トイレ

汲み取り式トイレを洋式にリフォームする費用や事例!作業期間も

Pocket

主要都市から離れた地域では、まだ汲み取り式のトイレが使われている場合がありますが、水洗トイレに比べると使い勝手だけでなく衛生面でもだいぶ劣るところがあります。

なので、汲み取り式トイレを洋式にリフォームする際にどれくらいの費用が必要になるのか、作業期間と汲み取り式トイレを洋式にリフォームする際の注意点や、実際にリフォームした人の事例も気になりますよね。

そこで今回は、汲み取り式トイレを洋式にリフォームする際の費用や事例、作業期間についても詳しくお伝えしていきます。

完全無料!簡単10秒見積もりはココだけ

スポンサーリンク

汲み取り式トイレを洋式にリフォームする際の種類と費用や作業期間は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

汲み取り式と水洗トイレの大きな違いは、汲み取り式は下水とつながっていないため、便槽と言われる「し尿」を貯めておく場所から、定期的に溜まった「し尿」を汲み出す必要があります。

そして、汲み取り式トイレの住宅の場合は、トイレ自体に下水が関わらない独立したものなので、雨水と同じように生活排水もそのまま側溝に流すことになります。

こうしたことから、汲み取り式は定期的な汲み取りが必要で便槽の大きさにもよりますが、1回の汲み取りで2,000円から4,000円かかっても、水道料金に下水道使用料がかかりませんよね。

一方で、水洗式は便槽の代わりに「浄化槽」というし尿をある程度きれいにするタンクのようなものを地下に埋設して、そこにトイレの排水を流し込んで、さらに下水へ流しています。

そして浄化槽を埋設する場合は、トイレの排水だけでなく生活排水も浄化槽へ流しこむ必要があるので、住宅から出る全ての生活排水が浄化槽で処理されて側溝へと流れて行くという仕組みです。

そのためトイレを水洗化した場合は、浄化槽の取り付け費用とメンテナンス費用が掛かることになり、メンテナンスは各地域で変わってきますが2~3か月に1回、費用はだいたい下水道使用料と同じくらいで、浄化槽設置費用に関しては各自治体で補助金が出るので、自己負担は少なくなります。

このように、汲み取り方式と水洗トイレでは大きく異なるため、リフォームをする場合も、状況によって色々な方法があるそうです。

リフォームの種類は?

1、 完全な水洗化

前述の通り、浄化槽と言われる中を仕切られたタンク状の大きな容器を地下に埋設し、その中に配管を通してトイレの排水と生活排水を流すので、汚水の流れは浄化され固形物は微生物が分解して泥になり浄化槽の底へと沈みます。

この場合、工事も大掛かりなものになりますし、そもそも配管を通すことができないこともあるので、条件次第では水洗化が不可能である場合もあるそうです。

2、 水洗に限りなく近くなる「簡易水洗」

完全な水洗化が無理な場合やもっと簡易的に行ないたい場合は、便槽にし尿を貯めておいて、定期的に便槽内のし尿を汲み取るという「簡易水洗」という方式があります。

そして、簡易水洗の場合は便器を洋式にする必要があるので、和式の場合はトイレをいったん解体する必要があり、やはり工事が大掛かりになります。

それから、元々洋式の場合は今の便器を交換するだけで良いのですが、交換する便器によっては和式からの簡易水洗化と同じように解体を伴うことがあるそうです。

これによって、人の目に触れる部分はほぼ完全な水洗式と同じように見えますし、トイレに水道管を通して水で流すので、水洗式と同じように衛生面で優れるほか、汲み取り式にありがちな臭いの問題もなくなります。

ただし、汚物を便槽に貯めるという汲み取り式の基本的な構造は変わらないので、手入れの手間や虫の発生など汲み取り式ならではの問題は残ってしまいますし、環境への配慮を考えてもできるだけ完全な水洗化をした方が良いでしょう。

リフォームにかかる費用は?作業期間も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

このように、環境によってリフォーム方法が大きく異なるので、費用も作業期間も幅があるようですが、

・ 小便器の撤去

・ 床の解体

・ 給排水管の配管

・ ウォシュレットや保温便座で必要な電気工事

・ 器具の取り付け

・ 内装

などだけでも期間は5日間ほどかかり、簡易水洗トイレにリフォームすると、45万円から60万円ほどかかるそうです。

さらに、完全な水洗化をする場合、5人用の浄化槽を設置するために工事費用込みで100万円前後の費用がかかる事例があります。

それから、下水道が設置されていたとしても、水洗式便器への交換などトイレ内のリフォーム工事の他に、指定業者による下水道接続工事が必要になるそうです。

そして、費用としては1平米あたり7,000円前後で、総額で20万円ほどかかる事例もあります。

とはいえ、どちらの場合も自治体から補助金が出ることが多く、1割だけの負担で良いこともあるので、汲み取り式からのリフォームを検討するなら、まずは住んでいる地域の役所で確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

汲み取り式トイレを洋式にリフォームした事例集!

それでは、実際に汲み取り式トイレを洋式にリフォームした事例をチェックしていきましょう。

・ 静岡県富士市/夫婦

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94 %e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

立地的に浄化槽の設置が不可で下水道も通っていなかったので、簡易式水洗へのリフォームを行なったそうですが、洋式になって手すりも取り付けることができ、床や壁などもきれいになったので良かったそうです。

そして、費用は45万円(トイレの単独工事の費用)、作業期間は3日かかったそうです。

・ 香川県高松市/夫婦

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

汲み取り式の和式トイレから、洋式の簡易水洗トイレにリフォームした事例です。

そして、費用は29万円(トイレの単独工事の費用)で、作業期間は5日かかったそうです。

汲み取り式のトイレのリフォームをする時の注意点は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

汲み取り式トイレの事例を紹介しましたが、費用はトイレの単独工事の費用のことで前述の通り、環境によっては浄化槽の設置や水道管との接続工事が必要になります。

そして、浄化槽の設置費用に対してはほとんどの自治体が補助金を交付しているので確認すれば費用面は解決することが多いのですが、家の構造や下水の都合で工事ができないこともあります。

それから、トイレというと家の一部のように感じるので工事ができないことを想像できないと思いますが、実際には家の構造は家自体だけではなく、床下や壁の中にある配管、地下に埋設されている配管やケーブル類も含まれるのです。

そのため、現在の家そのものが原因で、汲み取り式トイレから完全な水洗化ができない場合もあります。

こうしたことから、汲み取り式トイレのリフォームを検討する場合は、浄化槽の埋設場所がない、配管の変更が難しい、家の耐久度が低いなどの条件などを加味して、複数のリフォーム業者に判断してもらって相見積もりを取るようにしましょう。

そして、信頼できる業者で適切な価格でリフォームを実施するよう注意してください。

スポンサーリンク

洋式トイレへリフォームをするなら、リノコで賢く見積りを取ろう!

汲み取り式トイレから洋式トイレへリフォームする場合について、費用の相場や作業時間、実際のリフォームの事例、汲み取り式トイレのリフォームの注意点についてご説明しました。

そして、汲み取り式トイレの場合は、浄化槽の設置や、排水管の接続など、環境によってはトイレの単独工事以外の検討事項や、多額の費用がかかってくるのでしたね。

そのため、費用に関しては自治体の補助金の交付について確認する必要があるのでしたが、浄化槽の設置は場合によってはできない場合もあるとのことでした。

こうしたことから、汲み取り式トイレをリフォームする場合は、複数の業者から相見積もりを出してもらって適切な価格で信頼のできる業者に依頼する必要があるという注意点がありました。

とはいえ、何社もホームページを読み込んだり、口コミをチェックしたり、ましてや1社ずつリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりませんよね。

また、トイレのリフォームは外壁の修理などの大規模なリフォームと比べて小規模なので儲からないため、気持ちよく対応してくれるリフォーム業者は少ないです。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、

「地元の業者が10社以上あり、どこに依頼を出したらいいの?」

「1回の工事で相場の3倍以上の300万円をぼったくられた」

「配管の接続ミスでトイレの床がベチャベチャになった…」

といった方をたくさん見てきました。

また、「安かったから」と安易に激安の見積りに飛びついてしまったために、手抜き工事をされてしまい、後から再工事になってしまうなどのトラブルも後を絶ちません。

だからこそ、安全で信頼をおけるトイレのリフォーム業者を見つけるなら、確実に地域密着型の優良施工店だけに依頼できる「リノコ」がオススメです。

リノコの公式サイトはこちら▼

というのも、リノコはリフォーム業者が嫌がりがちなトイレのリフォームの分野に強く、簡単な情報を入力するだけで、全国1000箇所以上の会社からあなたが希望するリフォームに最適な優良業者を教えてくれます。

リノコの紹介

さらに、リフォーム業者の質も当然ながら、徹底したコストカットにより、満足いく安さも実現した業者を複数紹介してくれるので、納得して選ぶことができます。

リノコは安い

また、時間がない方や施工店との交渉がうまくできない方でも、リノコの担当者が窓口となり、面倒なやりとりも代行してくれるので、時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して複数の見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメです。「本当に我が家のトイレをリフォームするべきかどうか」と、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

 

さらに、リフォームを行う際に一番怖いのは失敗することです。

しかし、リノコには、万一ミスや後日の不具合などが発生した場合に備えて、工事に対する保証と取り付けた機器に対する保証など、リフォームプランに見合った充実した保証が用意されています。

リノコの保証制度

そのため、万が一何かトラブルに見舞われた時でもリノコへすぐ連絡できて安心です。

なので、汲み取り式トイレをリフォームするなら、今すぐリノコのサイトで10秒で出来ちゃう簡単見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【完全無料】10秒の簡単入力!優良施工店による安心で確実なトイレリフォーム!
お得な見積りならリフォームの「リノコ」!

トイレのリフォームについてもっと知りたい方はコチラ!

トイレリフォームの費用の相場と事例や口コミ!メーカーの比較も