トイレ

トイレに手洗いカウンターを設置する際の注意点!メーカーの比較も

Pocket

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91トイレ内にあると便利なのが手洗いカウンターですが、実用性だけではなく、インテリアにもこだわっておしゃれに仕上げたいですよね。

なので、トイレの手洗いカウンターを選ぶ際、トイレカウンターの造作や収納、高さなど注意するべきポイントや、TOTOやLIXIL(INAX)、ナショナルやパナソニックのTSなど、メーカー別の比較についても知りたいのではないでしょうか。

また、トイレカウンターを通販などで買って、DIYでリフォームできるのかといったことも気になりますよね。

そこで今回は、トイレに手洗いカウンターを設置する際の注意点や、メーカーの比較についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

トイレに手洗いカウンターを設置することのメリットは?メーカーの比較も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

トイレの手洗いカウンターとは、その名の通り、トイレに取り付けられるカウンターのことで、洗面器とセットになっているのが一般的ですが、最近は棚と一体型になったデザインも多く、収納の役割も果たしてくれます。

そして、洗面所で手洗いをすることに慣れている方が多いと思うのですが、手洗いカウンターを設置することで、小さなお子さんや高齢者がいる家庭では、衛生面の観点でもとても重宝されています。

それに、来客者にとっても嬉しいですよね。

また、棚や収納を工夫すれば、マンションなどの空間が狭いトイレでも使い勝手が良くなりますし、模様替えやインテリアにこだわるのが好きな方にとっては、季節に合わせて植物を飾ったりと、楽しみも広がりますよね。

それでは、各メーカーが出しているトイレカウンターについてご紹介ししていきます。

TOTOの手洗いカウンター

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

TOTOでは、収納棚と一体型の手洗いカウンターが出ているので、内装と一体感を出しやすく、必要な機能をシンプルにまとめているので、どんなタイプにしようか迷った時に便利ですよ。

・ レストルームドレッサーセレクトシリーズ

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

そして、TOTOのレストルームドレッサーセレクトシリーズなら、手洗器を選べるだけでなく、好みの小物を置ける「飾り棚」をつけることが可能で、セットで揃えられるので自然に統一された空間コーディネートができるそうです。

それから、カウンターの長さはフリーカットに対応しているので、広いカウンターからミニカウンターまで用途に合わせて設置できますよ。

・ レストルームドレッサーシステムシリーズ

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

TOTOのレストルームドレッサーシステムシリーズは、空間と調和するためコーディネートしやすいすっきりとしたデザインで、直線的な形状がスタイリッシュですよね。

そして、水はねしにくい手洗器とカウンターやキャビネットのみならず、ビルトインのリモコンをつけることも可能で、キャビネットは「スライド扉」「両扉」「片扉」の3種類からセレクト可能だそうです。

LIXILの手洗いカウンター

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

LIXILでも収納棚と一体型の手洗いカウンターが人気ですよね。

・ LIXIL キャパシア 手洗器一体型カウンター

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

LIXILのキャパシアは、思い通りの使いやすさを実現した、選択式キャビネットで人気です。

例えば、座ったままでも扉を下方向へスライドできる「サイドフロートキャビネット」や、女性に嬉しいサニタリーボックス内蔵の「紙巻器付サイドベースキャビネット」、空間を無駄なく活用できる「サイドベースキャビネット」の3タイプから選べるそうです。

そして、カウンターの長さは1mm単位で調整可能で、排水溝はお掃除のしやすさが配慮された設計だそうです。

・ LIXIL コンパクト手洗いキャビネット

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%98

こちらは0.5坪のトイレ空間でも設置できる、コーナー置きタイプの手洗い付きキャビネットで、キャビネットに奥行きがあるので、トイレットペーパーや掃除道具などをしっかり収納できるところがポイントだそうです。

そして、手洗い部分は汚れ落ちの良い「プロガード」コーティングと、傷汚れや細菌に強い「ハイパーキラミック」でキレイが長持ちするところも嬉しいですね。

・ LIXIL 極小手洗いシリーズ

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%99

収納棚とのセットではないのですが、こちらの極小手洗いシリーズは、なんと0.4坪の狭いスペースにも取り付けられるので、トイレ空間が狭い方におすすめの商品です。

そして、こちらも清潔さを守ってくれるプロガード&ハイパーキラミック仕様で、ミニサイズなのに壁排水にも床排水にも対応しているので設置できる環境が幅広くなりますよね。

パナソニックの手洗いカウンター

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%90

自動お掃除トイレの「アラウーノ」が人気のパナソニックでは、「アラウーノカウンター」を上の画像のように様々な展開例からプランを選べるようになっています。

そして、洗面器はトイレと同じで、汚れがつきにくく、掃除が楽になる有機ガラス系新素材を起用していて、ライフスタイルや収納量に合わせて「ベースキャビネット」か「フロートキャビネット」のどちらかも選べるようになっています。

また、新型アラウーノやアラウーノS2のリモコンはカウンター内に取り付け可能なので、スッキリしますよね。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%91

それから、カウンターも2種類あるので、好きな方を選べる楽しみがあります。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%92

ちなみに、アラウーノS2 TTS13 カウンターTSとの組み合わせの場合は、画像のようなイメージに仕上がるそうです。

スポンサーリンク

トイレカウンターを設置する時の注意点!DIYはできる?

トイレカウンターには、メーカーごとに様々な商品が展開されていて、手洗器と収納が一体化したキャビネットタイプと、それらを自由に組み合わせることができるシステムタイプ、また、その中間的な商品もありましたよね。

そして、洗面器にも、比較的小さめのボウルを設置するタイプから、壁に設置するブラケットタイプ、埋め込むタイプ、半埋め込みタイプなどの商品があり、自宅のスペースに合わせて考える必要があります。

なので最低限次のポイントには注意して、トイレカウンターの設置を検討しましょう。

トイレの使い方を明確に!必要なアイテムを検討する

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%93

トイレ手洗器を検討する際には、そのトイレの使い方を明確にすることが大切です。

そして、家族だけで使うトイレなのかお客様も使うのかによって、プラニンングも変わってきますよね。

例えば、家族だけであれば、デザイン性よりも機能性を重視して、予備のタオルや買い置きのトイレットペーパー、掃除用品や洗面用品などを収納できるスペースを確保できるようなキャビネットを取り入れても良いでしょう。

また、キャビネット内の収納容量や掃除のしやすさなどもチェックポイントですよね。

一方で、お客様が利用することが多いのであれば、パウダールームのような空間作りを検討しても良いでしょう。

例えば、こだわりのデザインの洗面器や水洗金具、身だしなみのための鏡を設けたり、花などを飾るカウンターを設けても良いのではないでしょうか。

空間の広さや便器の大きさ、導線などを考慮して

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%94

どのようなタイプの手洗器をプランニングするにしても、まずトイレの空間の広さや便器サイズに適したものを選ぶことが大切です。

そして、出入り口の扉の形状や開き方なども考慮しないといけませんよね。

それから、立ち座りなどの動作をしても余裕のあるスペースを確保し、使い勝手のいい位置に設置することをオススメします。

ちなみに限られたスペースの場合は、コンパクトな手洗器や壁に埋め込むことができるキャビネットタイプをおすすめします。

また最近のメーカー商品には、便器や手洗器などトイレに必要な機器をパッケージしたタイプなども見られますし、既存のスペースを有効利用し、配管などの工夫によって短期工期で施工が可能なリフォーム向け商品も充実してきているので、条件に合わせて取り入れると良いのではないでしょうか。

このように、トイレ手洗器やカウンターは、機器単体だけではなく、ショールームに行って広さごとのトイレ空間に設置された展示もあるので実寸サイズで確認し、デザインだけでなく使い勝手もよく考慮するようにしましょう。

トイレカウンターのDIYは誰でもできる?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%95

トイレそのものもそうですが、トイレカウンターもDIYでリフォームする方が増えていますよね。

そして、DIYで作ると、カウンターの木材や収納箱など、器用な方は理想に合わせて細やかに作り込むことができますし、ホームセンターなどで素材から選ぶことができるので、メーカー商品より楽しいですよね。

ただ、手洗カウンターはその名の通りトイレを使う度に手を洗うので、水をしょっちゅう出すため洗面器の周りは特に、水滴が飛び散る想定で素材を選ぶ必要があります。

でも、素人の方がDIYで作ろうとホームセンターで木材を選んだりすると、カビが生えてしまったりするそうです。

例えば、こちらの方は実際に水滴が飛び散って、カビが生えそうになったところ対処して無事に済んだようです。

“トイレの手洗いは、作り付けの木のカウンターに設置されていて、陶器の後ろはダイレクトに木の壁になっている。

手を洗う度に、この木の壁に水が飛び散り、水滴が壁伝いに陶器の後ろに流れていってしまう。

気にはなっていたが、使っているうちにカビが生えて壁と陶器の境目のあたりが黒くなってきた。

このままほっとくと、後ろが腐っちゃうかもしれない!

ということで、手洗いの後ろの壁の防水対策をすることに。

具体的にはタイルを貼っていきます。

楽天にてタイルのシートを2枚購入、1枚495円と激安。

シートなので、必要な大きさに切って貼り付けるだけとお手軽だ。

まずはコーキング剤で、手洗いの陶器のまわりをぐるりとコーキング、乾いたらタイルに接着剤をつけて壁に貼り付けていく。

タイルシートに結構重量があるので、端に超強力の両面テープを使い固定、タイル固定後、杉の棒剤を使って枠を作成した。”

このように、この方は悪化する前に気づいたので問題なかったのですが、水のトラブルで言えば、配水管の設置できちんと締まっておらず水が漏れてしまい、マンションの場合だと下の階の方に迷惑をかけて、結果的に賠償金で高くついてしまう可能性もありますよね。

また、カウンターの長さを決める時に、トイレのドアの開閉の方向を考慮していなかったという初歩的なミスもあるようです。

このように、トイレカウンターひとつとっても、やはり長い間使って行くものなので、DIYの楽しみはカウンター上に棚を追加して作ったり、花を飾るスペースをコーディネートしたりといった、プラスαの要素にのみ留めておく方が良いのではないでしょうか。

トイレカウンターの設置を含めたトイレリフォームにはリショップナビで賢く見積もりを取ろう!

トイレの手洗いカウンターについて、メーカー別の商品例を紹介しながら、キャビネットタイプやシステムタイプ、その中間タイプと、それぞれの良さやポイントをお伝えしてきました。

そして、収納がコンパクトになったり、洗練されたデザインになったりと良くなるだけではなく、トイレと同じようにこだわっていて、掃除がしやすくなりお手入れの手間が減るのでした。

ただ、選ぶ際にはカウンターサイズや便器の大きさ、導線なども考慮しないと後悔することになりますし、配水管の工事や木材のカビなどもありうるので、DIYではあまりリフォームをしない方が良いとのことでしたね。

なので、トイレカウンターの設置を含めてリフォームする場合は、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者います。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、あなたがトイレカウンターの設置を含めたトイレリフォームを検討しているなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!

トイレのリフォームについてもっと知りたい方はコチラ!

トイレリフォームの費用の相場と事例や口コミ!メーカーの比較も