天井

和室の天井のカビやしみ等の汚れの原因と対策!リフォーム費用も

Pocket

和室の天井は木造なので、いつの間にかカビや汚れがついていてショックを受けたことがある方も多いのではないでしょうか。

なので、そんな和室の天井のカビやしみなどの汚れの原因や対策、張替える場合のメリットやデメリットについて知りたいのではないでしょうか。

それから、和室の天井のカビやしみなどの対策でリフォームする場合の費用や期間、事例も気になりますよね。

そこで今回は、和室の天井のカビやしみ等の汚れの原因と対策、また、リフォーム費用などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

和室の天井のカビやシミなどの汚れの原因は?対策についても

和室の天井は木造でできているので、ふと見上げるとシミやカビが生えていてギョッとすることがありますよね。

そんな汚れの原因には次のようなものがあります。

・ 屋根からの雨漏り

屋根材のズレや破れなどの不具合による雨漏りにより、どこからか雨が侵入してシミとして跡を付けてしまっている場合があるので、屋根材や軒天(のきてん)などを点検して、雨漏りが起きていないかを調べた方が良いでしょう。

・ 結露による天井のシミ

天井より上部の外壁で雨漏りを起こしている場合も、天井にシミを作ってしまうことがあるので、外壁のジョイント部分やヒビなどを確認して、不具合がないかを確かめましょう。

また、出窓や玄関の小屋根の納まりが良くない場合も雨漏りを起こしてしまっている可能性があります。

そのほかにも、次のようなことで天井のシミができてしまうことがあります。

・ 1階の天井の場合は、2階で水をこぼしたりすると、原因として考えられる

・ 給配水管の漏水

そのため、まずはどのタイプの雨漏りなのか突き止めるため、天井のシミをたどってみると良く、屋根裏に入り、天井にシミができているかを確認することから原因を突き止めることもできます。

ただ、こうして天井の屋根裏に入る場合、素人が不用意に行うと天井を踏み抜いてしまったりと危険なので、点検は業者に任せた方が良いでしょう。

それ以外にも、外気との温度差で現れる結露もカビなどの汚れの原因になるので、注意してくださいね。

和室の天井のカビや汚れの対策は?

和室の天井のカビや汚れに気づいたら、ひとまずは自分で掃除をしてみましょう。

まず、準備するものはこちらです。

・ 次亜塩素酸ナトリウム(4%以内)

・ マスク

・ メガネかゴーグル

・ 霧吹きボトル

・ 水

・ 拭き取り用の雑巾を数枚

そして、次亜塩素酸ナトリウムと水を「1:3」の割合で混ぜて液体を作り、スプレーボトルに入れてから、換気を良くし、ゴーグルとマスクをつけて、手袋をはめます。

それから、脚立などを使って天井に向けて斜めから吹き付けて、30分~1時間放置します。

この際、吹き付けるときに自分にかからないように気をつけて、液が垂れてこないように雑巾を持っておくようにしましょう。

そして、時間が経ったら水分が残らないように雑巾で拭き取ります。

これによってカビがすっきり取れるはずです。

また、カビが発生しないように事前にできる対策としては次のようなものがあります。

・ 和室に部屋干しはしない

和室はカビが生えやすい素材でできていることが多いため、そこに干すと湿度が上がってカビが発生しやすい環境を作ってしまうのです。

・ 窓を2箇所以上開けて換気する

雨の日や寒い冬場はどうしても締め切ってしまいがちですが、こまめに換気をすることで風を通して、防カビ対策をしましょう。

・ 結露をこまめに拭く

窓の結露を放置すると壁に流れ、湿度も上がり、カビが発生しやすくなってしまうので、こちらも日々のお掃除でこまめに拭き取るようにしましょう。

スポンサーリンク

和室の天井のカビやシミなどの汚れの対策で張替えのメリットやデメリットは?リフォームについても

和室の天井にカビやシミなどの汚れがあったら、まずは掃除が第一ですが、前述のとおり雨漏りなどがあると事態は深刻なので、掃除をしても良くならないようであれば早めに業者に依頼して、リフォームをした方が良いでしょう。

1、 シミがついた天井仕上げ材の補修

シミが発生した時の天井の仕上げ部分はビニールクロスの場合、部分的に張り替えますが、天井が日に焼けて変色していると、一部分を張り替えると目立ってしまうことがあります。

なので、天井全体の張替えが可能なら、張替えを行うようにしましょう。

2、 断熱材の補修

天井が外壁より雨漏りを起こしていた場合は断熱材にも水分が染みこんでおり、断熱材は水分を含むと効力がなくなりますし、天井内でカビが生えて大変なことになるので、すべて張り替えるようにしましょう。

3、 構造材の腐食の確認

長時間水分に触れていると構造材が腐食してしまうので、雨漏りがあった場所の構造材の状態を確認し、拭いたりするだけで解決できるのであれば清掃しましょう。

そして、腐食がある場合は構造材自体を修復しましょう。

こうした和室の天井のリフォームの場合、費用はリフォームの種類によって異なりますが、クロスの張替えや塗装であれば20平方メートルあたり1.5~3万円くらいが相場で、張替えも断熱材から取り替えるか、クロスのみを張り替えるかで変わり、工事期間は前者で3日ほど、後者であれば1日で終わることもあるようです。

そして、和室の天井は大切に使ってもだいたい15年程度で腐食してくるので、適宜交換した方が良いですし、次のようなメリットが考えられます。

・ 最新のデザインに合わせて明るい印象にできる

・ 結露など天井奥までの影響を確認して改善できる

・ カビなどによる健康被害を予防できる

ただし、やはりそれなりのコストがかかってきますし、天井裏の工事などだと、見えない部分なのでしっかりと作業をしない悪徳業者も中にはいる、といったデメリットも考えられます。

ちなみに、和室の天井のリフォームをしたお宅の事例として、和室の天井にシミができてしまったので、天井板を張り替えた事例をご紹介します。

出典:ホームプロHP

印象も明るくなり、シミが改善しただけでない良さがあってリフォームしがいがありそうですね。

スポンサーリンク

和室の天井をカビなどの理由でリフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

和室の天井は、結露や経年劣化、雨漏りや2階からの水漏れなどでシミや汚れができる場合があるので、まずは掃除をすると良いのでしたね。

なので、天井のリフォームを考えている方は、まず施工実績が豊富なプロの業者に複数依頼して相見積りを取ると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者います。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、天井のリフォームを検討しているなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!