結露

壁の結露の原因とヒーターや断熱材等の対策!リフォームの費用も

Pocket

家の壁は物に隠れて普段目にしないところなどが気づかぬうちに結露していて、年末の大掃除なんかでカビが大量に発見されたりしますよね。

そんな壁の結露の原因と、対策として防止シートや断熱材、ヒーターやカビの掃除、DIYの方法で発泡スチロールなどについても知りたいのではないでしょうか。

それから、壁の結露のリフォームで費用や工事期間、事例や注意点も気になりますよね。

そこで今回は、壁の結露の原因とヒーターや断熱材などの対策、また、リフォームの費用などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

壁の結露の原因とは?ヒーターや断熱材等の対策も

家の中のあらゆる壁は、目に見える表面的なところだけでなく、壁内にも結露が潜んでいると問題になっており、これは内部と外部の温度差が激しい時に発生します。

こうした結露とは、内部と外部の気温差が激しい時に窓ガラスなど温度が低い場所で暖かい空気を含んだ空気が冷やされ、水蒸気の一部が水に変わる現象です。

そして、普通家で結露が発生する場所と言えば窓を思い浮かべる方が多いですが、実は暖房の熱が届かない部屋の壁にも発生しやすいのです。

それから、結露は水分ですが、日本の家は木造建築が大半のため、過剰な水分は腐食の原因となり、土台を痛めてしまいます。

また、壁内結露とは壁の内部に発生する結露のことですが、現在の住宅は壁の内部に断熱材が入っているので、この断熱材のおかげで気密性が高まって冷暖房が効きやすくなり、そのせいで内部と外部の温度に差が発生します。

このとき、室内の湿気が壁を通過して断熱材の中で結露してしまい断熱材が濡れて、放置され、放置されたところにカビが生えるという仕組みなんですね。

このように、壁内結露は家そのものに深刻なダメージを与え、カビが発生すればカビの胞子は壁紙をすり抜けて部屋の内部へと侵入し、アレルギーの原因になる可能性もあります。

ただ、壁の内部などは大規模なリフォームをしない限り確かめることはできず、気づかぬうちに家全体の断熱材がダメになってしまうと交換に多額の費用がかかって手遅れになることもありますよね。

壁の結露の対策とは?

それでは、壁の結露の対策方法をチェックしていきましょう。

1、 壁紙をビニール製のものに換える

これは最も安上がりな対策で、ビニールは水分を通さないので、壁の内部の結露の対策にはなります。

その代わり、室内の壁に結露が発生する可能性があるので、もしも見つけたらアルコールスプレーし、布でその都度拭き取るなどして掃除をするようにしましょう。

それから、除湿器を用意して可能な限り湿気を取り除くと良く、この方法では限界がありますが、何もしないよりはマシですね。

2、 防湿シートを張る

これは主にこれから家を建てる人にお勧めで、断熱材と壁の間に防湿シートを張る方法です。

これによって、たとえ湿気が壁を通して入ってこようとしても通りにくく、断熱材が濡れにくくできます。

これについては、壁内で結露しにくい断熱材などを製造会社の商品の中で探し、家を建てるときや、リフォームの際に検討するようにしましょう。

ちなみに、一枚数百円~数千円で販売されているので、DIYで個人が張ることも可能です。

3、 外部断熱にする

外部断熱とは、柱や筋合いに邪魔されず、家中をすっぽりと断熱材でくるむ方法で、この場合は外壁の間に断熱材を入れるので、壁内結露が起こりにくくなります。

しかし、外部断熱は従来の内部断熱よりも費用が高くなりがちで、施工実績が豊富な有能な業者に依頼できなければ実現は難しいでしょう。

4、 結露防止ヒーター

結露防止ヒーターとは、結露しやすい物の温度を一定に保ち、温度差を減らすことで結露の防止につながるというヒーターです。

そして、最近では窓用の結露防止ヒーターも一般的になり利用している家庭も多いですし、これらは壁にも有効なのでオススメです。

5、 DIYで発泡スチロール

DIYで結露対策を行うなら、前述の防湿シートのほか、発泡スチロールで対策するという手もあり、結露する壁には10mm程度の発泡スチロールを切り、両面テープで張ると良いでしょう。

ただし、発泡スチロールと壁との間にすき間があると、空気が入ってこれも結露の原因になってしまうため、家具などでしっかり押さえる必要があります。

なので、どちらかというと結露防止シートを張った方が良いですが、壁全面に使うとシート代がそれなりにかかりますし、どちらもこまめな確認が必要になって大変ですよね。

スポンサーリンク

壁の結露でリフォームする際の費用は?注意点も

壁の結露対策について、身近ですぐできるものから色々と紹介しましたが、どれも根本的な解決にはなりづらく、壁内結露にいたっては個人でチェックするのは難しいですよね。

そこで、劣化しやすい室内の壁は断熱リフォームをしてしまった方が良く、コンクリート面の内側に断熱材を張りつけることで、室内側の壁面が冷えないようになるのでオススメです。

そして、工事にはボード状になった断熱材を取り付ける、発泡ウレタンの断熱材を吹き付けるなどの方法がありますが、その分だけ厚くなり、内側に壁が出てくることになるので、家具の寸法は改めて見直すようにしましょう。

こうしたリフォームは根本的な対策もできるところがメリットですが、デメリットとしてはある程度の費用を覚悟しなければならないということですよね。

それから、壁の断熱リフォームをする場合、かかる費用は条件により様々ですが、だいたいの相場として、1平方メートルあたり約1万~2万円ほどになるので、施工費も合わせるとある程度の広さの部屋では30万円~40万円ほどの費用になる場合もあります。

また、工事期間はこれも条件により様々ですが、だいたい2~3日で済むようです。

ちなみに、マンションについては、戸建てなどにはない注意点があるので、次の記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

関連記事:マンションの壁の結露のカビ等の原因と対策!リフォームの費用も

では、こうした壁の結露対策でリフォームを実施した家庭の事例もチェックしてみましょう。

・ 事例1

(出典:住まいるコープ東海HP

天井からボタボタと落ちてくるほどの結露で床もじめじめとしてカビも発生し、部屋として使いづらく、物置として使用されていた部屋をリフォームした事例になります。

途中、雨漏りも発見され、工事中断を余儀なくされたとのことでした。

・ 事例2

出典:名鉄コミュニティライフ株式会社HP

特に結露が起こりやすい窓回りの結露とカビ対策でリフォームをした事例で、壁クロスの張り替え、窓枠交換、窓周辺の壁の下地材交換や断熱材追加を同時に行う複合パネルで悩みを改善した事例になります。

これによって、一年を通じて結露はなくなり、冬場の寒さも和らいだそうです。

スポンサーリンク

壁の結露でリフォームするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

壁の結露対策には、壁紙をビニールシートに貼り替える、DIYで発泡スチロールの壁を作るなど色々ありましたが、どれも根本的な解決にならないため、可能であれば壁の断熱リフォームをすると良く、その費用や注意点についてお伝えしましたね。

そして、壁のリフォームではすき間を作るとそれがかえって結露の原因になったりするため、プロの施工業者に依頼をした方が良いのですが、そのためにはまず、業者へ依頼して見積りをとる必要があります。

ただ、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者も存在するため、どこへ依頼をしたらよいかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

そこで、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積もりを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社から希望に合わせて、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、いつでもどこでも依頼ができますし、そこから価格なども含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することもできるのです。

そのため、たくさんの業者に別々に相談をしたり、個々に見積りを取るときの時間や手間も省けますし、条件が合わないのに無理に契約を薦められることもなく、安心して見積りを取ることができます。

また、費用のことだけでなく、リフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っている段階の方でも判断する上で役立つサイトと言えます。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されているので、何かあった時にもリショップナビに連絡すれば安心です。

なので、壁の結露対策のためにリフォームするなら、まずは今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてみて、今考えているリフォームの適正な相場を調べたり、安心して任せられる最安値の業者を調べてみましょう!

また、リフォームをするかわからないけど、まずはどれくらいかかるか知っておきたいという方も、簡単な入力で見積りが作れるので、とりあえず見積りを作って自分の場合の大体の費用を知っておくと、リフォームを検討する際に役立ちますよ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【無料】30秒の簡単入力で最大50%オフになるお得な見積りを

今すぐチェックするならコチラ!

スポンサーリンク