トイレ

セフィオンテクトとプロガードの比較!お手入れや掃除についても

Pocket

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91トイレのリフォームを検討する時に一番気にするのは便器の掃除のしやすさや、汚れにくさといった点ではないでしょうか。

そして、TOTOの便器防汚技術といえばセフィオンテクト加工ですが、セフィオンテクトとは何か、仕様や効果、洗剤やサンポールなどを使った便器の掃除、お手入れの方法などについて知りたいのではないでしょうか。

また、セフィオンテクトはハイパーキラミック&プロガードや有機ガラス、アクアセラミックとどう違うのかといったことも気になりますよね。

そこで今回は、セフィオンテクトとプロガードの比較や、お手入れや掃除についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

TOTOのセフィオンテクトとは?プロガードなどとの違いも

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

TOTOが特許を持つ「セフィオンテクト」とは、便器表面をナノレベル(100万分の1mm単位)でツルツルにして、汚れをつきにくく、落ちやすくする防汚技術で、他社を圧倒する超平面平滑を実現していると評価が高いそうなんです。

そして、こうした便器の防汚技術については、LIXILのハイパーキラミック&プロガードや、素材に関してもLIXILのアクアセラミックやパナソニックの有機ガラス系新素材などがあり、各社が取り組んでいるテーマですよね。

そんな中、TOTOのセフィオンテクトはどのような点で優れているのか、比較しながらお伝えしていきます。

TOTOのセフィオンテクト加工とは?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

TOTOは陶器製の便器に長年のこだわりを持っており、トンネル窯で時間をかけて焼き上げる衛生陶器を使用していますが、素焼きのままだと表面が粗いので衛生陶器としては使い物になりません。

そのため、釉薬を陶器表面に吹き付けてから焼成することで、陶器の表面をガラス質で覆い、表面が平滑になり、耐水性が増すとしています。

つまり、TOTOのセフィオンテクトとは、便器を専用窯で焼く時に、釉薬の上に、0.2mmの特殊なガラスをさらに焼き付けることで、便器の表面を100万分の1mm単位で超平滑にし、さらに表層にイオンパワー(マイナスに帯電)を発生させる表面処理技術だそうです。

こうしたセフィオンテクトという技術は、TOTOが特許を取得しており、現時点では他社はマネができないものだそうです。

そして、この技術により、セフィオンテクトで加工された陶器の表面の凸凹は、ナノレベルでツルツルになるので、汚れが引っかかりにくく、水で洗浄するだけで充分綺麗になるそうです。

さらに、親水性で水に馴染みやすいため、便器全体に水が行き渡り、汚れを溶かして落としやすくなるのだそうです。

LIXILのプロガードや他社メーカーの技術や素材とはどう違うの?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

LIXILでも最新便器には「ハイパーキラミック」という防汚・防菌技術に加えて「プロガード」という水垢を防ぐ技術が施されており、素材に関してもアクアセラミックという新素材を発表し、変わらないクオリティを維持できるとしています。

そして、素材に関してもパナソニックでは有機ガラスという新素材を起用していますが、こうした他社メーカーの技術や素材と、セフィオンテクトはどのように違うのでしょうか?

・ 平滑さ

TOTOのセフィオンテクトは、100万分の1mm単位の平滑さなのに対し、ハイパーキラミックは1000分の1mm単位なので、便器の平滑さについてはTOTOのセフィオンテクトの方が最も優れていますよね。

ちなみに、パナソニックの有機ガラス系新素材に関しては、表面平滑に関するデータは公開されていません。

そして、大腸菌やサルモネラ菌などの細菌の大きさは、約1~5μm(1000~200分の1mm)、ノロウイルスなどのウイルスの大きさは約10mm~100mm(10万~1万分の1mm)と言われていますが、100万分の1mm単位の平滑であっても絶対に付着しないということではないんですね。

なので、セフィオンテクトやハイパーキラミックも、定期的に掃除をしないと黄ばみや黒ずみが発生するので、掃除は必須になります。

・ 抗菌性は?

セフィオンテクトでは、イオンパワーによって陶器の表面上はマイナスに帯電することができ、水垢の汚れとなるシリカや黒ずみ・尿石の発生原因となる細菌は、水中では電気的にマイナスになるため、マイナスに帯電しているセフィオンテクトと陶器表面と反発し、汚れにくくなるといった仕組みのようです。

対して、LIXILのアクアセラミックも清掃性に優れた衛生便器で、抗菌の国際規格ISO22196に準拠した抗菌性能を保つとしており、セフィオンテクトと同様に、親水性で水に馴染みやすく、水の力で汚物を浮かび上がらせ、洗い流すことを可能にしているそうです。

また、パナソニックの有機ガラス系新素材は、水族館の水槽や航空機の窓など、高い耐久性が求められる箇所でも採用されており、撥水性が高い素材なので汚れを含んだ水滴ごとはじき、水垢が便器の表面に固着しにくく、取れやすいとしているそうです。

そして、パナソニックでは水垢の付着実験を行なっており、陶器と比べて有機ガラス系新素材の方が水垢に強いという結果を出しているのです。

一方で、セフィオンテクトでは、パナソニックの実験結果やLIXILのISO22196準拠といった客観的・定量的なデータがないので、他社に比べてどのように優れているかは現時点では評価のしようがないのが実際のところです。

スポンサーリンク

セフィオンテクトの掃除やお手入れの方法は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

セフィオンテクトをプロガードや有機ガラス系新素材などと比較してみたところ、平滑さでは世界一で、他にない特許技術とのことでしたが、抗菌性については優劣がつけることができず、いずれにしてもお掃除は必須とのことでしたので、次にお手入れ方法をチェックしてみましょう。

・ セフィオンテクトのお手入れ方法

セフィオンテクトでは、その効果を長持ちさせるために、アルカリ性洗剤、サンポールのような酸性洗剤、フッ素系洗剤、金属ブラシ、研磨剤つきのブラシは使用禁止としています。

というのも、防汚効果が見込まれなくなるので、必ずトイレ用の中性洗剤を使うようにした方が良いそうです。

ちなみに、ブラシについては研磨剤なしのものであれば、ナイロン製でもPP(ポリプロピレン)製でも特に問題はないようですが、念のため柔らかいPP製ブラシを使った方が良いですよね。

そして、普段のお掃除では、トイレ用ブラシで軽く便器の内側をこすり、充分に絞った柔らかい布で便座を拭くなどといったお手入れで良いそうです。

それから、汚れが気になり出したらいつもより丁寧に、トイレ用の中性洗剤をトイレ用ブラシにつけて便器の内側やフチ裏をこすり洗いし、トイレ用中性洗剤をつけた布でフチの内側を拭き取り、タンクや手洗い器、水洗金具などのホコリも拭き取りましょう。

ちなみに、こうした丁寧なお掃除を1週間に1度行なう方もいるようですが、TOTOでは1ヶ月に1度か、どうしても汚れがこびりついてしまった時だけと推奨しています。

セフィオンテクトの便器への交換を含めたトイレリフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、TOTOの特許技術「セフィオンテクト加工」の魅力について他社と比較しながらお伝えし、お掃除の手軽さや注意点についてもお伝えしてきました。

また、こうした便器の防汚・防菌については、どこのメーカーでも新素材や新技術を発表しており、各社で国際規格に準拠していたり、実験を行なっていたりと優れた結果を出しているのでしたね。

そして、そんなセフィオンテクトの便器にリフォームする場合ですが、床や壁紙、カウンターの設置など、トイレ空間すべてをリフォームすることが多いので、DIYでやろうとするよりも、安全に確実にリフォームするためには、信頼できるプロの業者に頼む方が必要があります。

こうしたことから、セフィオンテクトの便器の交換を含めたトイレリフォームする場合は、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者います。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、セフィオンテクトの便器の交換を含めたトイレリフォームを検討しているなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!

トイレのリフォームについてもっと知りたい方はコチラ!

トイレリフォームの費用の相場と事例や口コミ!メーカーの比較も