単板ガラスと複層ガラスの違い!厚さの種類や熱貫流率と断熱効果!防音性能についても

Pocket

窓ガラスなどのリフォームでは、ガラス素材によって断熱効果などがかなり変わるので注意が必要です。

なので、単板ガラスとは何か、複層ガラスとの違いで厚み、熱貫流率、断熱効果、価格とサッシ、防音効果、日射熱取得率、結露のしやすさ、また、単板ガラスのメリットとデメリットなどについても知りたいのではないでしょうか。

それから、単板ガラスのリフォーム費用や事例、また、工事期間などについても気になりますよね。

そこで今回は、単板ガラスと複層ガラスの違い、暑さの種類や熱貫流率と断熱効果、また、防音性能などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

単板ガラスと複層ガラスの違い!厚さの種類や熱貫流率は?断熱効果や防音性能などについても

出典:JFEロックファイバーHP

ガラスにはデザインや性質によって様々な種類があるのですが、大きく分けて一枚ガラスでできた「単板ガラス」と、2枚のガラスを重ねて作った「複層ガラス」の2種類があります。

・単板ガラス

単板ガラスは簡単に言えば普通のガラスで、値段がすごく安く、施工も加工もしやすいのがメリットで、厚さは一般的に2mm~10mmまでありますが、普通の住宅は主に3mm~6mmがよく使われます。

ちなみに、2mm程度で使うと割れやすく危険なので、5mm程度のガラスを使うのがオススメです。

・複層ガラス

複層ガラスはコストが高いですが、丈夫で割れにくく、断熱効果が高いので、冷暖房効果の低下や結露の発生など熱の移動によって住まいの快適さを低下させる要因を避けることができます。

ちなみに、従来の複層ガラスは断熱効果だけでしたが、最近ではガラスの内側に「Low-E膜」をコーティングすることで、遮熱効果をプラスした、「Low-E複層ガラス」も登場し、こちらは夏は日差しをカットし、冬は光を逃さず、一年中気持ちのいい空間に整えることができます。

また、複層ガラスは6mmのガラスと、12mmの中空層、4mmのガラスがサンドイッチになっているので、この中空層のおかげで音を吸収し、防音性も高いという特徴があります。

このように、窓ガラスには「単板ガラス」と「複層ガラス」では違いがたくさんあるので、性能面の数値でチェックしていきましょう。

熱貫流率は?

単板ガラスは6.0w/平米・K程度なのに対し、複層ガラスは2.9w/平米・K程度とのことで、Low-E複層ガラスになると、さらに熱貫流率が低くなるので、だいぶ単板ガラスと複層ガラスには開きがありますね。

日射熱取得率は?

日射熱取得率は、室外側に日射エネルギーを除去する熱量の割合のことで、日射熱取得率として現れますが、単板ガラスの場合は85.4%、複層ガラスは75.92%だそうです。

なので、単板ガラスの方が複層ガラスよりもかなり熱を逃してしまうので、冷暖房効率が低くなるということがわかります。

価格は?

単板ガラスと複層ガラスを比較すると、複層ガラスの方が圧倒的にメリットが多いのですが、複層ガラスの価格帯は平均で30,000円ほどなのに対し、単板ガラスは6,000円程度なので、性能を取るか、費用を取るかで変わりますね。

また、窓ガラスの断熱効果などの性能に関して言えば、サッシが古いままだといくら複層ガラスにしても結露のしやすさなどは変わらないため、単板ガラスと高性能のサッシにリフォームするなど、予算に合わせて必ずしも複層ガラスにしないでも済む場合もあります。

スポンサーリンク

単板ガラスへのリフォーム費用!事例や工事期間も

窓ガラスのリフォームで、特に複層ガラスなどにリフォームしない場合、単板ガラスの交換をするリフォームもありますよね。

こうした窓ガラスの交換リフォーム費用はわずか18,000円ほどで、これに先ほどのガラス費用が加わるので、3万円以下で済むのですごく気軽にリフォームできますね。

ちなみに、その工事期間は数時間~半日程度で済みます。

リフォーム事例ですが、単板ガラスから複層ガラスへのリフォームが多くを占めていて、単板ガラスへリフォームする事例はほとんどなく、単板ガラスと単板ガラスの交換でも、新品に変えることでデメリットが改善されることは多くあるので、リフォームを検討してみてくださいね。

単板ガラスにリフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、単板ガラスの特徴について、複層ガラスとの比較で断熱性能や水性の弱さなどのデメリットについて説明し、補修する際の注意点などについても紹介しましたね。

そして、こうした単板ガラスにリフォームするなら、DIYでもできそうな印象がありますが、失敗してしまうと2重で費用と時間がかかるし、ガラスを扱うので危険も伴います。

なので、単板ガラスにリフォームするなら、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、単板ガラスにリフォームするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!