リビング

リビングの壁のタイルへのリフォーム費用とタイル張りでDIYの注意点!タイルの選び方も

Pocket

リビングの壁で最近人気なのが「タイル張り」ですが、具体的にどのようにリフォームすれば良いか分からない方が多いですよね。

そこで、リビングの壁のタイルの選び方やタイル材の注意点、色選びやおしゃれなタイプ、費用、また、リビングのタイル張りでDIYやマンションの場合の注意点などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、リビングの壁のタイルへのリフォームで費用や工事期間、また、事例などについても気になりますよね。

そこで今回は、リビングの壁のタイルへのリフォーム費用とタイル張りでDIYの注意点、また、タイルの選び方などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

リビングの壁のタイルへのリフォームの色の選び方やおしゃれなタイプ!マンションやDIYの注意点も

カーテンを取り替えたりするだけでも部屋の雰囲気がガラッと変わって見えますが、より部屋の大部分を占める壁や天井の壁紙を貼り替えると、新鮮な気持ちになれるのでオススメです。

そんなリビングの壁のリフォームで最近人気なのが、ワンアクセントとして内装用のタイルを組み合わせるやり方で、費用が1㎡あたり1万~1.5万円前後の追加にはなりますが、ポイントを絞った部分的な施工でも部屋の印象が引き締まります。

それに、湿気や臭いを吸着してくれる機能性があるタイルもあって、1部屋あたり数㎡の施工でも効果が得られるものもあります。

例えば、次のように色や材質なども様々なのでチェックしていきましょう。

・ ソファの壁面の壁にベージュ系のストーンタイル

出典:インテリアサプリHP

茶系のレザーソファーとの相性抜群で、タイルとも同系色でまとまりのあるリビングになっていますね。

・ リビングの壁に凸凹した細い石目調のホワイトタイル

出典:インテリアサプリHP

暖炉のある壁にタイルを張って、モダンかつ温かい雰囲気ですね。

・ 白黒2色のパターンのタイル

出典:インテリアサプリHP

こちらは白黒2色のタイルを縦に張り分けした事例で、どうしても一色に絞れないときにオススメですね。

・ テレビボードのある壁にブラウン系のタイル

出典:インテリアサプリHP

こちらはテレビボードと木製シェルフと相性抜群のブラウン系のタイルを張った事例です。

・ 白と黒の対面壁

出典:インテリアサプリHP

リビングの対面する壁を一方は真っ黒にペイントし、もう一方はホワイトのタイルを張ってモダンな雰囲気に仕上がっていますね。

リビングの壁のタイルの選び方は?

出典:インテリアサプリHP

タイルとは、張り付けて使用する小片状の薄板のことで、陶磁器タイルはもちろん、プラスチックタイル、タイルカーペットなど製品は多伎に渡りますが、最もポピュラーな陶磁器のタイルは水周りの壁や床に用いることが多いですね。

また、耐候性、防火性、防水性に優れた仕上げ材で、酸やアルカリなど薬品にも強く、耐摩擦性もあり、メンテナンスもとっても楽なところが特徴です。

しかも、デザインのバリエーションも豊富で、好みに合わせコーディネートを楽しむことができるのも魅力です。

そんなタイル材ですが、リビングや寝室などに取り入れる場合は、快適な空気環境を生み出す機能を持つタイルもおすすめで、たくさんの微細な孔(あな)を持たせることで、部屋の温度を調整、結露やカビ・ダニの発生を抑える必要があります。

1、 色

リビングの場合は、そこで過ごす時間も長いので、リラックスできるようにタイルとつながる壁部分の素材(クロスなど)を意識して、同系色として統一感を持たせるか、空間のアクセントとなるような色柄を選ぶようにしましょう。

2、 材質

タイルの材質には、先程お伝えしたとおり、消臭効果や調湿機能、耐久性、耐水性に優れているものなど、色々あるので、リビングダイニングなど目的に応じて選ぶようにしましょう。

また、材質は雰囲気にも影響するのですが、アンティーク調でおしゃれな感じにしたいなら、最近人気なのは「ブリック」です。

出典:アドヴァンHP

カラーも茶系のケンブリッジ、ベージュ系のブロードウェイ、白系のマンハッタンなど、様々なカラー展開もあるのが嬉しいですよね。

リビングの壁のタイルへのリフォームでマンションやDIYの注意点!

リビングの壁のタイルへのリフォームは、自分でやってみたい!とDIYに挑戦する方も多いですよね。

ただ、例えば先程紹介したブリックタイルは、通常のタイルに比べて直線ではなく、水性垂直を設定しづらいというデメリットがあります。

出典:toolbox HP

そして、実際に張るときには、床をまず汚れないように養生し、割り付けといって、中心を決めて水平・垂直方向に基準値を引き、ボンドを塗って、張るという作業が必要になります。

出典:toolbox HP

しかも、タイルを自分で切る作業というのが一番ややこしく、力も根気も要るので、これが一番大変です。

出典:toolbox HP

最後に、細かなところを調整するところまでやって、ようやく完了です。

出典:toolbox HP

このように、タイルを壁に張る作業というのはかなり根気がいる仕事なので、自信がない方は無理しないようにしましょう。

・ マンションの場合も

マンションなど、集合住宅の場合は居住者が自己判断でリフォームを決めることができない場合が多く、賃貸の場合はもちろん、持ち家であっても大家さんや管理組合に確認する必要があります。

なので、リフォームしたい場合は事前に確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

リビングの壁のタイルへのリフォームで費用や工事期間の事例!

リビングの壁のタイルへのリフォームの費用や工期は、タイルの商品価格や壁の広さなどによってかなり異なりますが、参考までに一例を紹介しますね。

出典:ホームプロHP

こちらはINAXのストーンモザイコテッセラを採用した事例で、工期は1週間、費用は70万円だったので、参考にしてみてくださいね。

リビングの壁のタイルへのリフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、リビングの壁のタイルへのリフォームについて、タイルの色や材質など、様々な種類や選び方のポイント、イメージについて紹介しましたね。

ただ、リビングのタイルを使ったリフォームをする場合は、信頼できるスキルを持った評判の良いプロの業者に依頼できると安心ですよね。

なので、タイルを使ったリフォームをするなら、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼して相見積りを取ると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、リビングをタイルでリフォームするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!