屋根

金属屋根の種類やウレタン等の防水の仕方と雨音などの防音材!

Pocket

屋根材には材質や形状など様々な種類がありますが、最もよく使われるのが金属屋根です。

なので、金属屋根の種類と販売メーカー、ウレタンやシートの防水、雨音等の防音材、金属屋根の匂配基準や納まり、横葺き、平葺き、カバー工法、また、メンテナンスで塗装などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、金属屋根のリフォームで費用や工事期間、事例も気になりますよね。

そこで今回は、金属屋根の種類やウレタン等の防水の仕方、また、雨音などの防音材などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

金属屋根の種類は?ウレタンなどの防水について

金属屋根とは金属板を薄く長い板状にした屋根のことで、屋根の形状に合わせて使用できるので、複雑な形の屋根にも対応できるという特徴があり、三晃金属工業や株式会社カナメ、元旦ビューティ工業などのメーカーで販売されています。

ちなみに、使われている素材はアルミニウム、スチール、亜鉛合金など、窯業系の屋根材に比べると、とても軽量で耐久性が高く、経年変化が少ないため、長い間美観を保つことができます。

そんな金属屋根は、次のとおり5種類に分かれます。

・ トタン屋根

出典:屋根コネクトHP

トタン屋根は、亜鉛をメッキした薄い鋼板の屋根材のことで、継目が少ないため雨漏りに強いですが、錆びやすいため腐食してしまうと雨漏りの原因となってしまいます。

・ ガルバリウム屋根

出典:土手加藤材木店HP

ガルバリウム屋根とは、アルミニウムと亜鉛合金メッキ鋼板の屋根材のことで、耐久性が高く厳しい環境下でも耐えることができ、耐食性が高いため錆びにくい性質です。

ただ、非常に薄い金属板でできているので、衝撃に弱くへこみやすいです。

・ ステンレス屋根

出典:屋根コネクトHP

ステンレス屋根とは、鉄が主成分でクロムやニッケルを含んだ合金の屋根材のことで、耐久性・耐食性・強度にとても優れていますが、価格が高いなのが難点です。

・ 銅屋根

出典:屋根コネクトHP

銅板屋根は神社や仏閣、和風住宅の屋根に使われる材質で、銅の柔らかい性質から加工しやすいのが特徴で、緑青という銅の錆で緑色に変色していきます。

ちなみに、この緑青が銅内部の腐食を防ぎ、耐久性を高める働きをします。

ただ、変色途中はまだらな色になるなど、見た目が良くない期間が生じてしまいますし、施工が大変で技術力を要するので、一般家庭で使われることはほとんどありません。

・ チタン屋根

出典:屋根コネクトHP

チタン屋根は、軽量で強度が非常に高く、屋根材の中では最も耐久性を持っていますが、加工が難しい上に高価なため、あまり使用されていません。

金属屋根の形状は?匂配も

金属屋根の形状は、次の3つに分かれます。

・ 平葺き

小さい単位の金属板を重ねていく工法を使った、水平方向に横に向けて一直線状になるように葺く横葺きや、金属板の端を折り曲げて組み合わせていく工法を使った、2枚の金属板を引っかけ合わせていく横葺きなどがあります。

・ 瓦棒葺き

屋根の傾斜の方向に一定間隔で、棒状の細長い角材を取り付け、その上に両端を折り曲げた「溝板」と呼ばれる金属板を被せる方法です。

・ 立平葺き

両端を立ち上げて上部に「はぜ」を作った金属板を並べて、隣り合わせた金属板を「はぜ締め」にする工法です。

・ 金属瓦葺き

和瓦やストレート屋根の装飾を金属板にプレス成型する工法で、「縦に連結したタイプ」と「横に連結したタイプ」があります。

・ カバー工法

金属の屋根材を撤去せずに、その上に新しい金属屋根を取り付ける方法です。

この中でも、平葺きは緩い勾配から急な勾配まで対応しやすいので、比較的選ばれやすい工法です。

金属屋根のデメリット!防音や防水の対策は?

金属屋根は耐久性や耐食性が高く、長持ちするのがメリットですが、

・ 金属でできているため雨音などの音がうるさい

・ 雨水などで錆びやすい

といったデメリットもあるため、防音や防水対策を行なう必要があります。

・ 防音対策

金属屋根の中でも最も人気が高く、「軽い」、「頑丈」など万能なガルバリウム鋼板屋根でも、雨音が振動し家屋内に伝わりやすいというデメリットがあります。

出典:カナメHP

そこでオススメなのが金属屋根の裏に遮音テープを貼ることにより、甲高い雨音を鈍い音に抑えることができますし、発泡スチロールの断熱材が入った屋根でも防音効果が見込めます。

ちなみに、金属屋根の大手メーカーであるカナメでは、遮音テープをオプションで追加した横葺き屋根には「タイマルーフM型」、断熱材が一体となった横葺き屋根には「カナディー」、バックアップ材が入った金属瓦には「カナメルーフ」などが販売されているので、屋根のリフォームの際にはその後の生活ストレスまで考慮し、屋根の防音性能をチェックするようにしてくださいね。

・ 防水対策

防水対策には、金属屋根の「防水ウレタン」がメジャーで、こちらは複雑な形状や傾斜部にも均一な防水層を形成でき、納まりの優れた防水層を形成できるので、金属面の錆による腐食を防止し、塗膜厚が塗装剤と比べ格段に厚く長期にわたり高い耐久性が期待できますね。

また、金属屋根は熱くなりやすいというデメリットがありますが、ウレタンには遮熱効果も期待できます。

一方、防水シートを用いた防水対策もありますが、防水シート自体は15年程すると劣化し、どうしても雨漏りが起きてしまい、防水工事を繰り返すことになるので、はじめから防水ウレタンを活用することをオススメします。

スポンサーリンク

金属屋根をリフォームする際の費用や工事期間は?事例も

金属屋根は、雨水でダメージを受けやすく、錆びて穴が開き、それによって雨漏りが起きることもあるので、この改修にあたっては主に塗料による塗装、もともとの屋根の上に同じ金属屋根を葺くカバー工法、もともとの屋根を撤去して葺き替える、といった方法があります。

ただ、塗料には防水効果があるわけではないですし、カバー工法には新たにかぶせる屋根材の荷重やコストの問題があり、葺き替えのコストはもちろん、撤去した屋根材の処分、工事期間中の雨対策などを強いられる可能性があります。

そのため、防水対策のためにはウレタンなど防水処理をした金属屋根を用いて、防音対策のためには遮音対策をした金属屋根へのリフォームを検討した方が良いでしょう。

そこで、金属屋根の費用や工期、事例等をチェックしてみました。

・ 事例1

出典:ホームプロHP

金属屋根の防水加工を行なった事例で、価格は79万円、工期は2週間でした。

・ 事例2

出典:ホームプロHP

ガルバリウム鋼板によるカバー工法を行なった事例で、工期は1ヶ月、価格は68万円でした。

・ 事例3

出典:ホームプロHP

スレート屋根から、より軽くて耐久性のある金属屋根の葺き替えした事例で、中心には断熱のため棟換気を設置しました。

これによって、熱も排出されて夏は涼しくなりますね。

そして、工期は1ヶ月、費用は90万円でした。

このように、費用についてはバラつきがありますが、大体100万円以内で収まっていますね。

スポンサーリンク

金属の屋根にリフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、金属屋根の種類やウレタン等の防水の仕方と雨音などの防音材について紹介し、リフォームする場合の事例や費用、工期について紹介しましたね。

屋根の種類や、悩みに適した材料や工法を選択することが重要だということがわかりましたが、そのためにも、より確実にリフォームをしてくれる安全な業者を探すことがポイントになります。

なので、金属屋根にリフォームをするなら、まずプロの業者に複数依頼して相見積りをとった上で屋根のリフォームを行えば良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者います。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、金属屋根にリフォームを検討しているなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!