トイレ

3大トイレメーカー徹底比較2018!評判の比較や選び方のコツも

Pocket

トイレのリフォームでは、三大トイレメーカーであるTOTO、リクシル、パナソニックのトイレで検討する方が多いですよね。

なので、トイレの比較としてTOTOやリクシル、パナソニックの商品の比較で特徴、価格、リモコン、掃除のしやすさと汚れにくさ、フチレス、タンクレスタイプ、泡洗浄と洗剤の注意点、色のバリエーションやサイズ、水量、節水効果、パネル、手洗いなどの比較、また、選び方などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、トイレをリフォームする際のリフォーム費用の比較も気になりますよね。

そこで今回は、2018年現在の3大トイレメーカー徹底比較、また、評判の比較や選び方のコツなどについても詳しくお伝えしていきます。

完全無料!簡単10秒見積もりはココだけ

スポンサーリンク

3大トイレメーカー徹底比較2018!TOTOやリクシル、パナソニックのトイレの特徴や価格、掃除のしやすさは?

国内の三大トイレメーカーにはTOTO、リクシル、パナソニックがあり、各社で掃除のしやすさやデザイン性、リフォームのしやすさなど特徴を出して人気を競っています。

そこで、今回は各社の人気商品に焦点を当てて、違いを比較し、ベストなトイレリフォームができるようにチェックしていきましょう!

TOTOの人気トイレの特徴や価格!

「TOTOのトイレを選べば間違いない」と言われるほど、知名度も信頼性も高いトイレメーカーがTOTOですが、トイレの可能性をとことんまで追求しており、トイレの特許技術も数多く取得しています。

そのトイレの特徴は「いつも清潔」、「お掃除楽々」、「節電・節水」、「上質な洗い心地」で、次のように様々な技術が標準で搭載されています。

・トルネード洗浄

出典:TOTO HP

代表的なTOTOの機能といえば「トルネード洗浄」で、同社が長年培ってきた経験を生かし、渦状の水流によって少ない水量でもしっかり便器の内側を満遍なく洗浄することができます。

・セフィオンテクト

出典:TOTO HP

セフィオンテクトも、TOTOのトイレに標準で装備されている技術で、これは陶器の表面の凸凹をナノレベルでツルツルにしてくれるので、従来品では汚れがこびりついていた凸凹部分を減らすことで、便器内の汚れを一掃することができます。

・クリーン樹脂

出典:TOTO HP

TOTOのウォシュレット便座、ノズル、ノズルケースには独自のクリーン樹脂を使用しており、汚れを弾く素材なので、サッと拭くだけでお手入れができます。

・フチなし形状

出典:TOTO HP

さらに、清掃性を極めて開発されたのが「フチなし形状」で、汚れを取りにくかったフチ裏がなくなったので、お掃除が簡単になりました。

ネオレストシリーズ

出典:TOTO HP

TOTOで一番有名なシリーズ「ネオレスト」は、ウォシュレット一体型のハイブリッドシリーズで、特に衛生的なところが魅力です。

ちなみに、その清潔さを保ってくれるのが「きれい除菌水」と言って、水道水に含まれる塩化物イオンを電気分解して作られる除菌成分を含む水を使用しているので、汚れ防止に役立ちます。

また、前述で紹介したセフィオンテクト、クリーン樹脂のおかげで綺麗を保つことができ、フチなし形状でお掃除が楽になり、清潔感もバッチリなのがネオレストなんですね。

しかも、ネオレストはTOTOのトイレ製品の中でも最高レベルの超節水トイレで、従来品(13L使用)の約71%カットの3.8Lを実現しています。

従来品は、1回の洗浄によっておよそ13L使用していましたが、これによってネオレストでは水道代が年間で約15,000円もお得になりますね。

それから、デザインとしては、通常のネオレストシリーズには、

・直線が基調のシャープな「AHタイプ」

・曲線基調で優しい印象の「RHタイプ」

・オーソドックスな「DHタイプ」

の3つのタイプが展開されています。

出典:TOTO HP

色もホワイト、パステルアイボリー、パステルピンク、ホワイトグレーと可愛らしいマットな感じが素敵ですが、リモコンのカラーは一色のみです。

これに加えて登場したのがネオレストNXで、これは通常のシリーズがさらに進化して発売された最もグレードの高いトイレです。

ちなみに、ウォシュレットの機能部分を包み込むような便器形状に一新され、陶器の美しさを引き出す優美な曲線など、隅々まで一切の隙がないデザインが特徴です。

さらに、リモコンが内蔵されたパネルになっていて、トイレで用を済ませた後、指一本で洗い流したり、蓋を開閉したりといったように、とにかくスマートなトイレ体験ができます。

ちなみに、ネオレストシリーズの価格帯は次のようになっています。

・TOTOネオレストAHタイプ

価格帯:344,000円~

・TOTOネオレストRHタイプ

価格帯:344,000円~

・TOTOネオレストDHタイプ

価格帯:279,000円~

・TOTOネオレストNX

価格帯:570,000円~

このように、ネオレストNXはかなり高価格帯ですが、家電レベルと言っても過言ではないスペックになっているので、価格相応に感じられますね。

これらのネオレストシリーズは、低水圧のマンションでも設置しやすいリモデル専用の便器やオプション品も豊富に出ているので、検討しやすいシリーズと言えるでしょう。

レストパル

出典:TOTO HP

レストパルには「レストパル」、「レストパルF」があり、フローティングデザインのトイレと、レストルームに必要な便器とキャビネットをパッケージにして、デザイン性のあるトイレです。

その最大の特徴は便器が床から浮いていることで、トイレの中でも一番掃除がしづらかった便器と床の間の隙間がないというのが大きなメリットです。

また、床全体のお掃除は雑巾でもクイックルワイパーでもスイスイ作業ができ、デザイン性だけでなく「ウォシュレット」、超節水の「4.8L洗浄」、使うときだけ温めて節電できる「瞬間暖房便座」、便器を清潔に保つ「除菌水」と機能も充実しています。

しかも、便器の後ろの大型キャビネットや、手洗い器キャビネットには、収納スペースがたっぷりあって、丸ごと収納タイプならトイレットペーパー1ダースもそのまま収納可能です。

その他、ユニバーサルデザインにも対応しているので、立ち座り時に手を置いて使える手すり機能のあるカウンターもつけることができます。

ちなみに、レストパルシリーズの価格帯は次のようになっています。

・TOTOレストパルF

価格帯:390,000円~

・TOTOレストパル

価格帯:277,600円~

GG

出典:TOTO HP

「GG」と「GG-800」は2014年5月に発売された比較的新しいシリーズで、GGの方はタンク式なのにコンパクトなローシルエットが最大の特徴で従来品に比べると高さ22cm、奥行き7cmを軽減しているので、狭いトイレでもリフォームしやすいところがポイントです。

ちなみに、中高層階マンションで水圧が低い場合でも対応しています。

出典:TOTO HP

一方、GG-800の方は、便器の後ろに子供やお年寄りにも使いやすい高さ80cmの手洗いボウルがついていることで、家族全員が使いやすいですね。

こうした「GG」、「GG-800」では、セフィオンテクトを搭載し、便座に座ると自動的に便器内に水を吹きかけるプレミストもついているので、水のクッションを作って汚れの付着を大幅に減らすことができます。

ちなみに、GGシリーズの価格帯は次のようになっています。

・TOTO-GG

価格帯:230,000円~

・TOTO-GG800

価格帯:235,000円~

ピュアレスト

出典:TOTO HP

ピュアレストの一番の特徴は、予算や必要に合わせて便座と便器の組み合わせをセレクトできるということで、手洗いの「あり・なし」も選べます。

また、フチなし形状・セフィオンテクト・きれい除菌水も標準で装備しています。

出典:TOTO HP

しかも、節水効果は従来品と比較して63%の節水を実現しているので、ネオレストほどではないですが、4.8L洗浄ができ、ecoボタンがリモコンについていて男性の小用時や掃除の時などに少量の水で済ませたいときに便利です。

また、スタンダードで安価なピュアレストQRと、やや価格は高めになりますがデザインやサイドカバー、排水壁について違いがあるピュアレストEXの二つがあります。

ちなみに、ピュアレストシリーズの価格帯は次のようになっています。

・TOTO ピュアレストEX

価格帯:227,400円~

・TOTO ピュアレストQR

価格帯:227,400円~

TOTOのトイレまとめ表はこちら!

TOTOのトイレはデザインも特徴も多岐にわたるので、まとめた一覧表を紹介しておきますね。

(excel:toto_toilet比較)

こうして見てみると、価格帯も60万円近いものから20万円近いものまで色々あるのがわかります。

なので、

・掃除のしやすさ

・デザイン性の高さ

・水量と節水効果

・リフォームのしやすさ

・瞬間暖房便座機能つきかどうか

の中で何を優先したいかどうか検討した方が良いでしょう。

また、TOTOのトイレはグレードが高くなればなるほど、本当にお掃除が簡単になっていて、泡で丸ごと洗ってくれる自動お掃除機能がついているものもありますが、人間が全く掃除をしなくても良いわけではありません。

なので、日々のお掃除はなくならないということを前提に、少しでも楽にしたいかどうかという点で掃除のしやすさを見たほうがいいですね。

リクシルの人気トイレの特徴や価格

陶器メーカーのINAXが住宅機器や建材メーカー5社で統合してできたメーカーが「リクシル」で、そんなリクシルのトイレでは落ちにくい汚物汚れも水を流すだけでつるんと落ち、リンク状の黒ずみや便器のくすみの原因となる水垢がこびりつかない「アクアセラミック」が搭載されていることがポイントです。

また、プラズマクラスターイオンが便器内の除菌と臭いを抑制してくれるので、家族みんなが使う朝や、休日でも綺麗なトイレが長続きし、急な来客でも安心することができます。

それから、超節水のECO4(大洗浄4L、小洗浄3.3L)と、ECO5(大洗浄5L、小洗浄3.8L)、節水のECO6(大洗浄6L、小洗浄5L)の3タイプから選べるようになっており、ECO4なら水道料金が1年で約14,700円もお得になります。

出典:LIXIL HP

しかも、「お掃除リフトアップ機能」といって、便器と便座の隙間も奥までしっかり掃除ができますし、サティスシリーズならリモコンボタンを押すだけで機能部が持ち上がるので手間いらずです。

サティス

出典:LIXIL HP

リクシルトイレの中では唯一のタンクレス式のトイレが「サティス」で、その中でも世界最小サイズと言われているのが「サティスS」です。

そして、サティスにはS以外にも「Eタイプ」、「Gタイプ」とあり、この中で一番昔からあるEタイプでも奥行き650mmと超コンパクトなので、どんなトイレ環境でも広々としたリラックス空間にリフォームできますね。

また、リクシル独自の「ハイパーキラミック」効果で便器を傷から守り、プロガード(防汚コーティング)の持続効果で頑固な水垢の汚れもつきにくくなります。

このようにサティスでは、Eタイプをベースに進化したSタイプはさらにコンパクトになり、かつフルオート便器洗浄、温風乾燥、省エネ便座などの機能がタイプ別についていたり、「Gタイプ」はリッチな質感と洗練されたデザインでツルッとした見た目で汚れも落としやすい、という特徴があります。

ちなみに、価格帯は次の通りです。

・Eタイプ

価格帯:199,000円~

・Gタイプ

価格帯:353,160円~439,560円

・Sシリーズ

価格帯:301,320円~387,720円

リフォレ

出典:LIXIL HP

リフォレはトイレとは別に手洗い器を設置でき、トイレ室内に合った収納や機能を選択できるところが特徴で、工事期間もたった1日で済むというリフォーム向きのトイレです。

ちなみに、タンクトイレなのにタンクレストイレのようにデザインがスッキリしているので、どんな環境でも設置しやすいのにデザインは優れているというポイントもあります。

また、デザインはシンプルでスッキリしたデザインのI型と手洗いの動作が楽になるL型のどちらかから選べるようになっていますが、I型は手洗いつきか手洗いなしの選択式、L型の場合は手洗いなしを選択できないという違いがあります。

ちなみに、価格帯は次の通りです。

・I型

価格帯:252,000円~

・L型

価格帯:383,000円~

プレアス

出典:LIXIL HP

プレアスはコンパクトでゆとりのある空間を演出する「LSタイプ」と、手洗いのしやすさにこだわった「HSタイプ」の2タイプがあり、こちらもアクアセラミック搭載で、前出寸法を720mmに抑えたコンパクトフォルム、フチレス形状で丸ごとお掃除ができるというポイントがあります。

また、メーカー希望小売価格は230,000円~ですが、インテリアリモコンをオプションで選ぶと別途83,500円かかります。

アステオ

出典:LIXIL HP

アステオは、奥行き710mmとコンパクトでスタイリッシュな形状が特徴で、通常のトイレに比べると50mmも省スペースになっており、トイレ空間が広々と感じられるようになっています。

また、重量も平均4.2kgと世界最小サイズを目指しており、時代に合ったコンパクトなトイレで、233,000円~とお値段もコンパクトで、便器にはリクシルならではのアクアセラミック搭載、汚れが付着しにくく、継ぎ目のないシームレスな作りでサッと一拭きでお掃除が完了します。

ただし、通常のリモコンがついていますが、スマートフォンリモコンなど遠隔で操作できるリモコンは搭載させることができないタイプになっています。

アメージュ

出典:LIXIL HP

リクシルのアメージュシリーズには、シンプルな機能のみを追求したシャワートイレ一体型便器「アメージュZAシャワートイレ」とフチレスの「アメージュZ」の二つがあります。

また、アメージュZAシャワートイレの方は、価格帯が191,700円~と安価でリフォームしやすく、手洗い器は手の洗いやすさを考えた手洗い鉢で、隙間汚れを楽々掃除できるお掃除リフトアップ機能など、最低限の機能がついています。

それに対して、アメージュZのリトイレは便器とタンクのセットで便座は安売りになっていて、予算や希望に応じて好きな便座をつけられるという、ちょっと変わった商品です。

ちなみに、タンクの横幅がコンパクトで、シンプルな外観の便器で、ピュアホワイト、オフホワイト、ピンク、ブルーグレーの4色展開があり、水たまり面は若干狭目になっています。

リクシルのトイレのまとめ

出典:リノコHP

鉢内除菌やアクアセラミックといったリクシルの標準機能に加えて、節水効果などをまとめた表は上記の通りです。

こうしてみると、サティスはかなり機能が充実しているのに他のシリーズと価格がそれほど変わらず、かなりコスパがいいですよね。

パナソニックの人気トイレの特徴や価格!

トイレのリフォームを考えている人のほとんどがお掃除のしやすさをポイントにしていますが、そういう意味で一番機能が高いとされているのがパナソニックのアラウーノシリーズです。

新型アラウーノ

出典:パナソニックHP

新型アラウーノは全自動お掃除タンクレストイレで、最もハイグレード機種にあたり、

・軽くて水垢に強い有機ガラス系新素材

・可動式排水トラップ「ターントラップ方式」

・台所用洗剤の泡で汚れを落とす「激落ちバブル」

・小便汚れを防ぐ「トリプル汚れガード」

という特徴があり、上記をベースにした上で、「タイプ1」、「タイプ2」、「タイプ3」とあります。

これらの3タイプは、

・タイプ1:希望小売価格(税別):335,000円~

・ タイプ2:希望小売価格(税別):300,000円~

・ タイプ3:希望小売価格(税別):275,000円~

という価格帯になっています。

ちなみに、タイプ1が最上位、タイプ2には速暖便座がつき、タイプ1には温風乾燥、ナノイー、LED照明がついているという違いがあります。

出典:パナソニックHP

また、デザインも家電製品のような直線的なラインがかっこよく、カラーはホワイト、パールピンク、パールホワイト、マットブラックから選べて、リモコンもホワイトとブラックがあり、各ボタンがかなり大きくてボタンの押し間違えがないデザインになっています。

アラウーノSII

出典:パナソニックHP

アラウーノシリーズは、全て自動洗浄システムが搭載されたトイレですが、その中でもSIIは希望小売価格が196,000円と通常のアラウーノよりも安価です。

そして、搭載されている機能としては、

・激落ちバブル

・トリプル汚れガード

・有機ガラス系新素材

といったラインナップで、デザインは新型アラウーノの方が優れているので、新型アラウーノについだミドルクラスにあたります。

ちなみに、子供が誤ってお尻洗浄ボタンを押さないように「チャイルドロック機能」がついていたり、温水洗浄便座の消費電力を約27%削減するエコモードも注目されています。

なので、ファミリータイプとしてとても便利そうですが、低水圧に対応していなかったり、洗浄水量も大5.7Lと改良されていないところもあり、超節水効果ならやはり新型アラウーノの方がオススメです。

アラウーノV

出典:パナソニックHP

アラウーノVはアラウーノシリーズの中でも最も価格が安く、メーカー希望小売価格が174,000円~ととってもお買い得です。

そして、タンクレストイレなのに低水圧に対応しているので、設置可能な範囲が広く、大洗浄4.6L、小洗浄3.0Lと節水タンクレストイレなので、特に小をしたときにたったの3.0Lで綺麗に洗浄することができるので、これはTOTOのネオレスト並ですよね。

しかも、タンクレストイレなのに自分の好きな便座を組み合わせることができるので他社のウォシュレットを組み合わせることもできますし、手洗いつきか手洗いなしか選んだり、手洗い場もトイレの便器も有機ガラス系新素材を使っているのでお掃除が楽々です。

さらに、壁排水にも対応しているので、柔軟にリフォームに対応することができますし、壁リモコンでも操作が可能で、大きい文字で間違いにくい仕様になっています。

ちなみに、これらのアラウーノのトイレは全て有機ガラス系新素材を採用しているので、汚れを含んだ汚れを含んだ水滴を弾くため、水垢が表面に固着しにくいです。

しかし、お掃除の際にはナイロンブラシの柔らかいタイプで、また、酸性やアルカリ性の洗剤を使うと表面の傷や故障の原因になってしまうので、中性洗剤を使うようにしてください。

スポンサーリンク

3大トイレメーカーにリフォームした方の評判まとめ!

それでは、今回紹介したトイレにリフォームした方の口コミや評判を紹介していきますが、ここではまとめだけ紹介しますね。

TOTOの人気トイレの口コミまとめ

ネオレストシリーズの口コミまとめ!

TOTOネオレストシリーズは、

・デザインも機能面もすごい

・節電、節水力が良くて月々の支払いがぐんと減った

・とにかく掃除がしやすい

と嬉しい声がたくさんありましたが、その一方で、

・使っていて便利ですが便利すぎて機能を使い切れない

・水はねする

・故障というわけではないのですが、AH1は蓋がとても大きいので、蓋が収納の扉と干渉してしまうので困る

という声もありました。

それに対して、TOTOネオレストNXの口コミは、通常のネオレストシリーズよりも良く、掃除も楽になり、水の流れも綺麗で、何よりデザイン性が高く、シンプルで空間も有効活用できるなどなど、嬉しい声がたくさんありました。

でも、やはり価格が高いので、もともとそれほど機能の豊富さは求めていないという方には高い買い物だった、という声があります。

ちなみに、以下の記事で、口コミの評判や実際にリフォームした方の事例、工事期間を紹介しているので、合わせてご覧くださいね。

(関連記事:ネオレストNXの評判や口コミと施工例!サイズと重量の注意点も

(関連記事:ネオレストハイブリッドシリーズのタイプ別比較と口コミまとめ!

レストパルの口コミまとめ!

レストパルについては、レストパルFの方は便器が浮いていてとにかく掃除がしやすい、背面のキャビネットは収納力抜群で気に入っている、通常のレストパルについては長期的な節水機能が優れているし、汚れにくくて掃除がしやすいという嬉しい声がありました。

ちなみに、以下の記事で、口コミの評判や実際にリフォームした方の事例、工事期間を紹介しているので、合わせてご覧くださいね。

(関連記事:レストパルの口コミや評判!タイプ別の特徴と価格や施工事例も

GGの口コミまとめ!

TOTO-GGは空間がスッキリし、防臭効果など機能面を重視する方には好評で、故障事例などはないようですし、リーズナブルで使いやすいようですが、デザインを重視する方にはあまり好評ではないようです。

なので、トイレは機能面を重視できるのがそれでいい!見た目はこだわらないという方にGGシリーズがオススメと言えますね。

ちなみに、以下の記事で、口コミの評判や実際にリフォームした方の事例、工事期間を紹介しているので、合わせてご覧くださいね。

(関連記事:TOTO-GGの評判や口コミと故障事例!GG1とGG2とGG3の違いも

ピュアレストの口コミまとめ!

口コミまとめでは、ピュアレストシリーズへの評判は上々のようです。

ただ、ある利用者は、タンク式かタンクレスが良いかで悩む方もいるようなので、その点はよく検討した方が後悔なくリフォームできますよね。

ちなみに、以下の記事で、口コミの評判や実際にリフォームした方の事例、工事期間を紹介しているので、合わせてご覧くださいね。

(関連記事:ピュアレストEXとQRの違い!口コミや評判と取り付けの注意点

リクシルの人気トイレの口コミまとめ

サティス

音が静かで、臭いも気にならなくなった、掃除がとにかくしやすいという嬉しい声が多いのですが、ちょっと高いし、こんなに機能はいらないという声もありました。

ちなみに、以下の記事で、口コミの評判や実際にリフォームした方の事例、工事期間を紹介しているので、合わせてご覧くださいね。

(関連記事:リクシルサティスのタイプ別の比較!価格や性能やデメリット!

リフォレ

リフォレは、リフォレならではの“タンクレストイレのように見えて実はタンクトイレ”という特徴に驚き、気に入っている方が多いのと、それによって収納がスッキリし、お掃除もしやすくなった点が好評でした。

また、扉カラーもおしゃれにできる点や、プラズマクラスターで清潔空間を保てるところなど、細やかな配慮にもポイントが高かったようです。

ちなみに、以下の記事で、口コミの評判や実際にリフォームした方の事例、工事期間を紹介しているので、合わせてご覧くださいね。

(関連記事:リフォレの価格と評判やリフォームの事例!I型とL型の違いも!

プレアス

プレアスには悪い口コミが見当たらず、手洗いがすごく使いやすいし、縁がないので汚れがつきにくい、お掃除回数も減ったという嬉しい声が圧倒的に多かったのですが、他の大手メーカーに比べてプレアスのような安いラインはやや故障しやすいようですね。

ちなみに、以下の記事で、口コミの評判や実際にリフォームした方の事例、工事期間を紹介しているので、合わせてご覧くださいね。

(関連記事:リクシルのプレアスの口コミや評判!LSとHSの違いと比較も

アステオ

リクシルのアステオはシャープなデザインで、背もたれもたっぷりあるので、コンパクトと一言で言っても丸くて小さな形状の流行のタイプとは一線を画していると言えるので、好きな人とそうでない人がいるようですね。

ただ、子供が水洗に手が届かなかったり、不具合を感じたりということがあるようなので、ショールームでしっかり確認してからにすると良いでしょう。

ちなみに、以下の記事で、口コミの評判や実際にリフォームした方の事例、工事期間を紹介しているので、合わせてご覧くださいね。

(関連記事:リクシルアステオの評判や口コミと故障事例!掃除のしやすさも

アメージュ

アメージュのうち、アメージュZAシャワートイレは、シンプルな機能で手洗いがしやすく、掃除もしやすいといったところがポイントになるので、高いデザイン性やタンクレスなどのコンパクト感を求めている方には評判が悪いのですが、そうでなければとっても人気が高かったです。

それに対して、アメージュZAシャワートイレは、値段も手頃なので便座にお金を投資できたり、フチナシ形状でお掃除が格段に楽になったりと、良い評判がとても多かったのでした。

ただ一方で、トイレのリフォームというと、デザイン面で評価が最近高いのがタンクレストイレなので、どうせリフォームするのであれば、タンクレスにすれば良かったという声もちらほらあるようでした。

ちなみに、以下の記事で、口コミの評判や実際にリフォームした方の事例、工事期間を紹介しているので、合わせてご覧くださいね。

(関連記事:アメージュZのリトイレ(フチレス)の口コミ!他との比較も!

パナソニックの人気トイレの口コミまとめ

新型アラウーノ

新型アラウーノの便座では、激落ちバブルでお掃除が楽になりますし、フォルムがなんとも素敵で見た目への評価は高いのですが、水位が高くて水ハネが気になるし、ふちの裏が汚れて思ったよりこまめに掃除しなければならないのが気になるという声がたくさんありました。

ちなみに、以下の記事で、口コミの評判や実際にリフォームした方の事例、工事期間を紹介しているので、合わせてご覧くださいね。

(関連記事:新型アラウーノの評判や口コミとタイプ別の違い!リフォーム例も

アラウーノSII

アラウーノSIIは、お手入れのしやすさは格別で、便座に余計な突起がなくて毎日のお手入れにストレスがない、でも座った時にプラスチックがきしむような感覚があるし、あまり使わないでいると水垢や黒ずみはさすがに出てきてしまうという声がありました。

ちなみに、以下の記事で、口コミの評判や実際にリフォームした方の事例、工事期間を紹介しているので、合わせてご覧くださいね。

(関連記事:アラウーノS2の口コミや評判!価格や洗剤などの機能についても

アラウーノV

アラウーノVは、有機ガラス系新素材は確かに汚れにくく、柔らかいブラシでさっと汚れは取れるけど、お手入れに少し気を使うといった声がありました。

ただ、タンクレストイレにしては価格が安くコスパが高いので、低予算重視でお掃除のしやすさにこだわりたい人にはオススメですね。

ちなみに、以下の記事でt、口コミの評判や実際にリフォームした方の事例、工事期間を紹介しているので、合わせてご覧くださいね。

(関連記事:アラウーノVの評判や口コミ!価格や洗剤などの機能についても!

スポンサーリンク

トイレをリフォームするときの費用の比較!選び方も

一般的にトイレのリフォームにかかる工事費用は、和式から様式に変更したり、洋式でも古いものを廃棄して便器と手洗いの設置及び内装工事をする、といった内容で一式30万円程度で、TOTO、リクシル、パナソニックとメーカーによって変わることはないです。

なので、上記の商品価格に加えて大体20万~30万円程度と想定して、詳しくはリフォーム業者に見積もりを取ると良いでしょう。

また、選び方についてですが、上記で紹介してきた通り、トイレを選ぶときは、

1、掃除のしやすさ

2、デザイン

3、価格

4、節電・節水効果

が主なポイントになります。

ですが、見てきて分かる通り、どの点も各社努力を重ねているので、それほど大きな差がありません。

とはいえ、泡洗浄はパナソニック独自のものですし、泡クッションで水ハネや汚れがそもそもつきにくい状態を保ちたいならパナソニック、泡洗浄ではないけど水で掃除のしやすさを求めるならリクシル、そのほかのデザインや節水効果など全てのポイントで高評価のものがよければTOTOを選ぶのが無難でしょう。

つまり、予算内でトイレのリフォームにどこまでを求めるのかによって変わるので、何を重視するのかよく整理して、後悔のないトイレリフォームにしたいですね。

スポンサーリンク

トイレのリフォームをするなら、リノコで賢く見積りを取ろう!

今回は、トイレのリフォームについて、三大トイレメーカーのTOTO、パナソニック、リクシルについて、人気のネオレスト、サティス、アラウーノシリーズなどの特徴や商品ごとの価格、掃除のしやすさや節水効果について整理し、また、比較してから口コミなどについてもお伝えしましたね。

ただし、こうしたトイレにリフォームするなら、コスパ良くベストなリフォームができるように、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、何社もホームページを読み込んだり、口コミをチェックしたり、ましてや1社ずつリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりませんよね。

また、トイレのリフォームは外壁の修理などの大規模なリフォームと比べて小規模なので儲からないため、気持ちよく対応してくれるリフォーム業者は少ないです。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、

「地元の業者が10社以上あり、どこに依頼を出したらいいの?」

「1回の工事で相場の3倍以上の300万円をぼったくられた」

「配管の接続ミスでトイレの床がベチャベチャになった…」

といった方をたくさん見てきました。

また、「安かったから」と安易に激安の見積りに飛びついてしまったために、手抜き工事をされてしまい、後から再工事になってしまうなどのトラブルも後を絶ちません。

だからこそ、安全で信頼をおけるトイレのリフォーム業者を見つけるなら、確実に地域密着型の優良施工店だけに依頼できる「リノコ」がオススメです。

リノコの公式サイトはこちら▼

というのも、リノコはリフォーム業者が嫌がりがちなトイレのリフォームの分野に強く、簡単な情報を入力するだけで、全国1000箇所以上の会社からあなたが希望するリフォームに最適な優良業者を教えてくれます。

リノコの紹介

さらに、リフォーム業者の質も当然ながら、徹底したコストカットにより、満足いく安さも実現した業者を複数紹介してくれるので、納得して選ぶことができます。

リノコは安い

また、時間がない方や施工店との交渉がうまくできない方でも、リノコの担当者が窓口となり、面倒なやりとりも代行してくれるので、時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して複数の見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメです。「本当に我が家のトイレをリフォームするべきかどうか」と、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

 

さらに、リフォームを行う際に一番怖いのは失敗することです。

しかし、リノコには、万一ミスや後日の不具合などが発生した場合に備えて、工事に対する保証と取り付けた機器に対する保証など、リフォームプランに見合った充実した保証が用意されています。

リノコの保証制度

そのため、万が一何かトラブルに見舞われた時でもリノコへすぐ連絡できて安心です。

なので、トイレの壁紙をリフォームするなら、今すぐリノコのサイトで10秒で出来ちゃう簡単見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【完全無料】10秒の簡単入力!優良施工店による安心で確実なトイレリフォーム!
お得な見積りならリフォームの「リノコ」!

トイレのリフォームについてもっと知りたい方はコチラ!

トイレリフォームの費用の相場と事例や口コミ!メーカーの比較も