屋根

ジンカリウム鋼板屋根の価格やメーカーと欠点やデメリット!登記の注意点も

Pocket

ガルバリウム鋼板というのはよく聞きますが、「ジンカリウム鋼板」はあまり聞きなれないですよね。

なので、ジンカリウム鋼板とは何か、ガルバリウム鋼板やディプロマットとの違いと比較、太陽光への耐性、欠点やデメリット、ジンカリウム鋼板葺き屋根、メーカー、また、価格や塗装などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、ジンカリウム鋼板の登記の注意点も気になりますよね。

そこで今回は、ジンカリウム鋼板屋根の価格やメーカーと欠点やデメリット、また、登記の注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ジンカリウム鋼板屋根の価格やメーカーは?欠点とデメリットについても!

出典:テイガクHP

ジンカリウム鋼板は、正確にはガルバリウム鋼板と同じ物のことで、どちらもアルミ55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%でメッキした鋼板のことで、耐融性、耐熱性、熱反射性(太陽光にも強い)と加工性を合わせ持つ鋼板と同じ組成の製品です。

ちなみに、よく聞く「ディプロマット」などは金属屋根材の名称で、ジンカリウム鋼板はそのディプロマットで使われている素材のことを指します。

また、ジンカリウム鋼板とガルバリウム鋼板の違いは商標が違うだけで、単なる名前の違いということになり、ジンカリウムは「BlueScope社」の商標登録、ガルバリウムは「BIECInternational社」の商標登録となっています。

ただ、ジンカリウム鋼板に石粒をコーティングした自然石粒付鋼板もジンカリウム鋼板と呼ぶこともあるのでややこしいのですが、石粒をコーティングしたものをジンカリウム鋼板と呼ぶとすれば、ガルバリウム鋼板とは、

・保証期間

・耐用年数

・雨音の有無

の4点で違いがあります。

また、ガルバリウム鋼板は普通のポリエステル塗装の製品なので保証は10年、耐用年数は25年程度で、2016年に発売されたスーパーガルバリウム鋼板も、フッ素塗装がされているので穴あき保証25年、塗膜保証20年です。

それに対して、ジンカリウム鋼板は保証30年、耐用年数50年の物が多いです。

また、雨音に関しては、ガルバリウム鋼板は塗装だけなので雨音が気になりますが、ジンカリウム鋼板には表面に石粒があるので雨粒は拡散されて雨音は気にならないというのが特徴になっています。

このように、ガルバリウム鋼板よりもメリットの多いジンカリウム鋼板ですが、ジンカリウム鋼板の生まれ故郷はニュージーランドで、大手2社の「Metrotile Roofing Systems」、「Allmet Roofing Technologies」が品質の高いジンカリウム鋼板を生産しているとされています。

・「Metrotile Roofing Systems(メトロタイル ルーフィング システム)」

出典:屋根葺き替え価格ドットコムHP

この会社の場合、本体の部品費用+施工で15,000円/平米程度が相場の目安です。

・Allmet Roofing Technologies(アルメット ルーフィング テクノロジー)

出典:屋根葺き替え価格ドットコムHP

この会社の場合、本体の部品費用+施工で10,000円/平米程度が相場の目安になっています。

ジンカリウム鋼板の欠点は?

ジンカリウム鋼板はガルバリウム鋼板に比べて、熱伝導率の面や雨音などの弱点があまりなく、デメリットや欠点の少ない金属屋根ですが、非常に薄く軽量である分、傷がつきやすいという側面もありますし、高い技術を持つ職人が少ないということがデメリットと言えるでしょう。

なので、リフォームを検討する場合は、慎重に業者を選ぶ必要があります。

スポンサーリンク

ジンカリウム鋼板屋根の登記の注意点も

新築やリフォームをするに当たって、自分で表示登記をしようとする方もいると思いますが、ジンカリウム鋼板の場合はガルバリウム鋼板同様、「合金メッキ鋼板葺」で問題ありません。

ジンカリウム鋼板屋根にリフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、ジンカリウム鋼板について、ガルバリウム鋼板との違いや特徴、価格やデメリットなどについて紹介し、登記をするときの注意点についても紹介しましたね。

なので、ジンカリウム鋼板屋根にリフォームをするなら、まずプロの業者に複数依頼して相見積りをとった上で屋根のリフォームを行えば良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者います。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、ジンカリウム鋼板屋根にリフォームを検討しているなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!