キッチン

リクシルのキッチンの評判や口コミ!特徴や価格の比較と収納例も

Pocket

リビングダイニングに溶け込むシンプルなデザインと、使いやすさが特徴のリクシルのキッチンは、値段も比較的お手頃で固定ファンが多いですよね。

なので、リクシルのキッチンでアレスタやシエラ、リシェルなどのシリーズやグレード、水栓やパネル、色やカウンター、カップボード、換気扇などの機能の特徴や価格の比較についても知りたいのではないでしょうか。

それから、リクシルのキッチンを使用している方の口コミや評判、リフォーム例も気になりますよね。

そこで今回は、リクシルのキッチンの評判や口コミ、また、特徴や価格の比較と収納例などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

リクシルのキッチンの特徴は?収納例も

システムキッチンにはホーローが有名なタカラスタンダード、ステンレスのクリナップ、家電との相性や使いやすさのパナソニック、水栓のTOTOなど、各社それぞれに特徴がある中で、リクシルのキッチンはデザイン性が高く値段も安めなところが特徴です。

そして、耐久性や清掃性ではタカラスタンダードやクリナップにおよばずとも、デザイン性ではパナソニックと五分五分で、値段はリクシルの方が安いので、おしゃれで気に入ったデザインのものを手頃な値段で購入したい方にオススメです。

リクシルのキッチンのシリーズやグレードは?

リクシルにはリシェル、アレスタ、シエラなどのシリーズがあって、それぞれ次のようなグレードです。

・ リシェル

リシェルSIのSIとはスマートイノベーションの略で、洗練された美しいデザインで、高い機能性が備わっており、キッチンから生活を変えていこうというメッセージがこめられています。

そして、キッチンの印象を左右するワークトップカウンターには、リシェルの場合、丈夫で高級感のあるセラミックを選択することが可能です。

それから、ハイグレードのため価格は3種類の中では最も高く、定価で68万円~150万円程度だそうです。

・ アレスタ

アレスタは使いやすさと美しさ、暮らしやすい空間を考えて作られていて、ひろびろとしたシンクやひろまるコンロ、よごれんフード、くるりん排水口など、キレイを保つことにおすすめの機能がたくさんあります。(これらの機能はリシェルに搭載済み)

そして、ミドルグレードで、価格は定価で65万円~100万円程度だそうです。

・ シエラ

シエラはデザインの美しさと抜群の収納力が特徴で、機能はリシェルやアレスタより少ないのですが、選びやすい4パッケージが展開されていて、値段もお求めやすい50~70万円が定価だそうです。

ちなみに、一覧にすると分かりやすいのですが、このように標準装置かオプションで選べるか選べないかも見てみると、価格差があることも分かりますよね。

リクシルのキッチンの機能は?

・ くるりん排水口

キッチンの排水口はいくら掃除してもヌルヌルドロドロしがちですが、リクシルのキッチンには「くるりん排水口」といって、渦状に排水していくので電気を使わずに、水を流すだけで勝手に排水口がキレイにされていきます。

・ 彩コーデ

シンクやコンロ、扉の色を組み合わせることで、自分好みのキッチンにカスタマイズすることが可能なので、ぜひ自由にコーディネートしてみてくださいね。

・ よごれんフード(換気扇)

よごれんフードには、新開発のオイルマッシャーが搭載されていて、汚れの元となる油分をブロックしてくれるので、フード内部への油の浸入を抑えることができるそうです。

・ ハンズフリー水栓

手をかざすだけで水がでてくるハンズフリー水栓は、蛇口をキレイに保つことができ、作業もスムーズです。

ちなみに、コンパクトで取り付けも簡単な浄水器も組み合わせることが可能です。

・ らくぱっと収納

開くときも軽く奥まで取り出しやすい、らくぱっと収納はテコの原理を応用し引き出しが軽い力で開き、中はよく使うものほど立体的に管理することができます。

リクシルのキッチンにはシリーズごとにカップボードや食器棚があり、このように背面収納タイプもあります(画像はシエラ)。

そして、棚の中にゴミ箱も収納することができるので、すっきりとした見た目になり、嬉しいですよね。

・ デザイン性の高いパネル

デザイン性の高いリクシルならではのタイルの豊富さで、キッチンの壁などをこのように彩ることもできます。

キレイを保てるパネルやボード

リクシルのキッチンのパネルやボードには、撥油性・撥水性の高性能タイプもラインナップしているので、油ハネが気にならずコンロまわりをキレイに維持することができます。

タオル掛けも純正品がオススメ

タオル掛けもリクシルの純正品が販売されているので、キッチンと合わせて購入すると長持ちして使いやすくオススメです。

スポンサーリンク

リクシルのキッチンを使用している方の口コミや評判は?

それでは実際にリクシルのキッチンにリフォームした方の例を見ていきましょう。

・ リシェルのリフォーム例

出典:ホームプロHP

以前はリビングを背にしていたキッチンをリシェルに変えたことで、家族と会話をしながら家事ができるようになったそうです。

・ アレスタのリフォーム例

アレスタのクリエアイボリーの扉にリフォームした事例で、キレイ扉で汚れも付着しにくい加工で仕上げてあります。

・ シエラのリフォーム例

シエラにリフォームしたこちらのキッチンでは、ステンレスのワークトップカウンターを搭載していて、くるりん排水口などの機能はもちろん、キレイを長持ちできそうなキッチンになりました。

リクシルのキッチンを使用している方の口コミや評判は?

それでは、リクシルキッチンを使用している方の口コミを紹介していきますね。

リシェルの口コミ

・ 口コミ1

このキッチン以外考えていませんでした。

なんといってもこのデザインにとても惹かれてLIXILのキッチンショールームにも足を運びましたがやっぱり実際見るのは違います。

私はこのセラミック製のトップが気に入っていますが、同じものにした友人は硬すぎて冷たい感じがするから人造大理石の方にすればよかったと後悔していました。

味があるのもこのキッチンの魅力だと思いますが、それは人それぞれなんだなと思いました。

あとこのトップ以上に気に入っているのが扉がテコの原理で簡単に開けることができるということです。

・ 口コミ2

セラミック製の天板もいいなと思ったのですが、私が選んだのは人造大理石です。

賛否両論あるようですが、耐熱性にもなっているし、汚れがついても簡単に拭いてキレイにできるので十分です。

それに見た目も人造というだけあって本物そっくりで気に入っています。

もちろんシンクも同じ素材を選択しました。

ステンレスと違うと感じたのはやっぱりなめらかでふんわりとした印象があるということでしょうか。

全体的に淡い感じがするのでキッチンの印象がガラッと変わりました。

出典:リノコHP

アレスタの口コミ

・ 口コミ1

最後の最後までクリンレディと悩みましたが、最終的にアレスタにしました。

正直なところステンレスがいいと思ってたんです。

くるりん排水口にやられました。

かなりのめんどくさがりの私は排水口の掃除が本当に本当に苦手で・・・

それがこれなら今までより楽しみになっている自分がいるのに驚きです。

あと、デザインも自分好みのものが多くてお値段もお手頃だし総合的に選びました。

・ 口コミ2

毎回毎回レンジフード内の掃除が億劫で、気づいたら油のつららになっていたときはどうしたものかと途方に暮れたのを覚えています。

レンジフードだけ交換しようかとも思いましたが、どうせなら一緒に工事したほうが安くなると聞いたので20年近く経っていたということもあって、交換に至りました。

だいぶ使い慣れてきてわかったのは、シンクの人大と言えどちゃんとした手入れは必要ということ。

あとよごれんフード?というのを採用しましたが、過信してはいけないです。

油の侵入を抑えるというだけで全く掃除しなくていいというわけではないので。

それらを含めても好評価ですけどね。

出典:リノコHP

シエラの口コミ

・ 口コミ1

中古マンションを買ったのはいいのですが、キッチンが対面型でなく背を向けるタイプでした。

そのためリビングにいる子ども達の様子が見えなくてヒヤヒヤしていました。

このままでは料理に集中出来ない!そう思って遂にリフォームすることに。

と言ってもそんなすごい高いものは選べないし、かと言って機能や収納も諦めきれない。

そう思った私が選んだのはこのシエラです。

なにより収納力が抜群!

以前入っていた物がすっぽりとスッキリ収まりました。

・ 口コミ2

シンプルなキッチンで機能がいいものをと悩んでLIXILのシエラになりました。

もちろん料理は好きですが、そこまでこだわりがあるわけではなかったので。

ただ、軽く見ていました。

思っていた以上に掃除がしやすくて収納も充分すぎるくらいあります。

引き出すとさらに二段に分かれていたりして細かくしまうことが出来ます。

シンクとワークトップは人造大理石を選んだので隙間がなくて汚れがつまらないのと柔らかい印象があるので見た目にもいいです。

シンクは色を選べるので私はハニーイエローにしました。

ポップで元気なカラーだからお料理が楽しくなるそんな環境になりました。

リクシルのキッチンにリフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう!

リクシルのキッチンはグレードが高い順に、リシェル、アレスタ、シエラの3シリーズが展開されていて、デザイン性が高く標準的な装備で十分使いやすく、値段も手頃なところが魅力なのでした。

そして、くるりん排水口やよごれんフードなどの清掃性や、リシェルのデザインのバリエーション、シエラのカップボードやゴミ箱を内臓できる点なども紹介しました。

それから、口コミをチェックすると、それぞれ全体的に高評価ですが、リシェルのいちおしであるセラミックはやはり人造大理石にしておいて良かったという声があったり、よごれんフードも全く掃除をしなくてよいわけではないなどの声があるので、選ぶ際には慎重に決めるようにしましょうね。

また、リクシルのキッチンにリフォームする場合は、まず施工の実績が豊富なプロの業者に複数依頼していろいろ見積りを取って、費用や作業への信頼性を比較すると良いでしょう。

とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。

その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。

そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。

だからこそ、安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、ネットで無料の一括見積りを依頼できるリショップナビがオススメです。

というのも、リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。

そして、最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。

そのため、たくさんの業者に別々に相談する時間や手間が省けて嬉しいですよね。

さらに、あなたが希望した条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、安心して見積りを受けることができます。

また、費用のことだけでなくリフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。

さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」も用意されています。

そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でもリショップナビへすぐ連絡できて安心です。

なので、リクシルのキッチンにリフォームを検討しているなら、今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェックしてください。

そして、今考えているリフォームの適正な相場を調べて、安心して任せられる最安値の業者を見つけましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【完全無料】30秒の簡単入力!最大50%オフでお財布に優しい

お得な見積りならリショップナビ!

キッチンのリフォームについてもっと知りたい方はコチラ!

キッチンリフォームの費用の相場と事例や口コミ!メーカー比較