屋根

スレート屋根の匂配の基準や種類と寿命!補修材や葺き替え費用も

Pocket

日本古来の瓦屋根に比べて、洋風のスマートなデザインで人気なのがスレート屋根です。

なので、スレート屋根の匂配の基準や種類と寿命、劣化と雨漏りとコーキング、メンテナンス時期やメンテナンスの仕方でアスベスト、塗装や、葺き替えやカバー工法などの方法、また、ガルバリウムなどの素材の補修材などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、スレート屋根のリフォームにかかる費用や期間、また、事例などについても気になりますよね。

そこで今回は、スレート屋根の匂配の基準や種類と寿命、また、補修材や葺き替え費用などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

スレート屋根の匂配の基準や種類と寿命は?補修材など

スレート屋根とは、「カラーベスト」、「コロニアル屋根」とも呼ばれ、建築材料として粘土板岩を使用した屋根全般のことを指します。

その中でも、「カラーベスト」、「コロニアル屋根」は旧クボタのスレート屋根の商品名で、クボタ松下電工外装のスレート屋根は、採用率トップで国内シェアが高かったため、いつのまにか「カラーベスト」や「コロニアル屋根」は、スレート屋根の代名詞のように使われるようになりました。

ちなみに、こうしたスレート屋根の構造は瓦などと大きく変わらず、野路板の上に防水シートを設置して、その上に屋根材を敷き詰めていき、屋根材はステンレスの釘を使用して固定します。

そんなスレート屋根は、表面は劣化しやすいですが、丈夫な材質を使っているので非常に長持ちするだけでなく、熱伝導率が低い素材を使用しているため、耐火性と耐熱性に優れ、燃えにくい屋根なのです。

また、湿気や水に強い商品も増えてきており、腐りにくく、一部高価な商品もありますが、瓦などに比べると安価です。

しかも、施工がしやすく、複雑な家の屋根に適していて、カラーバリエーションも豊富といった特徴があります。

ただ、スレート屋根は元々アスベストを混合しているものがほとんどで、2004年以前のスレート屋根にはアスベストが含まれている危険性があります。

しかし、屋根にアスベストが含まれていますが、住んでいる人の健康にすぐに被害が出るようなものではなく、屋根の劣化状況を見て、メンテナンスの段階で対処すれば良いでしょう。

匂配の基準は?雨漏りについても

屋根の雨漏りはいろいろな原因が考えられますが、スレート屋根の場合は、スレートの破損やズレで起きる可能性があります。

そのため、こうした部分の定期的なメンテナンスを行なっていった方が良いですし、合わせて知っておきたいのが「屋根匂配」です。

出典:ルーフパートナーHP

「屋根匂配」とは、水平距離10寸(約30.3cm)に対する垂直距離で表し、例えば、3寸(約9cm)の高さをつけたいときには「3/10」、または「3寸匂配」と表示します。

そして、垂直距離が大きくなると傾斜角度も大きくなり匂配は急になり、垂直距離が小さいと匂配は緩くなるといった具合です。

それから、匂配の種類は傾斜角度の大きなものから順に、「急匂配」、「並匂配」、「緩匂配(かんこうばい)」と呼ばれており、匂配の違いによる屋根の特徴は次のとおりです。

・ 急匂配:6/10(6寸)以上

傾斜が大きい分、水はけが良いので雨漏りしにくく、屋根裏のスペースが広く取れ、屋根面積が大きくなるので材料コストがかかります。

・ 並匂配:3/10(3寸)・5/10(5寸)程度

水はけとコスト面のバランスが良く、ほとんどの屋根材に適しているので、多くの住宅に取り入れられています。

・ 緩匂配:3/10(3寸)以下

使用できる屋根材が金属に限られることが多く、ほかの屋根材では雨水やホコリが溜まりやすく、雨漏りや腐食のリスクが高い一方で、風に強く、屋根の面積が小さくなるので材料コストを低めにできます。

ただ、こうした屋根匂配については、傾斜がないと雨水が溜まりやすく雨漏りの原因となるため、通常の木造住宅の場合、どのような屋根にも匂配をつける必要があります。

ちなみに、屋根材によって最低限必要な匂配は変わるので、適切な匂配にすることが非常に重要で、必要な匂配がないと雨漏りだけでなく、屋根材が風に吹き上げられるリスクも高まることから、スレート屋根の場合は、最低でも「3/10」以上の匂配が必要といわれており、コレ以下だと雨漏りしやすくなります。

従って、屋根匂配が合ってないと、雨漏りの補修をしても根本的な解決にはならず、同じ症状を繰り返すことになるので、スレート屋根で雨漏りが続くときには、屋根の専門業者に匂配が合っているかどうか調べてもらうことをオススメします。

スレート屋根の寿命は?メンテナンス方法など

一般に、スレート屋根の寿命は20~25年とされており、2004年以前の商品はアスベストとセメントが配合されているので、成分が違うことで、季節による寒暖差や1日における寒暖差など、温度変化が原因となって劣化という形で表に現れてきます。

例えば、夏場であれば雨が降ると水がスレート材に含まれますが、高温にさらされて乾燥しますし、反対に、冬場であればスレートに含まれた水分は凍り、日中は溶けるなどを繰り返します。

これが繰り返され、積み重なるうちに、製氷皿に入れた水が凍ると製氷皿からはみ出してくるように、スレートに含まれているわずかな水分が凍ることでだんだん大きくなっていき、亀裂や割れといった形で表に出てきてしまうのです。

また、地震や台風などが起こると、釘で固定されている部分にだけ強い力がかかってきて、ストレスが重なることでスレートが割れてしまうこともあります。

メンテナンス方法は?

スレート屋根の劣化がメンテナンスで確認されたら、そのメンテナンス方法として塗装工事が薦められることがとても多いです。

ただ、塗装をしたところで、スレート材自体に起こっている問題の解決や修繕にはなっておらず、確かに塗装工事によって雨や太陽熱などからスレートを守る役割は果たしてくれますが、劇的にスレートを保護するものではありません。

また、スレート屋根の耐用年数が経過した頃には、下地やルーフィング(防水シート)などに、大きな劣化が起こっている可能性も高いのです。

そこで、劣化したスレート屋根には、次のような工事をオススメします。

・ カバー工法

カバー工法は重ね葺き(かさねぶき)といい、既存の屋根はそのまま残し、新たな屋根材を上からかぶせる方法で、既存のスレートは引きはがさないため、アスベストの飛散を防止できるとして選択する人が増えてきています。

ただ、下地材など屋根の裏に、後に雨漏りを起こすようなトラブルが潜んでいても確認できないため、本当にカバー工法で良いか、業者と相談するようにしましょう。

また、カバー工法を行なうと屋根が2枚になり重たくなる上に、見直された耐震基準(1981年以前の建物は耐震性が弱い)に引っかかる可能性があるので、カバー工法を行なうことで耐震性に問題がないかどうか、必ず施工会社に相談しましょう。

・ 葺き替え工事

カバー工法とは違い、既存の屋根材はすべて剥がすのが葺き替え(ふきかえ)工事です。

これによって、下地材などもチェックできるので、後々のトラブルを見越して、効率の良いリフォームを行なうことができますが、アスベストを含んでいる場合は特別な処理や処分が必要となり、逆に費用が高くなる可能性があるので注意しましょう。

また、屋根材を剥がして新たなものに葺き替えるか、上から重ねるカバー工法をするか、どちらかを行なう場合は、耐久性に優れ加工性が高いガルバリウム鋼板の屋根材もオススメです。

スポンサーリンク

スレート屋根のリフォームにかかる費用や工事期間は?事例も

スレート屋根の場合、塗装、金属屋根への葺き替え、金属屋根へのカバー工法の3点が代表的なリフォーム方法で、費用としてはだいたい次のとおりが相場になります。

・ 塗装

2階建て

1,400~5,000円/平米→14万円~50万円/100平米

ただし、塗料の種類やグレードによる、また、スレートや下地などにも傷みがある場合は別途修理代が必要になります。

・ 金属屋根への全面葺き替え

2階建て以上

14,000円/平米~ → 140万円/100平米

スレート材廃棄処分代込み、アスベストの撤去が必要な場合は別途費用として2万円/平米程度が発生します。

・ 金属屋根へのカバー工法

2階建て

12000円/平米~ →120万円/100平米

また、コーキングの劣化を補修する場合、打ち替えとして900~1,500円/平米、打ち増しであれば500~1,000円/平米が相場の目安です。

さらに、以上は、いずれも足場代として26万~35万円(100平米/2階建て)が別途必要になってきます。

出典:ルーフパートナーHP

このように、スレート屋根のリフォームをする場合は様々な手法があり、コーキングの打ちかえであれば1週間以内で工期は納まりますが、スレート屋根のカバー工法や葺き替え方法の場合だと、工期は2ヶ月程度になるようです。

スポンサーリンク

スレート屋根のリフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、スレート屋根とは何か、その素材の特徴や劣化の原因、メンテナンス時期や方法、また、補修材のオススメや工期、費用などについても紹介しましたね。

こうしたスレート屋根のリフォームは足場を組んで行なう作業になるため、危険性を伴いますし、後々劣化の原因にならないように、それぞれの屋根に応じた修理や工法が必要なのでした。

なので、スレート屋根のリフォームを考えている方は、まずプロの業者に複数依頼して相見積りをとった上で屋根のリフォームを行えば良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者います。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、スレート屋根のリフォームを検討しているなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!