掃き出し窓へのリフォームの価格や相場と施工例!DIYの注意点も

Pocket

「掃き出し窓」とは、窓の下が床まである背の高い引き戸のことで、バルコニーに面したリビングなどの窓として好評で、リフォームする方も増えています。

なので、掃き出し窓へのリフォームの価格や費用の相場、また、工事にかかる期間や施工例などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、掃き出し窓へのリフォームでDIYする場合の注意点も気になりますよね。

そこで今回は、掃き出し窓へのリフォームの価格や相場と施工例、また、DIYの注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

掃き出し窓へのリフォームの価格や相場は?施工例も

窓には「腰窓(こしまど)」という種類がありますが、立った状態の腰のあたりに窓台がくるため「腰高窓(こしだかまど)」とも言われています。

逆に、「腰窓」に対して、窓の底辺が床面あるいは床近くにあるものは「掃き出し窓」と言います。

ちなみに、「腰窓」はソファなど家具を置くには有利な窓になりますし、オブジェや壁の厚みなどを調節しながら、バランスをとるのにちょうど良いですね。

ただ、「掃き出し窓」の方が明るい室内になりますし、窓を思い切り開け放つことで光や風をいっぱいに感じることのできる室内になるため、リビングのバルコニーに面した部分は「掃き出し窓」にリフォームする方が増えています。

出典:「腰窓」とは?掃き出し窓と徹底比較HP

出典:「腰窓」とは?掃き出し窓と徹底比較HP

このように、洋室はもちろん、和室を掃き出し窓にしても雰囲気がピッタリあって、明るい部屋になって気持ちいいですよね。

腰高窓から掃き出し窓へのリフォームは?

「腰高窓」から「掃き出し窓」へリフォームする場合、窓のサイズ自体を変更することになるので、どうしても建物の解体の工事を行う必要があります。

具体的には、窓の下側の壁を取り除き、新しいサッシが入るだけのスペースを確保しなければなりません。

そのため、建物の材質や構造などによって工事ができない可能性や、費用が割高になる可能性があります。

また、取り除いた壁材などの廃棄にも費用がかかるので、普通にサッシや窓だけを交換する場合に比べて、やや割高になることも多いので注意しましょう。

このように、一般的な木造建築の場合、費用はだいたい30万円から40万円が相場となり、さらに、断熱性や防犯性の高い高性能なサッシやガラスを使用する場合は、部材の価格も高くなるので、さらに費用が発生する可能性があります。

ちなみに、工期の目安はだいたい1週間ほどが目安です。

それでは、実際に「掃き出し窓」へリフォームした施工例をチェックしてみましょう。

・ 施工例1

(出典:http://www.soka-tomi.nagaco.jp/reform/reform_01.html)

こちらは、「腰高窓」からのリフォーム例で、見た目の美しさはもちろんのこと、ガラス素材を工夫して、朝晩の室内の冷え込みが和らぎ、冷暖房費も安くなった施工例です。

ちなみに、近所の幹線道路から聞こえていた騒音の悩みも同時に解消されたので、「掃きだし窓」へのリフォームは、色々なメリットがあることがわかりますね。

・ 施工例2

出典:YKK ap HP

こちらは、雪国での施工例ですが、部屋の印象も明るくなり、風通しが良くなって夏は涼しく、冬は暖かくて過ごしやすくなりました。

・ 施工例3

出典:Riho HP

こちらは、出窓を「掃き出し窓」にして、ウッドデッキも一緒にリフォームしたことで、BBQなど団欒しやすい家へと改善されました。

スポンサーリンク

掃き出し窓へのリフォームでDIYする場合の注意点は?

「掃き出し窓」へのリフォームは、それなりに費用がかかるのと、工期もかかるので調整が必要になりますが、DIYでやって費用を抑えようとしても、「腰高窓」から「掃き出し窓」へのリフォームをする場合、前述したとおり壁の取り壊しなどが発生します。

そのため、通常の窓交換に比べて専門的な知識が必要になりますし、素人の仕事で取り掛かろうとすると、取り返しの付かないことになります。

なので、掃き出し窓へのリフォームをするなら、できるだけプロの業者に依頼することが最善の方法です。

掃き出し窓へリフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

「掃き出し窓」は「腰高窓」と比べると、光や風も多く取り込み、リビングのバルコニー側に設置すると気持ちの良い住居空間になるので、「腰高窓」から「掃き出し窓」にリフォームすると良いのでしたね。

そして、窓のサイズを変えることになるので、DIYでは難しいですし、廃棄するための費用や工期もそれなりにかかるのですが、窓の材質を替えることで防音や防寒の観点でもメリットが多いリフォームでした。

なので、掃き出し窓へのリフォームを考えている方は、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、あなたが掃き出し窓へのリフォームを検討しているなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!