サンルーム

サンルームの床の張り替えで床材やマットの種類!DIYの注意点も

Pocket

サンルームは毎日使うにつれて、色々なところが劣化していきますが、特に「床」はメンテナンスが必要になります。

なので、サンルームの床の張り替えで床材やタイル、フローリングが熱いときや断熱が必要なときにマットなどの敷物の種類とデメリット、面積の注意点で面積の算入、また、床の納まりなどについても知りたいのではないでしょうか。

それから、サンルームの床のリフォームで事例や費用、また、工事期間などについても気になりますよね。

そこで今回は、サンルームの床の張り替えで床材やマットの種類、DIYの注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

サンルームの床の張り替えで床材やマットの種類は?DIYの注意点も

サンルームの床は使うにつれて、ささくれたり、日当りが良過ぎてフローリングが痛んでしまうといったことがあり、その都度床材の張り替えなどリフォームの検討が必要です。

出典:老頭児おじさん奮闘記HP

ちなみに、商品によっても異なりますが、サンルームの床材はいくつかの素材から選べるようになっており、デッキやフローリング、土間テラス(タイルなど)が多いです。

・ デッキ

出典:ホーエイHP

これは、デッキの見た目が爽やかで快活な印象で、暖かい季節のときは直接寝転んでピクニック気分を楽しむことができますが、日当りを強く受けると色があせたり、家事で日々使うにつれて、木が剥がれてきたりといったように、最もデメリットの多い床材です。

・ フローリング

出典:大得工務店のリフォームHP

フローリングは、サンルームの床材で選ばれることが多く、断熱対応ができるので、夏は暑く、冬は寒くなりやすいサンルームでも快適に過ごしやすく整えることができます。

ただ、こちらも日当りにダメージを受けやすく、床材が色あせてきたり、メンテナンスをしていないとカビが生えたりといった心配もあります。

・ 土間テラス(タイルなど)

出典:ミスタービルド生田HP

この土間テラス(タイル)は、強い日差しに耐えることができて、劣化することもほぼないのでサンルームに適していますし、最近は様々なタイルがあるので、おしゃれで高級感がある雰囲気にできますが、比較的値段が高いというデメリットがあります。

サンルームの床の対策でジョイントマットは?DIYの注意点も

組み合わせ式のコルクのマットで、安価に買えてDIYでも作業ができてしまう「ジョイントマット」というのがありますよね。

出典:コルク屋本舗HP

こちらはいわゆるコルクマットで、届いた日に誰でもその日に敷けるのでとても手軽です。

ただ、新品だと独特な臭いがありますし、素材同士を張り合わせているので、どうしても時間が経過すると表面が剥がれてきて、ペットを飼っていると、爪などで剥がされてしまうこともあります。

ちなみに、場所によっては変形したり色あせやすいので、サンルームには基本的に向かないですし、数日でダメになるわけではないですが、基本的に消耗品でしかありません。

また、DIYでサンルームを作ろうとしている方も、サンルームは登記上、当然床面積に算入され、「固定資産税」を支払う必要が発生する場合があるので注意してくださいね。

スポンサーリンク

サンルームの床の張り替えでリフォームの事例や費用は?

床材の張り替えのリフォームにかかる費用は、その床材によって異なりますが、大まかな施工費用の相場の目安は次のとおりです。

・ タイル

6帖の面積の床をタイルにリフォームした場合は50,000円前後

・ カーペット

6帖の面積の床をカーペットにリフォームした場合は、50,000円前後

・ クッションフロア(フローリング)

6帖の面積の床をタイルにリフォームした場合は、40,000円前後

また、これに加えて、古い床材の廃棄料や床材自体の費用などもかかってきますが、工期はだいたい1~2週間で済むので、それほど長くはかかりません。

次に、実際にサンルームの床の張り替えをした方の事例をチェックしてみました。

・ 事例1

出典:マドリエ柳井HP

こちらは床材がささくれて危ないので、同じようにならないように合板ではなく無垢材にした例です。

・ 事例2

出典:ユニバーサルホームHP

こちらは、元々、標準のフローリング材だったサンルームの床材を高級なミャンマーチーク材にグレードアップして張り替えた事例です。

このように、特に劣化していなくても、ちょっとしたグレードアップを目的に張り替えることもできるのですね。

スポンサーリンク

サンルームの床の張り替えリフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、サンルームの床の張り替えリフォームで床材ごとの特徴やデメリット、コルクマットの善し悪し、張り替えリフォームにかかる費用や工期などについてお伝えしましたね。

ただ、DIYで済ませようとすると、コルクマットなど簡単な床材での作業に限られるので、プロの業者に依頼するがオススメです。

そこで、プロの施工業者に依頼をした方が良いのですが、そのためにはまず、業者へ依頼して見積りをとる必要があります。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者います。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、サンルームの床の張り替えリフォームを検討しているなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!