トイレ

トイレの窓の種類と大きさや高さの決め方と注意点!失敗の事例も

Pocket

トイレはプライバシー空間なので、外からの目線が気にならないようにしたいところですが、解放感はある程度ほしいので、窓の設置をするかどうか悩む方が多いですよね。

なので、トイレの窓の種類でおしゃれなタイプや、大きさや高さ、位置や寸法などの決め方と、寒い場合の防寒対策、換気などトイレに窓を設置する必要性、窓なしの場合のデメリット、また、換気扇との比較などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、トイレの窓のリフォームでDIYなどでの失敗の事例も気になりますよね。

そこで今回は、トイレの窓の種類と大きさや高さの決め方と注意点、また、失敗の事例などについても詳しくお伝えしていきます。

完全無料!簡単10秒見積もりはココだけ

スポンサーリンク

トイレの窓の種類や大きさと高さの決め方!注意点も

出典:カジスタHP

窓のリフォームをすると、防犯性や断熱性・防音性を高める効果などがあり、

・ 古い

・ 寒い

・ 結露

・ すきま風

などなど、様々な悩みを解決できるんですね。

そんな窓のリフォームは、意外と高くなく、小さな窓であれば10万円程度で行えることもあるので、必要であれば早めに行うのがベストです。

そして、トイレの窓は、

・ 日光を取り入れて明るくしたい

・ 匂いや湿気がこもらないように換気したい

など、採光性や換気などがリフォームの主な目的となります。

ただし、現在普及している換気扇との機能的な大きな違いはなく、トイレに窓を設置する方は、換気だけの目的というよりは、「窓をつけて解放感を得たい」、「防寒対策をしたい」という方の方が多いですね。

トイレの窓のリフォームで気を付けるべき点は?

出典:JAHBnet HP

取り付けることを決定したら、トイレの窓のリフォームで気をつけるべき点は、何よりもまず「位置」です。

特に、トイレが1階と2階以上では、位置の考え方も異なってきて、これは防犯やプライバシーの観点でも大事なことです。

ちなみに、1階なら高い位置が推奨され、2階以上になるとデザインや手入れを視野に入れたものがオススメです。

また、1階の窓に関する高さの具体的な決まりはないのですが、頭より高い位置が目安とされていて、タイプとしてはオフィスビルなどで見るような回転窓タイプがオススメで、滑り出しのタイプにストッパーも付いているとより安全です。

出典:建材ダイジェストHP

出典:ガラス修理屋net HP

一方、2階以上については床から150~160cmと、身長と同じか目線より少し下程度に設置されているところが多く、1階に比べて防犯の心配はないので、高さは気にしなくても良いことが分かります。

ただ、夜間に照明をつけると入っている人のシルエットが外部から見えてしまう可能性もあるので、磨りガラスタイプを選ぶと安全です。

また、大きさについては、家全体とのバランスやデザインを考えて選ぶ必要があり、家によって差はありますが、一般的に理想とされる最適なサイズは、600mm×700mm程度ですね。

ただし、人通りがなく防犯上大きな問題がなければ、大きめのタイプを取り付けて、解放感があるトイレにするのも良いですね。

どんな形の窓が良い?

トイレの窓のリフォームは、換気・防寒・防犯の対策のために行うことが多いですが、窓の形状にも様々な種類があるのでどれが良いのか迷ってしまいますよね。

そんな方にオススメなのが「滑り出し窓」です。

出典:LIXIL HP

こちらはリクシルの「縦すべり出し窓」ですが、「すべり出し窓」というのは、通常の窓よりも風を採り入れる効果が高く、トイレを心地良い空間に保ってくれます。

また、窓の内側も外側も拭きやすいので、お掃除がしやすく、お手入れも簡単で、清潔感も保たれますね。

スポンサーリンク

トイレの窓のリフォームで失敗の事例は?

トイレの窓のリフォームというと、DIYで済ませて安くあげようとする方が多いです。

ですが、窓の高さを変えるリフォームをしようとしているのであれば、次のような注意点があります。

・ 木造住宅の骨組みには手を加えられない

木造住宅の壁の内部は、柱や「筋交い(すじかい)」などの骨組み部分があり、これは住宅そのものを支える部分なので、壁に穴を開ける時には、これらに干渉しないように気をつけなければなりません。

・ 壁の種類によっては穴を開けると住宅の強度が低下する

柱や筋交いの他にも、壁そのもので住宅を支えている場合もあるので、穴を開けてしまうとこれによって住宅の強度が低下する場合もあります。

・ 簡単には元に戻せない

最初の2点が問題なかったとしても、一度位置をずらしたりすると簡単には元に戻せないので、慎重に検討する必要があります。

なので、素人が中途半端な知識で行わずに、プロの業者に依頼して、相談する方がより確実で安全です。

出典:リフォームコンタクトHP

ちなみに、こちらは他のリフォームと合わせてトイレに内窓を設置した事例で、無事に設置ができているのはもちろんのこと、防寒効果が期待できますね。

スポンサーリンク

トイレの窓の設置リフォームをするなら、リノコで賢く見積りを取ろう!

今回は、トイレの窓の設置リフォームについて、トイレに窓をつける必要性や効果、つける場合に気をつけるべきポイントで高さや大きさ、また、その種類などについて紹介しましたね。

ただし、トイレの窓の設置リフォームをするなら、安全に済ませるためにも、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、何社もホームページを読み込んだり、口コミをチェックしたり、ましてや1社ずつリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりませんよね。

また、トイレのリフォームは外壁の修理などの大規模なリフォームと比べて小規模なので儲からないため、気持ちよく対応してくれるリフォーム業者は少ないです。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、

「地元の業者が10社以上あり、どこに依頼を出したらいいの?」

「1回の工事で相場の3倍以上の300万円をぼったくられた」

「配管の接続ミスでトイレの床がベチャベチャになった…」

といった方をたくさん見てきました。

また、「安かったから」と安易に激安の見積りに飛びついてしまったために、手抜き工事をされてしまい、後から再工事になってしまうなどのトラブルも後を絶ちません。

だからこそ、安全で信頼をおけるトイレのリフォーム業者を見つけるなら、確実に地域密着型の優良施工店だけに依頼できる「リノコ」がオススメです。

リノコの公式サイトはこちら▼

というのも、リノコはリフォーム業者が嫌がりがちなトイレのリフォームの分野に強く、簡単な情報を入力するだけで、全国1000箇所以上の会社からあなたが希望するリフォームに最適な優良業者を教えてくれます。

リノコの紹介

さらに、リフォーム業者の質も当然ながら、徹底したコストカットにより、満足いく安さも実現した業者を複数紹介してくれるので、納得して選ぶことができます。

リノコは安い

また、時間がない方や施工店との交渉がうまくできない方でも、リノコの担当者が窓口となり、面倒なやりとりも代行してくれるので、時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して複数の見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメです。「本当に我が家のトイレをリフォームするべきかどうか」と、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

 

さらに、リフォームを行う際に一番怖いのは失敗することです。

しかし、リノコには、万一ミスや後日の不具合などが発生した場合に備えて、工事に対する保証と取り付けた機器に対する保証など、リフォームプランに見合った充実した保証が用意されています。

リノコの保証制度

そのため、万が一何かトラブルに見舞われた時でもリノコへすぐ連絡できて安心です。

なので、トイレの窓の設置リフォームをするなら、今すぐリノコのサイトで10秒で出来ちゃう簡単見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【完全無料】10秒の簡単入力!優良施工店による安心で確実なトイレリフォーム!
お得な見積りならリフォームの「リノコ」!

トイレのリフォームについてもっと知りたい方はコチラ!

トイレリフォームの費用の相場と事例や口コミ!メーカーの比較も