お風呂

浴室の窓の防寒対策リフォーム費用や事例!種類や位置の注意点も

Pocket

浴室が寒いといった悩みの原因は、意外と窓からくる冷気であることが多く、リフォームするだけで大幅に改善できて、寒さ対策や結露やヒートショックの予防になります。

なので、浴室の窓の防寒対策リフォームで窓の種類や大きさ、位置や高さ、また、断熱効果のあるものなどについても知りたいのではないでしょうか。

それから、浴室の窓のリフォームをDIYでやる方法やリクシルなどの商品、また、リフォーム費用や事例などについても気になりますよね。

そこで今回は、浴室の窓の防寒対策リフォーム費用や事例、また、種類や位置の注意点などについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

浴室の窓の防寒対策リフォームの種類や位置の注意点!DIYする方法なども

出典:朝日建設HP

冬の浴室はひんやり寒くて入るのがイヤになるだけでなく、ヒートショックなどの危険性もあるので要注意です。

ちなみに、そんな浴室の寒さの一番の要因は窓から入ってくる冷気なので、お風呂場の窓が大きかったり、すきま風が入ってくるという時には、浴室が寒くなりやすいので要注意です。

そのためには、風呂場の窓を二重構造にすることが大事なのですが、工事などでは費用がかかるので経済的でないと感じる方は、断熱材やプラスチック段ボールなどを使う方が多いです。

ちなみに、このDIYの方法なら簡単で、窓の大きさを測って、その大きさより少し小さめに断熱材やプラスチック段ボールを切り取り、窓枠にはめこむだけなので簡単ですよね。

さらに、簡単に寒さ対策を行いたい場合は、浴室の窓枠に突っ張り棒を設置して、シャワーカーテンを取り付けたり、直接窓に緩衝材を貼り付ける方法もあります。

ただし、こうした方法はあくまでその場しのぎの対策に過ぎず、雪が降ったり、急激な気温の低下で起きる結露などは予防できないため、ヒートショックの危険性が残ります。

なので、本格的な浴室の窓の防寒対策で、窓のリフォームについてチェックしていきましょう。

ポイント1:窓のサイズは小さく

出典:LIXIL HP

出典:LIXIL HP

窓の断熱リフォームでは、窓は小さくすることで断熱性能が向上するだけでなく、シルエットを映りにくくできてプライバシーも守れるようになりますし、画像のように窓タイプを変更すると換気量もアップして清潔なお風呂を保つことができますね。

それから、高さもこの機会に小さくすると、家の外側から見ても違和感がないように仕上げることができるのでオススメです。

ポイント2:断熱リフォームでオススメの窓

窓の断熱リフォームでは、複層ガラスにリフォームする方法か、今ある窓に内窓をつける方法があります。

・ 複層ガラス

出典:LIXIL HP

リクシルの「ブラインドイン複層ガラス」は、夏の暑い日差しも調整し、光と視線をコントロールしてプライバシーも守り、掃除も楽々になるのでいいことばかりの窓です。

ちなみに、冬の断熱性能に優れた「Low-E複層ガラス」タイプも用意されているので、今回の場合はこちらを選ぶと良いですね。

ちなみに、引き違い窓や縦すべりだし窓など、開き方も選べるようになっているので便利ですね。

・ 内窓

出典:YKKap HP

内窓は、複層ガラス窓への交換ほど本格的なリフォームではないので、最新の性能は期待できなくても、工期も半日と短く、基本的な住まいの寒さ暑さ対策はすることができるのでオススメです。

スポンサーリンク

浴室の窓の防寒対策リフォームの費用や事例!

浴室の窓を断熱リフォームする方法は、複層ガラスや内窓の設置、窓の交換などがあったので、それぞれの費用をチェックしていきましょう。

・ 複層ガラス

2万~3万円前後

・ 内窓の設置

3万~5万円前後

・ 窓の交換

13万~15万円前後

このように、費用の相場は窓の大きさや窓の商品価格にもよるので、参考にしてくださいね。

出典:ホームプロHP

ちなみに、こちらは浴室の間口全体が窓になっていたお宅のリフォーム事例で、灯りを取り込める程度の最低限のサイズに変更し、小さくすることで寒さを改善した事例ですね。

そして、価格は10万円程度、工期は1週間かかっているので、これほど長期ではできないという方はやはり内窓とかも検討すると良いですね。

スポンサーリンク

浴室の窓の防寒対策リフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

今回は、浴室の窓の防寒対策リフォームについて、浴室の寒さは窓から入る冷気によるものということと、それを改善する方法として窓の断熱リフォームの方法でDIYやリクシルの窓に変更する方法についてお伝えしましたね。

ただ、こうした浴室の窓の防寒対策リフォームをする場合は、DIYだと失敗する可能性もあることから、最初から専門の業者にお願いするのが最も有効です。

なので、浴室の窓の防寒対策フォームをするなら、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼して相見積りを取ると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、浴室の窓の防寒対策リフォームをするなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!

お風呂のリフォームについてもっと知りたい方はコチラ!

お風呂リフォームの費用や期間と事例や口コミ!メーカー比較も!