トイレ

トイレの壁パネルの種類と比較やリフォーム費用!DIYの失敗例も

Pocket

トイレの壁をパネルで施工したいという方は多いですが、やはり水回りは水はねが気になるので、どの種類がいいか知りたいですよね。

なので、トイレの壁パネルの種類の比較で価格や掃除のしやすさ、選び方のポイント、また、張り替えをDIYでする場合の注意点や失敗例などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、トイレの壁パネルのリフォーム費用や事例、また、工事期間などについても気になりますよね。

そこで今回は、トイレの壁パネルの種類と比較やリフォーム費用、また、DIYの失敗例などについても詳しくお伝えしていきます。

完全無料!簡単10秒見積もりはココだけ

スポンサーリンク

トイレの壁パネルの種類と比較!DIYの失敗例も

出典:水彩工房HP

トイレの壁の腰から下は尿はねや水はねが起こりやすいので、リフォームでお掃除をしやすい壁材に変えるのがオススメです。

そして、トイレの壁材というとクロスもありますが、クロスにも耐水や抗菌、防汚、消臭の機能付きのクロスがあり、色や柄は壁材の中でも一番豊富です。

一方、今回のテーマであるパネルには次のようにいくつか種類があります。

・不燃壁材に表面をフィルム加工した大建サニタリー用パネル材(6mm厚で910mm×1820mmが19,200円~)

出典:DAIKEN HP

こちらは耐水と抗菌機能があり、トイレに最適です。

・キッチンパネル(アイカ工業のアイカセラールは935mm×1855mmで13,600円~)

出典:年収300万円台、頭金ほぼ0で注文住宅HP

キッチンパネルは、キッチンでも使えるように表面が鏡面仕上げになっておりツルツルしていて、お掃除がより楽で耐水機能もあるといった感じで、トイレにもオススメです。

出典:タカラスタンダードHP

特に、タカラスタンダードのホーローパネル(鉄板にガラスを焼き付けたパネル)は、表面がガラスなので、耐水性とお掃除のしやすさでは評判も良く、オススメです。

しかも、ホーローは鉄製なのでマグネット式の紙巻き器やタオルハンガー、また、小物を飾ったり、携帯電話を一時置きできるラックなどをいつでも好みの位置に付け替えて使用することもできます。

ちなみに、タカラスタンダードのホーローパネルの場合、施工費用も含みますが、次の通り価格はやや高めですね。

出典:タカラスタンダードHP

また、このように、全体をしっかりガードするパターンと、側面だけ貼り付けるパターンとあるので、注意しましょう。

スポンサーリンク

トイレの壁パネルのリフォーム費用や事例!

トイレの壁パネルのリフォームは、DIYでもできなくはないですが、失敗した場合、元に戻せなくなる恐れがありますし、パネルの破片などが指や足に刺さって怪我する事例が後を絶ちません。

なので、どうしてもDIYで行いたい場合は、あらかじめパネルにシートを貼ってから、パネルを貼るようにして失敗をしないように工夫しましょう。

出典:ポラスHP

こちらは実際にリフォーム業者に依頼してパネル壁にリフォームした事例ですが、内装にクロスと合わせて腰壁パネルを採用しており、床の立ち上がりから光沢とツルッとした質感の腰壁パネルを使用していることで、特に汚れやすい部分はお掃除しやすくなりました。

ちなみに、こちらの工期は1日、クロスも含めて工事費は20万円だったので、その後も安全に使うためにもリフォーム業者に任せた方が安心ですね。

スポンサーリンク

トイレの壁をパネルタイプにリフォームするなら、リノコで賢く見積りを取ろう!

今回は、トイレの壁材でパネルの種類と価格について、お掃除のしやすさなどのポイントを比較し、ホーローパネルの利便性などもお伝えしましたね。

ただし、こうしたトイレの壁をパネル材にリフォームするなら、安全に済ませるためにも、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、何社もホームページを読み込んだり、口コミをチェックしたり、ましてや1社ずつリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりませんよね。

また、トイレのリフォームは外壁の修理などの大規模なリフォームと比べて小規模なので儲からないため、気持ちよく対応してくれるリフォーム業者は少ないです。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、

「地元の業者が10社以上あり、どこに依頼を出したらいいの?」

「1回の工事で相場の3倍以上の300万円をぼったくられた」

「配管の接続ミスでトイレの床がベチャベチャになった…」

といった方をたくさん見てきました。

また、「安かったから」と安易に激安の見積りに飛びついてしまったために、手抜き工事をされてしまい、後から再工事になってしまうなどのトラブルも後を絶ちません。

だからこそ、安全で信頼をおけるトイレのリフォーム業者を見つけるなら、確実に地域密着型の優良施工店だけに依頼できる「リノコ」がオススメです。

リノコの公式サイトはこちら▼

というのも、リノコはリフォーム業者が嫌がりがちなトイレのリフォームの分野に強く、簡単な情報を入力するだけで、全国1000箇所以上の会社からあなたが希望するリフォームに最適な優良業者を教えてくれます。

リノコの紹介

さらに、リフォーム業者の質も当然ながら、徹底したコストカットにより、満足いく安さも実現した業者を複数紹介してくれるので、納得して選ぶことができます。

リノコは安い

また、時間がない方や施工店との交渉がうまくできない方でも、リノコの担当者が窓口となり、面倒なやりとりも代行してくれるので、時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して複数の見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメです。「本当に我が家のトイレをリフォームするべきかどうか」と、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

 

さらに、リフォームを行う際に一番怖いのは失敗することです。

しかし、リノコには、万一ミスや後日の不具合などが発生した場合に備えて、工事に対する保証と取り付けた機器に対する保証など、リフォームプランに見合った充実した保証が用意されています。

リノコの保証制度

そのため、万が一何かトラブルに見舞われた時でもリノコへすぐ連絡できて安心です。

なので、トイレの壁をパネル材にリフォームするなら、今すぐリノコのサイトで10秒で出来ちゃう簡単見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【完全無料】10秒の簡単入力!優良施工店による安心で確実なトイレリフォーム!
お得な見積りならリフォームの「リノコ」!

トイレのリフォームについてもっと知りたい方はコチラ!

トイレリフォームの費用の相場と事例や口コミ!メーカーの比較も