樹脂サッシと複合サッシとアルミサッシのデメリット比較や価格差!リフォーム時の選び方も

Pocket

窓は窓ガラスだけでなく、窓のサッシによってその断熱性能は大きく変動するので、樹脂サッシ、アルミサッシ、複合サッシいずれかで部屋の居心地の良さが異なります。

なので、樹脂サッシと複合サッシ、アルミサッシとはそれぞれどのようなものか、耐候性、結露のしやすさ、劣化の早さ、割れなどメンテナンスの頻度、価格差、熱膨性、色などの特徴やメリットとデメリットの比較、また、選び方などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、樹脂サッシ、アルミサッシ、複合サッシへのリフォームで費用や事例、また、工事期間などについても気になりますよね。

そこで今回は、樹脂サッシと複合サッシとアルミサッシのデメリット比較や価格差、また、リフォーム時の選び方などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

樹脂サッシと複合サッシとアルミサッシのデメリット比較!価格差や選び方も

窓のサッシには、アルミサッシ、樹脂サッシ、複合サッシという種類があり、日本ではアルミサッシがなじみ深いですが、樹脂サッシや複合サッシの性能の高さが認められてリフォームを検討する方が増えてきていますよね。

出典:LIXIL HP

ちなみに、サッシはアルミ製、樹脂性など、素材が一種類で作られているのが一般的ですが、室内側は樹脂、室外側はアルミといったように、2種類以上取り入れて製造されているものを複合サッシといいます。

そこで、それぞれのサッシのメリットとデメリットを整理していきましょう。

アルミサッシのメリット・デメリット

1、メリット

・錆びにくい、腐食しにくいなどの強度が高い

・耐候性が良く、基本的にメンテナンス不要

・カラーバリエーションやデザインが豊富

・コストが安い(価格の相場は約10万~25万円)

2、デメリット

・断熱効果があまり期待できない

・結露しやすく、夏場や冬場の室温調整の問題がある

樹脂サッシのメリット・デメリット

出典:一条工務店HP

1、メリット

・熱伝導率が低いので外からの気温の影響を受けにくい

・結露しにくい

・色やデザインが豊富

・遮音効果に優れている

2、デメリット

・価格が高い(アルミサッシの約2倍の価格)

・樹脂の経年変化や紫外線(熱膨性)による変色や割れが問題となる場合がある

・アルミサッシに比べると重い

複合サッシのメリット・デメリット

出典:ヨシダクラフトホームHP

1、メリット

・「強度が高い」アルミを外側に、「熱伝導率が低い」樹脂を内側に組み合わせ、いいところ取りをしている

・結露しにくい

・断熱性に優れている

・強度も高い

・開閉タイプやデザインが豊富

・防音効果が高い

2、デメリット

・重量が重たくなりがち

・コストが割高になる(アルミサッシの1.5倍の価格)

・アルミサッシに比べると紫外線に弱い

・樹脂単一素材のサッシよりは性能が劣る

このように、どのサッシも一長一短と言えて、アルミサッシは断熱性能を高めた新商品が出ていたり、樹脂製も強度を上げたりと各社メーカーごとに進化しているものの、上記のような傾向はあるので、リフォームするときには何を重視するか?という視点で選ぶことをオススメします。

例えば、季節ごとの寒暖差が気になる寒冷地や、特に電気代の節約を重視したい家庭では、メンテナンスを細かにしなければならないとはいえ、やはり樹脂サッシが一番良いですよね。

逆に、そうしたことをあまり気にしないのでとにかく価格が安いことを重視し、丈夫で軽いのが良い!というのであればアルミサッシが良いでしょう。

一方、お互いの良いところをとって、メンテナンスはしつつも、長く丈夫に使えて、節電にも効果が高く、室内空間を快適にしたい!というのであれば複合サッシが良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

樹脂サッシと複合サッシ、アルミサッシのリフォームで費用や事例!工事期間も

サッシの交換リフォームは、壁を壊さずに交換できる場合は1~2日で施工が完了し、費用は3万円~5万円くらいで、外壁を一度壊して修復する工事の場合は、作業時間は2日以上で、リフォーム費用は20~50万円程度かかると言われており、リフォーム費用にサッシの種類は関係ありません。

ただ、総合的な価格が、サッシの種類によって異なるので、前述で紹介したサッシごとの価格の相場を参考にしてくださいね。

アルミサッシのリフォーム事例

出典:ホームプロHP

こちらは、木製のサッシが劣化して歪んでしまっていたところ、アルミサッシにリフォームした事例で、工期は5日、費用は35万円ほどかかっでいます。

樹脂サッシのリフォーム事例

出典:LIFULL HOME’S HP

こちらは、アルミサッシから高断熱ガラス入りの樹脂サッシにリフォームした事例で、工期は1週間、費用は110万円ですが、ガラスの費用も含まれています。

複合サッシのリフォーム事例

出典:ホームプロHP

こちらは、内側は既存の樹脂サッシのままで、外側に新規でアルミサッシを設置した事例で、このようにリフォームすることもできます。

そして、こちらはそのほかの玄関ドアなどのリフォームも行ったので、工期は3ヶ月、費用は55万円でした。

スポンサーリンク

窓サッシをリフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、窓のサッシについて、「アルミサッシ」、「樹脂サッシ」、そして「複合サッシ」のそれぞれの特徴や断熱性、価格、メンテナンスの必要性や、劣化のしやすさなどメリットとデメリットを紹介し、どれも一長一短だったのですが、お住いの地域の特性やリフォームの予算、何を重視するのかと言った視点で選ぶと良いのでした。

ただし、こうした窓のサッシをリフォームするなら、素人判断してしまうと、自宅に適したサッシ選びを失敗する可能性が高く、かかった費用と時間を無駄にしてしまう危険性もあります。

なので、窓サッシのリフォームをするなら、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、窓サッシのリフォームをするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!