窓交換リフォームの方法や工事費用と補助金の額!DIYの注意点も

Pocket

窓は家の中でも明かりや熱、風などを最も通す場所なので、快適な家の空間にするためにも、どんな窓にするかはとても大切です。

なので、窓の交換リフォームで方法の種類で断熱や窓の価格、マンションの場合や補助金の額、また、工事費用やDIYの注意点などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、窓の交換リフォームで事例や工事期間も気になりますよね。

そこで今回は、窓の交換リフォームの方法や工事費用と補助金の額、また、DIYの注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

窓の交換リフォームの方法や工事費用!補助金の額なども

出典:MADOショップHP

窓の交換リフォームの方法としては、上記の画像のとおり、

・ 窓自体の交換(約2時間~半日)

工事費用200,000円~300,000円程度

・ 内窓の増設(約60分)

工事費用150,000円~300,000円程度

・ ガラスの交換(約30分~60分)

工事費用80,000円~150,000円程度

・ 障子の交換(約30分)

工事費用100,000円~150,000円

・ シャッターや雨戸の取り付け(半日~1日)

工事費用3,000円~5,000円/枚

などが一般的で、それぞれ工事期間も()内の通り、ケースによって異なりますが、比較的すぐにできて、生活環境に大きな影響を与えないですし、それでいて窓を交換するだけで採光性が上がったり、寒さが軽減されたりといったメリットがあります。

出典:MADOショップHP

寒さや明かり以外にも、上記のように、

・ 窓が重い

・ 外からの侵入が怖い

・ 子供の転落が怖い

といった理由でリフォームする方もいますし、鍵のかかりが悪い、窓がガタつくといった様々な事情で検討する方もいますよね。

出典:MADOショップHP

ちなみに、窓のリフォームの中でも内窓の増設なら、大がかりな工事にならないのでマンションの場合などもオススメです。

出典:MADOショップHP

また、一枚ガラス用のサッシに、アタッチメントで複層ガラスを取り付けると、断熱性も上がります。

このように、複層ガラスには様々な種類があり、「Low-E複層ガラス」といって断熱タイプや、「Low-E複層ガラス遮熱タイプ」、ブラインド入りのもの、防音性が高いもの、防犯用に強度と柔軟性に富んだタイプなど、様々なガラスの種類が展開されているので、各ご家庭の事情や目的によって選ぶと良いでしょう。

「画像6」

(出典:MADOショップHP

ちなみに、最も一般的な窓枠の交換は、比較的大がかりな工事のイメージが強いですが、こちらのとおり今ある枠に新しい窓枠をかぶせるだけの「スマートカバー工法」であれば、簡単な工事で断熱性能の高い窓に替えることができます。

出典:窓屋HP

また、最新の樹脂窓なら耐候性の高い窓になるので、結露を防いだり、隙間風が改善されて過ごしやすくなったりとメリットも多いですね。

ちなみに、こうした窓の価格は、ガラス素材や性能にもよりますが、安いもので50,000円~、高くて150,000円くらいが相場の目安です。

窓の交換リフォームで補助金は出るの?

出典:SUUMOジャーナルHP

東京都では、平成29年度(2017年度)の新規事業として、既存の住宅に高断熱窓を設置した都民や管理組合に補助金を出す助成事業を開始していて、最大で50万円の補助金が受けられるので驚きですよね。

また、この助成を受けられるのは、都内に住宅を所有している個人だけではなく、マンションの管理組合なども対象になります。

そして、

・ 対象となる高断熱窓は、(一社)環境共創イニシアチブに登録されている未使用のもの

・ 回収する箇所は最低でも1居室のすべての窓

・ 平成29年(2017年)4月1日以降に都内の既存住宅に新たに高断熱窓を設置すること

などが条件なので、詳しくは(一社)環境共創イニシアチブ(https://sii.or.jp/)
のwebサイトをチェックしてみてくださいね。

このように、窓の交換リフォームは、通常なら費用がそれなりにかかりますが、場合によっては補助金も出ることですし、安く済ませようとしてDIYで行う必要はありません。

それに、DIY で窓のリフォームをできるのは、窓枠の色替えや窓ガラスの交換くらいで、一般的な窓自体の交換などはプロの技術が必要になり、素人が無理矢理行ってしまうと、かえって隙間ができてしまい、余計に寒くなった、などの失敗例も多々あります。

なので、こうした窓の交換リフォームは、きちんと専門的な知識と技術力のある業者に依頼するようにしましょう。

スポンサーリンク

窓の交換リフォームの事例!

実際に窓の交換リフォームをした方の事例をチェックしてみましょう。

・ 事例1

出典:マドリエHP

こちらは、木製サッシからアルミサッシに交換した事例で、耐久性が上ったのはもちろんのこと、日本家屋にもすんなり馴染んでいて、雰囲気も良いですよね。

・ 事例2

出典:マドリエHP

こちらは、内窓を取り付け、手軽なリフォームで済んだわりに断熱・遮音効果もアップし、実際に使用してみても、高い満足度が得られています。

スポンサーリンク

窓の交換リフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、窓の交換リフォームについて、窓の交換、内窓の設置、ガラスの交換、障子の交換、シャッターなどの取り付けといった方法の種類ごとに、費用や工事期間、ガラスの種類や価格、住んでいる場所によっては補助金も申請できることについて紹介しましたね。

ただし、こうした窓の交換リフォームをするなら、安く安全に設置するためにも、より確実にリフォームをしてくれる信頼できる業者を探す必要があります。

なので、窓の交換リフォームをするなら、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼して相見積りを取ると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。


というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、窓の交換リフォームを検討しているなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!