トイレ

トイレの壁の種類と長所や短所の比較と選び方!リフォーム費用も

Pocket

トイレでは便器だけでなく壁も汚れやすいので、汚れにくさなどを重視してリフォームを検討する方が多いですよね。

なので、トイレの壁の種類でタイルやパネル、シート、クロスなどのメリットやデメリットの比較、黄ばみや汚れ、飛び散り、防水などの機能面や色選び、おしゃれな例、また、選び方などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、トイレの壁のリフォーム費用や事例、また、工事期間などについても気になりますよね。

そこで今回は、トイレの壁の種類と長所や短所の比較と選び方、また、リフォーム費用などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

トイレの壁の種類!長所と短所の比較と選び方も

トイレも含めて壁の種類には、まずはクロス(ビニールクロス、神クロス、布クロスなど)や塗壁(漆喰やプラスター、土物など)などがあります。

出典:リノコHP

ちなみに、トイレのように水回りの壁にはタイルやパネルなど、汚れにくさ、掃除のしやすさなどを重視したものが使われることが多いです。

また、タイルは耐久性や耐水性に優れているので、主に水回りに用いられる素材ですが、調湿や消臭など様々な機能を持つものも増えています。

出典:LIXIL HP

ちなみに、写真はスギ花粉など室内向けの抗アレルゲンの機能を持たせたLIXILの屋内壁タイル「タイルピュア」です。

出典:アイカ工業HP

こちらは多孔質材料なので、室内の湿度が高くなると湿気を吸収し、湿度が低くなると湿気を放出して湿度を調整するLIXILの「モイストNT内装材」です。

出典:ホームプロHP

その他にも、汚れが媚びつきにくく、汚れても落ちやすい加工が施されたパネル状の壁材なら、目地も少ないのでお手入れも簡単で、タイル調のものや石目調のものなど色柄も豊富です。

このように、漆喰(内壁塗装)、クロス、タイル、パネルがメジャーなので、この3種類のメリットとデメリットを整理してみました。

1、漆喰(内壁塗装)

直接塗装する漆喰などの内壁塗装の場合は、

・おしゃれな質感

・カラーが豊富

・汚れても塗り替えができる

・廃材が出ない

などのメリットがありますね。

何と言っても質感が魅力で、カフェやレストランのように重厚で温かみのある空間ができますし、壁材だと落ちない汚れがついたら張り替えなければならないですが、この場合は上から塗れば大丈夫です。

ただ、一方では、

・壁紙から塗装にリフォームするときは手間

・施工費が高い傾向にある

・汚れが付着しやすい

・塗り替え時の匂いが気になることがある

といったデメリットも考えられます。

特にトイレのように汚れやすく、臭いがつきやすいところには、調湿機能や防汚機能がついた壁材の方が良いので、今回の対象にはならないですね。

2、クロス

クロスは紙、ビニール、織物、シートなどいろいろありますが、まずは色やデザインが豊富で比較的安価な材料費、施工費でリフォームできるところがポイントです。

ただ、ビニールクロスの場合は通気性はないため、湿気を放置しておくとカビが出やすいですし、紙クロスは比較的色柄も豊富に選べますが、強度があまり高くなく、色によっては黄ばみやしみが目立ちやすい、落としにくいなどのデメリットが考えられます。

この場合、消臭効果や汚れがつきにくいなどの特徴がある、織物クロスの方がオススメですね。

3、タイル

タイルは耐水性、耐火性、耐久性に優れた素材で、中でも天然石や素焼きのもの以外の釉薬がかかったものなら、カビも生えにくくなり、非常に耐久性が強くなります。

また、最近では抗菌、防汚加工されているタイルも多く販売されているので、トイレ周りにもピッタリです。

ただ、デメリットとしては、価格が高価であることと、揺れの影響などで目地割れや剥離が起こりやすいという点も挙げられます。

4、パネル

壁パネルはタイル並みに耐水性、耐久性があり、ホーローパネルなどだとかなり丈夫で、かつデザインはタイル風などもあって、タイルの良さとパネルの丈夫さなど、いい所取りの壁材です。

ただ、クロスなどに比べればそれほど色や柄の種類が多くないのと、この種類の中でも最も高額になりますし、おしゃれにこだわりたい方には選択肢が少ないところがデメリットと言えるでしょう。

このように、どの種類にもメリットとデメリットがあるのですが、この中でどう選ぶかというと、ポイントとしてはやはり、

・掃除のしやすさ

汚れ、飛び散りなどが気にならない防水効果・防汚効果があるか

・そもそも汚れにくいか

黄ばみが付着しにくいか、臭いが消えやすいか

などがポイントと言えるでしょう。

なので、見た目の綺麗さやおしゃれなデザインなどだけでなく、水回りとしての利便性をしっかりチェックするようにしましょう。

こうしたトイレの壁材については、種類別に次の記事でより詳しくお伝えしているので、合わせてチェックしてくださいね。

(関連記事:トイレの壁パネルの種類と比較やリフォーム費用!DIYの失敗例も

(関連記事:トイレの壁タイルの種類と比較やリフォーム費用!DIYの失敗例も

(関連記事:トイレ壁紙のおしゃれな例や人気色!張替え費用やDIYの失敗例も

また、色を選ぶ際には、汚れにくさも含めて、風水との関係なども合わせて検討すると、家の中でもリラックスできて、掃除が少なくて済み、しかも運気が上がるトイレになりますよ。

スポンサーリンク

トイレの壁のリフォーム事例や費用!工事期間も

トイレの壁材のリフォーム費用の相場は、クロスであれば2万~4万円ほどですし、アクセント程度の一面のみの張替えであれば1万円程度で済むこともあります。

ただ、ハイグレードな機能を持つ壁紙にする場合にはさらにプラス5千円前後かかります。

それに比べて、タイルの場合は5万~8万円程度になるのでだいぶ違いますよね。

出典:ホームプロHP

ちなみに、パネルの場合はタイルよりは安価に済み、こちらの事例はトイレ自体も交換して、カウンターも取り付けているので全体で34万円、工期は3日となっていますが、壁パネルだけだと20万円程度で工期は1日でも済みます。

また、こうしたトイレの壁材はホームセンターやインターネットでも購入できるので、DIYで済ませる人もいますが、一番軽量のクロスでも角部分などは隙間ができてしまうので、それなり技術が要りますし、パネルやタイルの場合は重くて危険なので、プロの業者に依頼した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

トイレの壁をリフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、トイレの壁材について、漆喰、クロス、パネル、タイルなどのメリット・デメリットを比較し、選び方のポイントもお伝えした上で、リフォーム費用や事例もチェックしましたね。

ただし、こうしたトイレの壁をリフォームするなら、安全に済ませるためにも、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者います。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、トイレの壁をリフォームするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!

トイレのリフォームについてもっと知りたい方はコチラ!

トイレリフォームの費用の相場と事例や口コミ!メーカーの比較も