キッチン

トクラスベリーの悪い口コミとデメリットまとめ!色や収納例も

Pocket

キッチンメーカーの中でも老舗のトクラスが提案する高品質の家族参加型キッチンが「トクラスベリー」です。

なので、トクラスベリーの収納や色、シンクやオプションの食洗機やカップボード、価格や割引率などの特徴、Bbとの違いについて知りたいのではないでしょうか。

それから、トクラスベリーのリフォーム例や口コミ、評判も気になりますよね。

そこで今回は、トクラスベリーの悪い口コミとデメリットまとめ、また、色や収納例などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

トクラスベリーの特徴や口コミは?

・特徴1、家族参加型のワークスペース

トクラスベリーは主婦だけに限らず、家族みんなが一緒に参加して使いやすいように配慮された設計のキッチンで、シンクを中心にして両サイドにワークスペースがあるデュアルワークスペース方式というものを選択することができます。

これによって、同時に作業してもお互いの導線が交わることが少なく体もぶつからず、かつ会話を楽しみながら共同作業ができるので、お子様にも手伝ってもらったりなど、使い方の幅が広がりますよね。

もしくは、大型の食材を解体できるなど、本格的な料理を余裕をもって楽しみたい方にオススメなのが「ワイドワークスペース」です。

・特徴2、大容量で使いやすい収納

まな板や包丁など水周りの作業でよく使うものは、手に取りやすい高さと場所に収納可能なのでとっても便利です。

そして、火周りの収納にはフライパンや、大きめの深いお鍋もしっかり収納できるスペースがありますし、時間差連動引き出しといって上段に分かれている部分があとからついてくるので、蓋は上段に分けて収納したりするなどすごく便利そうです。

また、上記の「連動引き出し」を使った収納例は写真のように、下段に大きめで重たいものを置き、上には細々とした使う頻度の高いものを入れたりできるので、調理をしながら物を探したりするなどに便利です。

・特徴3、汚れにくく傷つきにくい材質や加工

こうしたトクラスベリーのワークスペースの材質は頑丈で美しいことが特徴の人造大理石で、汚れがついてもさっと拭くだけで取れますし、傷がつきにくいのでいつまでも買った時の美しさを保つことができるとしています。

また、シンクはカウンターとの間にすき間がない「シームレス接合」という加工がされているので、しつこい汚れがすき間にたまってお掃除が大変といったことになりません。

それに、多少の熱なら問題ないのでフライパンやヤカンなどを、鍋敷きをしかずに置いてしまってもダメージは受けないそうです。

・特徴4、イメージに合わせてシミュレートできるカラー

トクラスベリーでは、公式HPでこのように自分でカラーを組み合わせて、イメージをシミュレートできるウェブサービスを展開しているので、ぜひ利用されてみてくださいね。

・特徴5、ビルトイン機能

トクラスベリーでは、ビルトイン機能としてガスコンロ用のガスオーブン、電子レンジ、IHヒーター電気オーブン、ウォールビルトインオーブンなど、様々なオーブンから予算や用途に合わせて選ぶことが可能です。

また、食洗機にはリンナイ製の食洗機か、パナソニック製の食洗機のどちらかを選択可能です。

そして、リンナイは専用の洗剤でなくても重曹で汚れをスッキリ分解できる重曹洗浄に対応しており、パナソニックはバイオパワー除菌といって、酵素の力でしつこい油汚れなどもすっきり溶かすことができることが特徴だそうなので、好みに合わせて選んでくださいね。

・特徴6、カップボード

出典:みずらぼHP

こちらは実際にトクラスベリーにリフォームした方のお宅の事例ですが、カップボードにはこのように丈夫に設置し、少しの力で簡単に昇降できるキャビネットがあるそうです。

トクラスベリーの価格や割引率は?

前述の通り、トクラスベリーはカラーシミュレーションサービスなどを使って、かなり多くの色から気に入ったカラーに仕上げることができ、キッチン本体や扉などの部分をトクラスの職人が丁寧に塗装してくれるので、見た目がかなり美しくなるそうです。

そして、ハイグレン・クラフトオーク・マットオークという種類は天然木でできていますし、シャインカラーは114色から選べて、しかも手塗りしてくれるので必然的に高くなります。

一方で、XグレードやAグレード、Eグレード、Cグレードは、手塗りではないので物足りない仕上がりになるようですが、価格は安くなります。

そのため、トクラスベリーの本体価格は定価が825,800円~ですが、塗装のグレードによってこんなに変わります。

・ E・Cグレード…標準価格

・ A・S・L・Wグレード…+93,000円

・ Xグレード…+215,400円

・ シャインカラー・マットオーク…+455,700円

・ クラフトオーク…+563,700円

・ ハイグレン…+1,051,700円

そして、リフォームメーカーなどで購入する際には、定価より割り引きされていることがほとんどですが、トクラスの場合は割引率が低く2割程度しか下がらないそうなので、他のメーカーと比較した時に結果的に高くつくことが多いので注意が必要です。

トクラスベリーとBbの違いは?

トクラスベリーは塗装などのこだわり方でかなり高価格になることが分かりましたが、トクラスには普及用に安価なBbという製品があり、基本的な性能は全く同じなのだそうです。

そして、実際に使っている方の比較で、次のようなささいな点だけが異なることが分かりました。

・ 下の引き出し画材の形状

ベリーは下の引き出しの蹴りこみの高さが低いのに対して、Bbは下の引き出しがすべて蹴り込みになっており、キッチンの画材ではない。

・ 引き出しの割り付け

ベリーには3段引き出しがついていますが、Bbにはついていません。

このほかにも、ベリーは引き出しが全て引き出せますがBbは引き残しがあったり、ベリーは引き出しの内部の仕切りが充実しているがBbは何もなかったり、Bbは基本的に浅型の食洗機が内蔵されているそうです。

このように、特に収納の点でベリーの方が充実しているそうですが、価格が実際に工務店などで見積をとると、ベリーに対してBbは10万円強も安く済むケースが多いようです。

そして、引き出しの中の仕切りなどは、100円ショップや無印良品などで購入した商品で自分でパーツを組み合わせることもできるので、初めからすべて揃って無くても良いという方はBbで十分なのではないでしょうか?

トクラスベリーの機能的なメリットとデメリット

それでは、トクラスベリーの機能的なメリットとデメリットを振り返ってみましょう。

1、 メリット

・ ワークスペースがひろびろとして充実している

・ 周辺収納などがとても便利

・ キレイが長持ちする人造大理石

2、 デメリット

・ ステンレスに比べたら清掃性が劣り、ホーローなどに比べたら耐久性が劣る

以上のような感じではないでしょうか?

トクラスベリーはとにかく家族みんなで使えるキッチンを目指していて、ワークスペースが広いので、料理にこだわりたい方にピッタリですし、大きなお鍋なども収納できてキッチン道具が充実しそうですよね。

一方で、人造大理石という素材はキレイが長持ちするので、従来の古いキッチンよりは耐久性も清掃性も高いのですが、他社のステンレスやホーローに比べたら完璧とはいえないので、とにかく清潔さ掃除のしやすさや、長く持つキッチンを探している方には物足りないかも知れないですね。

トクラスベリーの良い口コミと悪い口コミは?

それでは、トクラスベリーを使っている方の口コミをチェックしていきましょう!

1、 良い口コミは?

・ 口コミ1

手入れがしやすいキッチンを探していました。

でもホーローだと高すぎるのに機能もそこそこというのが多かったのでホーローのような耐久性と清掃性、また、デザインにもこだわりたかったのでこのキッチンにしました。

ワークトップとシンク、排水口までつながって人造大理石になっていますので本当にサッと軽くふくだけで汚れが取れていきます。

万が一こびりついてしまっても洗剤を使ってこすって落としても傷がつきません。

・ 口コミ2

キッチンと言えどもダイニングの中では一番大きな家具のようなものなので、キッチンだけが無機質な感じにならずに済みました。

とにかくこのベリーは扉の種類が豊富です。

見た目だけでなく機能性も抜群で、ワークトップからカウンターまで継ぎ目がなく、とても扱いやすいキッチンです。

シンクもシームレス接合で、とても掃除がしやすいです。

リフォームしてから何回か友人を呼んで、そのたびにこういうのにしたいと言っているのでさり気なくオススメしておきますね。

・ 口コミ3

とにかくこのカウンターの良さに驚いて絶対にトクラスの中から選ぶぞと思っていました。

展開されていたBbとBerryで非常に迷いましたが、グレードのいいこのBerryにしました。

なぜこちらを選んだかというと家族が多いわが家にとって広いシンクは必須だからです。

そこで広くてゆとりのある大きなシンク、マーブルファミリーシンクを取り扱っているのがこのキッチンだったということです。

そのおかげで子ども達が持ってきた食べたあとの食器が余裕で置けるようになってますよ~

2、 悪い口コミは?

・ 口コミ1

色んなオプションが選べるのに惹かれてBerryにしました。

カウンターに耐久性があるのと形も自分の好きなようにできてよかったのですが、自分たちには少々贅沢だったかなと思っています。

確かに全然汚れも傷もないのでとても重宝していますが、これはBbにも言えることなのでガマンすれば値段も抑えられたのになぁと今更後悔しています。

出典:リノコHP

いかがでしょうか?

ベリーを選んでいる方は予算に余裕があり、シンクが広くてゆったりしたキッチンを探していた方が選んでいるケースが多いようで、評判も良くみなさん満足しているようですね。

でも、結局使ってみるとベリーは少し贅沢で、Bbでも十分だったかもと後悔している方もいたので、事前によく比較するようにしましょう。

スポンサーリンク

トクラスベリーのキッチンにリフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

トクラスベリーは、家族参加型のキッチンを目指していて、ワークトップやシンクがひろびろとしていて調理がしやすいことと、シームレス加工で掃除もしやすく、収納もたっぷりとしていて大きなお鍋なども置きやすいなどの特徴がありました。

そんなトクラスベリーは、総合すると次のような方にオススメです。

・ カラーや塗装などにこだわって、自分好みのキッチンにしたい!

・ 料理が好きなので、大きなお鍋やスパイスなどの小物を便利に納める周辺収納がほしい!

・ オーブンなどにもこだわりたい!

・ 予算は100万円~200万円

これらに当てはまるかも!という方はぜひ見積をとってリフォームを検討してもらいたいのですが、こうしたキッチンのリフォームをする場合は、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、トクラスベリーのキッチンへリフォームを検討しているなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!

キッチンのリフォームについてもっと知りたい方はコチラ!

キッチンリフォームの費用の相場と事例や口コミ!メーカー比較も