結露

古民家の断熱リフォーム方法と費用やDIYの注意点!各部の事例も

Pocket

古民家の特徴といえば、部屋の中に壁が少なく、ほぼ柱のみの部屋が多いことから、開放的な作りになっていることですが、その分エアコンやストーブは効かず、夏は暑く冬は寒いのが悩みです。

なので、古民家の断熱で方法や天井の結露、屋根裏、壁、土壁、窓などの断熱と断熱材、また、費用やDIYの注意点などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、古民家の断熱の改修リフォーム費用や事例、また、工事期間と注意点などについても気になりますよね。

そこで今回は、古民家の断熱リフォーム方法と費用やDIYの注意点、また、各部の事例などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

古民家の断熱リフォーム方法と費用!DIYの注意点も

古民家の断熱方法ですが、断熱材を使ったDIYならリフォームも不可能ではありません。

ちなみに、古民家の天井はとても高く、風通しもよくなっており、素材も薄い場合がほとんどなので、天井裏に入り、断熱材を敷き詰めるところから始めて、屋根裏、壁、と断熱していくケースが多いです。

ただ、部屋が広い分、断熱材もかなりの量が必要になり、さらに天井裏に持って入らなければならないので、作業もなかなか大変です。

ちなみに、壁や天井裏は吹き付けの発泡ウレタンを用いることが多く、床下は断熱ボードでの施工をすることが多いのですが、古民家の床は多くの場合、床板を剥がすと下地が組まれていて、その下は土になっているので、断熱ボードを設置するための下地を作るところから始める必要があります。

ただ、この作業を行うことで、室温を上昇させることができるので、快適な部屋にできますし、細かい部分では障子の素材や窓サッシ、窓ガラスも断熱対応のものに変えると断熱効果が高まってオススメです。

ちなみに、壁が土壁の場合は、屋外側に断熱材を充鎮すると、室内側の防湿層は不要になりますよ。

断熱材の材料

断熱材にはグラスウール、サーモウール、セルロースファイバー、スタイロフォームといった様々な種類があり、それぞれに特徴があります。

例えば、グラウウールは比較的安価ですが、水に濡れると断熱せず、吸水性もあるので結露を引き起こすことがあります。

なので、グラスウールは防湿、透湿素材と合わせて使用することが多いですが、手順を間違えるとグラスウールが湿気をどんどん吸ってしまい、グラスウール内で結露をし始めてしまうといった失敗例もあります。

また、これは費用を安く抑えようとして断熱材も安くし、自分でやろうとするDIYのリフォームに多いので、基本的には業者に任せた方が安全でオススメです。

それに、古民家を存続させるために、古民家再生協会や古民家再生のための業者は全国各地にあり、そうしたプロの方たちは、古民家で快適に生活するためにはどのような断熱の仕方が良いのかについてしっかり把握していて、一年中暮らしやすい家に確実にリフォームしてくれるので、闇雲に材料を入れ替えることなく、専門家に任せた方が良いでしょう。

古民家の断熱リフォームの費用!

古民家の断熱リフォームは、断熱の工事だけでなく、下地や仕上げの工事も必要になってくるので、全体的には約500~1,000万円程度の費用が必要になります。

ちなみに、古民家でも窓の断熱リフォームから取り掛かると、冬の寒さや夏の暑さの原因はほとんど窓からきているので、窓だけリフォームしても効果的です。

ちなみに、一箇所あたり約10万~30万円程度の費用で断熱リフォームできるので、まずは小さなリフォームから…という場合は、窓だけを断熱リフォームしてみることをオススメします。

スポンサーリンク

古民家の断熱リフォームの事例!工事期間なども

出典:築100年の古民家リフォーム、断熱+最新設備で変身HP

こちらは古民家リフォームで断熱性能を上げる工事をしている事例ですが、断熱リフォーム単体では30坪で300万円程度です。

また、それ以外にも通気をとって内部結露を防止することや、仕上げ材などもかかってきます。

出典:築100年の古民家リフォーム、断熱+最新設備で変身HP

さらに、古い家は暗いという特徴から、天井にガラス瓦を作り、光を通すリフォームなどもオススメです。

このように、断熱リフォームと同時に他のリフォーム箇所もチェックし、トータルでリフォームのスケジュールを立ててから、段階的に行った方が素敵に仕上がり、費用もリーズナブルに抑えられることが多いので、トータルで検討するようにしましょう。

スポンサーリンク

古民家の断熱リフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、古民家の断熱リフォームについて、断熱箇所や断熱材、窓の断熱リフォームなどについてお伝えし、DIYでもできなくはないが、業者に依頼をした方が良い理由などについてお伝えしましたね。

なので、こうした古民家の断熱リフォームには専門的な知識を要するため安全に済ませるためにも、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、古民家の断熱リフォームをするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!