洗濯物を守るだけでなく、人目からも保護することができます。

他にも、こんな感じの洗濯物カバー用のカーテンや、

撥水加工されたシェードも便利です。

3、 小さな洗濯物だけ目隠しする

このように、洗濯物の中でも一番見られたくない下着類には、ピンチハンガーに専用のカーテンをひっかけて目隠しすることもできますし、100円均一でも手に入るのですが、こんな風におしゃれな花柄もあるんですね。

スポンサーリンク

洗濯物の目隠しでリフォームする場合の費用や期間は?DIYについても

ここまで、洗濯物の目隠しについて、すぐにでもトライできるプランを紹介し、どれも安価でとりあえず対応するには良さそうでしたが、安いモノは劣化も早いですし、結局うっすら見えてしまうのではないかと心配になってしまいますよね。

その場合は、プロの業者にリフォームを依頼すると、次のような対応が可能です。

1、 スタイリッシュなルーバーで洗濯物を目隠しする

出典:住まいのオーダーメイド館403HP

こちらは、ラティスやカーテンよりも丈夫で劣化が激しくなく、かつスタイリッシュなブラウンの格子タイプのパネルです。

こちらを設置すると、しっかりとプライバシーに配慮ができるだけでなく、急な雨でも安心ですし、デザイン性も優れていてかっこいいですよね。

2、 前面パネルを設置する

たいてい、庭で洗濯物を干す場合は、上記のルーバーなどではカバーしきれてない気がする、という方も多いですよね。

出典:キロHP

そんな方にオススメなのが、YKKなどで販売されている「前面パネル」の設置です。

こちらは、1段仕様と2段仕様があるので、しっかり隠したいかどうかで選ぶことができますし、素材はポリカーボネートでできていて、軽く、強度もあります。

出典:キロHP

上記のタイプでは、少し味気ないなという方にオススメなのは、YKKのオプションの「目隠しパネル」です。

出典:キロHP

こちらは、アルミの板材なのに木目調なので、デザインもかっこよく、庭とのコーディネートを考えて設置ができます。

3、 テラス囲いを設置する

出典:エクスショップHP

多くの戸建ての住宅の場合、外構は意外と失敗しがちで、塀の高さが十分ではなかったり、ウッドデッキを作ったが、うまく活用できずデッドスペースになってしまった、といったことがありがちです。

そんな時は、ウッドデッキの部分などを活用して、思い切ってテラス囲いを設置するなどのリフォームもオススメです。

これら上記の画像は、LIXILの人気商品の中でも特に洗濯物が干しやすい「サニージュ」で、雨や花粉、PM2.5から洗濯物を守ってくれるだけでなく、これだけでも適度に目隠しになりますし、ガラス素材を工夫したり、これにカーテンを取り付けたりすると目隠しも可能です。

それに、下着泥棒などの被害にも遭いづらくなり、「防犯」という利点がありますね。

洗濯物の目隠しでリフォームする場合の費用や期間は?DIYの注意点も

洗濯物の目隠しでリフォームする場合、上記のように簡易的なルーバー設置から、本格的なテラス囲い設置までいろいろありましたが、「ルーバー」の設置程度なら工期は1日以内・費用は工事費込みで10万円以下になります。

それに対して、「前面パネル」の設置なら工期は1日~3日程度で、費用も工事込みで20万円程度になりますし、「テラス囲い」の場合は、商品価格などによりますが、先程紹介した「サニージュF型」なら、目安として30万円程度で、工期は1~3週間程度のようですね。

また、こうした本格的なリフォームとなると、費用のことが気になって、DIYで行って少しでも費用を抑えたい!と考える方が多いようですが、特にパネルの設置やテラス囲いとなると、柱の設置や屋根の設置で失敗すると、後々雨漏りなどの原因になり、決してオススメできません。

そのため、長い目で安全に使えるように、きちんとプロの業者に依頼した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

洗濯物の目隠しでリフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

洗濯物の目隠し対策としては、ネットショッピングやホームセンター、100円均一などで購入できるカーテン、ラティス、フェンスやハンガーがあるので、それぞれの使い方のポイントなどについてお伝えしましたね。

ただ、根本的な解決にならないですし、雨水などからもしっかり守ってくれるタイプにするのであれば、「ルーバー」や「前面パネル」、「テラス囲い」があり、これらは本格的な知識が必要になります。

そこで、プロの施工業者に依頼をした方が良いのですが、そのためにはまず、業者へ依頼して見積りをとる必要があります。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者います。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、洗濯物の目隠し対策のリフォーム検討しているなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!